アトピー性皮膚炎と食事「全粒粉穀物を食べよう」

2月28日ブログ画像

3万件以上の相談から薬剤師がお肌のことを徹底的に考え開発したオールインワンゲルクリーム

皆さん、こんばんは。
イヌイ薬局・アトピー性皮膚炎アドバイザー・社長の 乾 康彦です。

今日で2月も終わりですね。今週も寒い日が続きました。
お店でのご相談もまだ花粉症よりも風邪のお客様の方が多い感じです。
今年は例年よりも時期も早く、量も多いという事でしたが、
鳥取ではむしろ例年よりも少なそうです。

でも、そろそろ花粉のつらい症状の出る時期になりそうです。
特に東日本側は、やはり例年よりもだいぶ花粉が多いようなのでお気を付け下さいね。
早めに予防・対策しておきましょう。

花粉症の予防と言うと、マスクや最近ではスプレー、あとは甜茶なども
思い浮かぶ方が多いかと思いますが、やはり毎日の食事からの養生が大切です。
今日は、アトピー性皮膚炎も花粉症も一連のアレルギー疾患、
またダイエットにも大切にしたい、全粒粉穀物についてお伝えします。

全粒粉を大切にして頂きたい理由

やっぱり毎日の主食になる穀物から食養生を考えることはとっても大事です。

穀物の主成分は炭水化物という事は皆さんご存知でしょうが、
同時に天然の食物繊維やビタミン、ミネラル、カルシウム、タンパク質、
脂肪酸など、人間が必要とする栄養素も殆ど含まれています。
そして、アトピーの改善に大切な「酵素=エンザイム』も豊富に含んでいます。
(アトピーの改善と酵素について 以前のブログから→ http://goo.gl/3btQNz )

ただしこれは、発芽する力を持った「未精白の玄米」などの全粒粉穀物のことで。
実は、精白された白米などの穀物は、発芽する力をもつ胚芽が含まれていないので、
酵素や補酵素(ビタミンミネラル)も十分ではありません。

お米が本来持っているビタミンやミネラルの95%は、外側の表皮と胚芽に集中しています。
精白された白米を主食にしているという事は、
「酵素=エンザイム」が働くために必要不可欠な
補酵素(ビタミンやミネラル)も一緒に不足しがちになるという事です。
玄米のほうがカロリーは少ないのに栄養素が豊富なのはこの胚芽と表皮があるからです。
こういった事から玄米など全粒粉はミネラルや酵素も豊富で、
低GI(食後の血糖上昇が穏やか)なので、アトピーの改善はもちろんダイエットや
糖尿病などのリスクの軽減においても重要です。

また、玄米は食物繊維も豊富です。
食物繊維といえば毎日の便の素ですが、「便が溜まる≒便秘」だと
アトピーも悪化しやすいくなってしまうので、その意味でも玄米は大事です。

アトピーを改善中、糖尿病の方は、主食を「白米」から「玄米」に切り替えることで、
同じ量を食べても血糖値の上昇を抑えることが出来ます。
もちろん「白米」と「玄米」だけに限ったことではなく
パンも真っ白な精白小麦粉よりも「全粒粉」や「玄米パン」「雑穀パン」のほうが好ましく、
スパゲテイも「全粒粉スパゲテイ」、一昔前にちょっとブームのあった「モンゴル麺=ユーメン」
などであれば、同じ量だけ食べてもでも血糖上昇は穏やかになります。

食養生の基本として、主食には全粒粉がおすすめです!

イヌイ薬局ではアトピーの相談を承っております

私たちは約3万件の皮ふ相談をいただき、その多くの方のお悩みを改善してきました。

食養生についてもお話させて頂いております。

来店していただき直接ご相談をいただけるのが一番嬉しいのですが、

鳥取までは遠いという方はホームページよりご相談いただくことでもできます。

詳しくは▼コチラをご覧くださいませ。

イヌイ薬局のアトピー漢方改善.com

イヌイオススメの食品は▼コチラから

イヌイ薬局ネットショップ

まとめ

アトピーの改善のみならず、糖尿病の予防・養生、それから減量したい方にも
全粒粉を含む、全体食=一物全体(食材をまるごと一つ食すと栄養のバランスが良い)を
心掛けましょう。

 

 

The following two tabs change content below.
乾 康彦

乾 康彦

国際中医専門員イヌイ薬局
1957年1月6日大阪生まれ 慶応義塾大学理学部数学家卒業。
鳥取で大型ドラッグストア兼調剤薬局、相談薬局を5店舗経営。1990年より薬局の店頭で根本治療にふさわしい漢方による相談を始める。
2006年に中国で漢方の専門家として認められる国際中医師(現:国際中医専門員)認定証を取得。
生理不順、不妊、皮膚病、糖尿病、生活習慣病、ダイエット、便秘などの店頭相談は、5万件を超える。
「治療よりも予防 予防よりも養生」の思いを大切に、最近では忙しい現代人が安心安全に使える食材やスキンケア製品・「養麗(ヨウレイ)」シリーズの開発提供も行っている。http://atopy-druginui.jp

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket