*

冬は脱毛の季節!食養生から予防しましょう。

 

3万件以上の相談から薬剤師がお肌のことを徹底的に考え開発したオールインワンゲルクリーム

皆さ1月15日ブログ画像ん、こんばんは。
イヌイ薬局・アトピー性皮膚炎アドバイザー・社長の 乾康彦です。

1月15日は「小正月」と呼ばれ、昔から小豆粥を食べて一年の健康を願う風習があります。
古い記述では「土佐日記」や「枕草子」などにも登場しています。
今でも東北地方では、この風習が残っているところもあるそう。

小豆は食べ過ぎ・飲み過ぎのむくみをとったりします。
また、お正月に忙しくされていた女性に疲れを取って頂く意味で
別名「女正月」などとも呼ばれたりするようです。

今日は、小豆粥を食べてからだを癒して明日からまた頑張りましょう!

さて、秋から冬にかけては、脱毛のお悩みが増えます。
店頭でも好評のリアップをはじめ育毛剤をお求めの方が多くなる季節。

壮年性脱毛症にかなり有効ですが育毛剤ばかりに頼らず、
脱毛もやはり食養生を中心に考えてみましょう。

脱毛と食養生

髪の毛の食事といえば、「海藻・海草」を思い浮かぶ方が多いでしよう。
髪が伸びるというのは、一種の「排泄現象」と考えます。

髪は植物と同じで、春・夏は早くよく伸びるけど、秋・冬は伸びもゆっくりになります。
脱毛の相談が増えてくる理由のひとつに、髪の毛の成長が遅くなることも考えられます。

育毛を食事から考えると、糖分など甘いものや脂っこいもの、香辛料など陰性の食事が多いと
髪の毛の根が水っぽく(脂っぽく)なって髪が抜けやすくなってしまいます。
逆に塩分や動物性食品など陽性の食事が多いと、毛の根っこの部分の皮膚が、
乾燥しすぎてしまい脱毛しやすくなります。

脱毛が気になる場合の食事上の注意は塩分を少し薄めにして、上品な味付けにしましょう。

パンやケーキなど粉が多い、粉食はなるべく少なめにして、
食物繊維の多い葉物野菜を中心に、人参や大根の葉も一緒に食べるとよいでしょう。

お米ではやっぱり玄米や雑穀、パスタも全粒粉がオススメです。
また、やっぱり海藻は特に髪にはよいので昆布、ワカメ類は積極的に毎日心がけて摂取しましょう。
昆布は料理としても、出汁として摂取しても。お酢につけて食べてしまっても良いでしょう

戦後の日本女性の美しい黒髪が世界的に有名になったのは、
昆布出汁などで海藻を多く食べていたからではないでしょうか?

髪の毛に良い食事をしたら、
血行を改善するために頭皮マッサージもして髪に栄養を届けましょう。

髪の栄養不足は血液不足?

「髪は血液の余り」。
中医学でそう言われているように、髪の毛の栄養は十分な血液から補われます。

つまり、「冷え」などから血液が不足すると髪の毛の栄養も足らなくなり、
髪の毛のハリ・コシが失われやすくなります。
また、血行不良も髪に栄養が十分に行き渡らない原因になってしまいます。

肩こり・手足の冷えなどの予防はもちろん、冬は育毛・脱毛予防の点から考えても
基本的に血液を大切にしたい季節です。

からだが冷えやすいなど血液が不足していれば血液を補う食材をたっぷり摂りましょう!
ニンジン、黒ごま、黒豆、プルーン、クコの実、イチゴ、レバー、うこっけい
などがおすすめです。

慢性的な肩こりや頭痛は血行不良のサインです。
ねぎ、玉ねぎ、らっきょう、にら、にんにく、桃、青魚(さんま・いわし)など
血行を良くする食材に気を付けましょう。

元気な髪の毛を養うのに、元気な血液は欠かせません。

イヌイ薬局ではアトピーの相談を承っております

私たちは約3万件の皮ふ相談をいただき、その多くの方のお悩みを改善してきました。

来店していただき直接ご相談をいただけるのが一番嬉しいのですが、

鳥取までは遠いという方はホームページよりご相談いただくことでもできます。

詳しくはイヌイ薬局のアトピー漢方改善.com▼コチラをご覧くださいませ。

atopy-druginui.jp/

イヌイオススメの食品や日用品・サプリメントは▼ コチラから

www.druginui.net/

まとめ

抜け毛が多くても、一時的なものであればあまり気にならないかもしれませんが、
症状が続いてお悩みが大きくなってしまう前に、からだからのサインには
早めの対応が予防・養生のいちばんの近道と言えます。

少しでも気になる症状があれば、放っておかないようにしましょう。

 

The following two tabs change content below.
乾 康彦

乾 康彦

国際中医専門員イヌイ薬局
1957年1月6日大阪生まれ 慶応義塾大学理学部数学家卒業。
鳥取で大型ドラッグストア兼調剤薬局、相談薬局を5店舗経営。1990年より薬局の店頭で根本治療にふさわしい漢方による相談を始める。
2006年に中国で漢方の専門家として認められる国際中医師(現:国際中医専門員)認定証を取得。
生理不順、不妊、皮膚病、糖尿病、生活習慣病、ダイエット、便秘などの店頭相談は、5万件を超える。
「治療よりも予防 予防よりも養生」の思いを大切に、最近では忙しい現代人が安心安全に使える食材やスキンケア製品・「養麗(ヨウレイ)」シリーズの開発提供も行っている。http://atopy-druginui.jp

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
更年期、孫の世話で疲れるけど元気でキレイでいたい!

こんにちはイヌイ薬局宮長店の前田です。 今日は最近店頭で

その胃の痛み・・・実は冷え性が原因?

こんにちは。郡家中央店の大平です。   先日、高校生

ダイエットを妨げる4つの生活習慣を見直そう!

皆さん、こんにちは。イヌイ薬局の大谷です。 毎年、夏が近

【プラセンタドリンクがあなたの肌にとけない魔法をかけます】

おはようございます。 オンライン担当のササキです。

梅雨の日の朝、からだがだるいのは湿気が原因かも!?

こんにちは。イヌイ薬局の大谷です。 梅雨のジメジメした日