虫・紫外線・汗、、、夏に気を付けたいスキンケアのポイント!

夏は、虫・汗・紫外線に注意!
夏の虫さされ・汗・紫外線に注意・・・!

こんにちは、鳥取県のイヌイ薬局社長

3万件以上の相談から薬剤師がお肌のことを徹底的に考え開発したオールインワンゲルクリーム

アトピー性皮膚炎アドバイザーの乾 康彦(いぬい やすひこ)です。

皆さん、暑い日が続きますね。こんな時期は夏バテ・熱中症はもちろん

実は皮膚病のご相談が急増する時期でもあります。

今日は夏のスキンケアについてのお話です。

夏は皮膚の外敵(がいてき)がいっぱい!?

もともとアトピーや慢性皮膚炎の方は汗によって症状が悪化しやすいです。

それだけでなくこの時期は汗によるあせもやかぶれ、日焼け、虫刺され

と肌の大敵がたくさんです。

温度や湿度が高いと症状の悪化を訴える方も多くなります。

皮膚には「マラセチアグロポーザ」という真菌(しんきん)が存在します。

この菌が作り出すタンパク質が、

汗に溶けるときにアレルゲン(アレルギーの元)

となり痒みの原因「ヒスタミン」を発生させやすい

というような研究の報告もあります。

アトピー性皮膚炎の方の80%以上に、細菌やカビの親戚の真菌が

通常の皮膚表面よりも多く存在していると言われています。

つまり汗をかきやすいこの時期のスキンケアがとても重要という事です。

もちろん汗を完全に止めたり、カビがまったく存在しないというのは

無理ですが、例えば汗を収斂(しゅうれん)させるゴミシという生薬

の入った麦味参顆粒(ばくみさんかりゅう)や、

チョウジ、オウバク、ティーツリーなどカビの繁殖を予防する生薬が

配合された瑞花露(スイカロ)入浴剤などを使用して頂くと

皮膚への負担も軽減されるでしょう。

夏祭りでの食べ過ぎにはご注意下さい!

夏休みに入り、子供さんの楽しみのひとつでもある夏祭り。

屋台もたくさん出て、とてもにぎわっていますが

この夏祭りも、子供さんのアトピーの悪化の原因になるようです。

焼きそば・タコ焼き・ホットドッグなどが屋台に出ていると

とってもおいしそうに見えますよね。

しかし、ラードなど動物性の油を使った食事には注意が必要です!

これからの時期、日本全国で花火大会、納涼祭などが目白押しです。

屋台のおいしい誘惑にはご用心下さい。

とは言っても、夏祭りは子供さんにとって

ご家族の大切な思い出にもなります。

連れて行ってあげたいという方も多いはずです。

そこでオススメなのがサンザシなど消化を促進するハーブと

腸内を整えてかゆみを予防する五行草などのハーブです。

予防より養生が理想ですが、せっかくの夏祭りです。

たまにはハーブで予防して、楽しむのも良いかもしれません。

・・・でもやっぱり量には気を付けて下さいね!

ステロイドの長期連用に気を付けて

この時期は当然、虫刺されも増え虫刺されの薬として有名な「ウナ」や「ムヒ」を

使われる方もたくさんいらっしゃいます。

「ウナ」「ムヒ」にも種類があり、抗ヒスタミンを主成分としたかゆみ止めもあれば

「ウナα」「液体ムヒ」のようにステロイドが配合されたお薬もあります。

なので長期に渡っての連用には注意して頂きたいところです。

迷ったらお店でご相談されることをお勧めします。

イヌイ薬局ではアトピーの相談を承っております

私たちは約3万件の皮ふ相談をいただき、その多くの方のお悩みを改善してきました。

来店していただき直接ご相談をいただけるのが一番嬉しいのですが、

鳥取までは遠いという方はホームページよりご相談いただくことでもできます。

詳しくは▼コチラをご覧くださいませ。

イヌイ薬局のアトピー漢方改善.com

イヌイオススメの食品は▼コチラから

イヌイ薬局ネットショップ

まとめ

イヌイでは「治療よりも予防、予防よりも養生」をコーポレートポリシーとして

生活養生や食養生から美と健康をお客様にお届けすること目指しています。

お肌の敵が多いこの時期、もちろんスキンケアで予防することが一番ではありますが、

既に症状がでてお悩みの方もいらっしゃると思います。

ぜひ一度お気軽にご相談下さい。

The following two tabs change content below.
乾 康彦

乾 康彦

国際中医専門員イヌイ薬局
1957年1月6日大阪生まれ 慶応義塾大学理学部数学家卒業。
鳥取で大型ドラッグストア兼調剤薬局、相談薬局を5店舗経営。1990年より薬局の店頭で根本治療にふさわしい漢方による相談を始める。
2006年に中国で漢方の専門家として認められる国際中医師(現:国際中医専門員)認定証を取得。
生理不順、不妊、皮膚病、糖尿病、生活習慣病、ダイエット、便秘などの店頭相談は、5万件を超える。
「治療よりも予防 予防よりも養生」の思いを大切に、最近では忙しい現代人が安心安全に使える食材やスキンケア製品・「養麗(ヨウレイ)」シリーズの開発提供も行っている。http://atopy-druginui.jp

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket