アトピー・湿疹とからだからのサイン③「歯茎の出血」

2月9日ブログ画像

3万件以上の相談から薬剤師がお肌のことを徹底的に考え開発したオールインワンゲルクリーム

皆さん、こんばんは。
イヌイ薬局の乾 康彦です。

このブログでも、アトピー性皮膚炎の改善に「からだのゴミ」は
大敵ということをお伝えしてきました。

「からだのゴミ」が溜まると、からだには様々な不調やサインが表れますが、
(以前のブログはこちらから▼)

http://atopy-druginui.jp/blog/archives/227

今日はその中でも、一見無関係にも見えるこんな症状について。

なかなか治らない歯茎の出血も「からだのゴミ」サイン!?

日本で200万人以上が経験していると言われている歯茎からの出血。
もちろん、毎日の歯磨きは大切な事です。
症状の軽いうちは確かに「アセス」などの薬用歯磨き粉で
歯茎を引き締めると出血も止まります。

しかし、歯茎の出血がなかなか止まらない場合
その根本的な原因として余分な「からだのゴミ」、
なかでも特に「血糖」が原因のことが多いと考えられます。

なので、他の「からだのゴミ」サインと同じように、
普段の食事から「からだのゴミ」を溜めない事、
それからしっかりと排泄されることが大事です。

また「歯茎の出血」を放置しておくと「歯周病」に犯されやすい原因にもなるので、
歯茎が極端に腫れるなど、事態が大きくなることもあるので早めのお手当てが大切。

そういったことから「血糖」や「からだのゴミ」を排泄するため
「正しい食事」からのダイエットが必要と言えます。

「歯茎の出血」と「ダイエット」
まったく無関係にみえますが、
歯茎の出血は早めのお手当てを大切にしましょう。

「からだのゴミ」を溜めない食養生のポイントは以前にもお伝えしましたが、

①冷たいものの摂り過ぎに注意する。

②酵素を多く含んだ生野菜や味噌、醤油などの
発酵食品を積極的に摂る。

③食事はなるべく夜8時までに終わらせる。

④腹八分目を心がける。

⑤1口30回~50回、よく噛んで食べる

以上の事を意識してみて下さい。

イヌイ薬局ではアトピーの相談を承っております

私たちは約3万件の皮ふ相談をいただき、その多くの方のお悩みを改善してきました。

来店していただき直接ご相談をいただけるのが一番嬉しいのですが、

鳥取は遠いという方はホームページよりご相談いただくことでもできます。

詳しくはイヌイ薬局のアトピー漢方改善.com▼コチラをご覧くださいませ。

atopy-druginui.jp/

イヌイオススメの食品や日用品・サプリメントは▼ コチラから

www.druginui.net/

まとめ

もちろん、アトピー性皮膚炎の改善・予防にも「からだのゴミ」を溜めない食事は大切です。
一見、全く違うように見える症状も根本的な原因が一緒ということはよくあります。
どちらにしても、からだからのサインが表れたら、食事から見直してみましょう。

 

 

The following two tabs change content below.
乾 康彦

乾 康彦

国際中医専門員イヌイ薬局
1957年1月6日大阪生まれ 慶応義塾大学理学部数学家卒業。
鳥取で大型ドラッグストア兼調剤薬局、相談薬局を5店舗経営。1990年より薬局の店頭で根本治療にふさわしい漢方による相談を始める。
2006年に中国で漢方の専門家として認められる国際中医師(現:国際中医専門員)認定証を取得。
生理不順、不妊、皮膚病、糖尿病、生活習慣病、ダイエット、便秘などの店頭相談は、5万件を超える。
「治療よりも予防 予防よりも養生」の思いを大切に、最近では忙しい現代人が安心安全に使える食材やスキンケア製品・「養麗(ヨウレイ)」シリーズの開発提供も行っている。http://atopy-druginui.jp

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket