*

アトピーと食事「酵素と酵母と私たちの健康」

3月2日ブログ画像

3万件以上の相談から薬剤師がお肌のことを徹底的に考え開発したオールインワンゲルクリーム

皆さん、こんにちは。
イヌイ薬局・アトピー性皮膚炎アドバイザー・社長の 乾 康彦です。

私たちのからだに大切な働きをしている「酵素」。
アトピーの改善、悪化予防には「からだのゴミ」をためない事が
大きなひとつのポイントですが、「酵素」はその為にも大切です。

今日は、からだに大切な酵素と酵母について。

酵素って何?

酵素(エンザイム)というのは、
人間はもちろん生物の細胞内で作られるタンパク質性の触媒の総称で、
生命の維持・活動に欠かすことのできないものです。

植物の種が発芽し、成長するのにも酵素が働いていますし、
私たちが食べたものを消化・吸収したり、手を動かしたり、
ものごとを考えたりするのも、酵素の働きのおかげです。

酵素にはとても多くの種類があり、
人間が生きるために必要不可欠な酵素は、五千種以上とも言われています。
なぜこれほど多くの種類のエンザイムが必要なのかというと、
一つの酵素は特定の一つの働きしかしないという特性があるからです。

そして生命を支えている様々な「体内酵素」には、
特定の場所で特定の酵素が大量に消費されると、
他の部分で必要な酵素が不足する傾向が見られます。


酵素は多くの生命活動に使われますが、
もっとも多くの酵素が消費するのは「解毒」作用においてです。
そのため、解毒しなければならない要素が多い人ほど酵素の消耗が激しく、
その結果、健康維持の為に必要な酵素が不足し、病気になりやすくなると考えられます。
アトピー性皮膚炎の改善や、便秘の改善にもこの「解毒」は大切ですから
酵素が不足していれば、アトピーの悪化や慢性的な便秘の原因にもなるわけです。

酵素の生みの親「酵母」

ところでパン酵母は、培養地に栄養分を与え、
純粋培養した生きた酵母菌をそのまま乾燥させたものです。

酵素食品の数は多いのですが、パン酵母の特色は、
色々な種類の酵素を生み出すことにあります。

酵母は酵素の生みの親と言えます。
酵母と酵素の大きな違いは、酵素は一般的に、
特定の基質の化学反応を起こさせる「鍵と錠」の関係、
つまり一つの酵素は一つの働きしかしません。

一方、酵母は生きている微生物ですから、
体内の胃腸管内で大量のビタミンB群、ミネラル類、アミノ酸などを生み出し、
約10種類の酵素を必要な時に必要な量だけ生産できるのです。

酵素の特徴として熱に弱く、酸性の中では酵素活性が破壊されるため、
食後の胃腸内での働きに不安がありますが、
その点を考えても、酵母は酵素に比べてその活動条件が幅広い強みがあります。

パン酵母を毎日摂ることで、腸内の有用菌が繁殖し、
酵母が生産する酵素が食物の分解、消化、吸収を助け、
いわゆる「体内の浄化」に役立ちます。

毎日の生活習慣から酵素を大切に守ろう!

酵素は人間の生活、生命エネルギーの全てを司っているといっても過言ではありません。
明日の朝、何時に起きようと意識して寝ると、翌朝その時間に目覚めるのも酵素
の働きです。
もっと言えば、考えること自体が脳の中で酵素が働いているからです。

人間の生命を維持する機能をホメオスタシス(恒常性機能維持)と言いますが、
傷が少しずつ治るのも、日焼けした肌がまた元の色を取り戻すのも
ホメオスタシス(恒常性機能維持)のおかげです。

ホメオスタシス(恒常性機能維持)は健康で正常な状態に戻そうとする働きですから、
普段と違う時間に起きたり、寝る時にも身体の調整のために酵素
が消費されます。
不規則な生活が繰り返されれば、それだけ酵素
を浪費することになります。

過労死の原因は、酵素の消耗によるものと考えられます。
規則正しい生活は、酵素を浪費しない長寿への道ともいえます。

ここまでに書いた事から考えても、やはり毎日の生活から
酵素を積極的に摂取すること、それからなるべく消費を抑えることが
アトピーの改善だけでなく、私たちの健康そのものを支える大切な要素と言えます。

酵素を補う食事として以前からブログでも書いている通り、
酵素を多く含む味噌・漬物、生野菜や果物を積極的に摂りましょう!
食事の時の習慣として、よく噛む事で消化酵素を含む唾液が出るので
一口30~50回噛んで食事する習慣を心がけましょう。

逆に遅い時間の食事や睡眠不足、生もの(特に肉)の食べ過ぎ、
糖分の摂り過ぎ、トランス脂肪酸の摂り過ぎ、過度なストレスは、
酵素の消耗を早める原因となってしまいますので注意しましょう。

イヌイ薬局ではアトピーの相談を承っております

私たちは約3万件の皮膚相談を頂き、その多くの方のお悩みを改善してきました。

食養生についてもお話させて頂いております。

来店していただき直接ご相談をいただけるのが一番嬉しいのですが、

鳥取までは遠いという方はホームページよりご相談いただくことでもできます。

詳しくは▼コチラをご覧くださいませ。

イヌイ薬局のアトピー漢方改善.com

イヌイオススメの食品は▼コチラから

イヌイ薬局ネットショップ

まとめ

アトピー性皮膚炎の改善、ひとつをとっても酵素はとても大切なものです。
最近では、酵素のサプリメントもたくさん出てきていますが、
やはり毎日の生活習慣から酵素を大切に出来れば、それがいちばんでしょう。

The following two tabs change content below.
乾 康彦

乾 康彦

国際中医専門員イヌイ薬局
1957年1月6日大阪生まれ 慶応義塾大学理学部数学家卒業。
鳥取で大型ドラッグストア兼調剤薬局、相談薬局を5店舗経営。1990年より薬局の店頭で根本治療にふさわしい漢方による相談を始める。
2006年に中国で漢方の専門家として認められる国際中医師(現:国際中医専門員)認定証を取得。
生理不順、不妊、皮膚病、糖尿病、生活習慣病、ダイエット、便秘などの店頭相談は、5万件を超える。
「治療よりも予防 予防よりも養生」の思いを大切に、最近では忙しい現代人が安心安全に使える食材やスキンケア製品・「養麗(ヨウレイ)」シリーズの開発提供も行っている。http://atopy-druginui.jp

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
風邪・インフルエンザを全力で予防する美味しい食べもの☆

12月に入り、一段と寒さが厳しくなってきましたね。 いかがお過ごしで

乾燥によるアトピー

  こんにちは。 鳥取県の漢方薬局イヌイの勝原です。

寒い季節に「便秘」と「乾燥肌」の関係性

こんにちは。イヌイ薬局の大谷です。 寒い季節になりましたね!

アトピーの方にもおすすめ! 無添加ゲルクリーム

こんにちは。 鳥取県の漢方薬局イヌイの勝原です。 &nbs

身体の中で作れない油 EPA・DHAは脳にも大切な油

台風が過ぎ去って一段と冷えましたね。 体調崩されてはいませんか?