遺伝子組み換え作物と食事と健康

4月5日ブログ画像

3万件以上の相談から薬剤師がお肌のことを徹底的に考え開発したオールインワンゲルクリーム

皆さん、こんにちは。
イヌイ薬局・アトピー性皮膚炎アドバイザー・社長の 乾 康彦です。

以前からお伝えしている通り、食事は健康の基本です。
食べ過ぎ・飲み過ぎなど食の乱れは、アトピー性皮膚炎の悪化はもちろん
様々な病気にもつながってしまいます。

最近では、食べ物に含まれている食品添加物や農薬、遺伝子組換え作物からの
病気への影響も注目されてきました。

食品偽装の横行、TPPへの参加による遺伝子組み換えの食材の大量流入など
日本の食事を取り巻く環境は現在、様々な問題を抱えていますが、
やはり必要以上に添加物や合成品に囲まれた生活を一度見直して、
食事においても自然のちからを大切にしてゆきたいものですね

遺伝子組み換え作物の現状

遺伝子組み換え作物にしても、添加物にしても国から許可のあるものであれば、
心配ないのでは?と思われる方もいるかもしれませんが、急性の毒性はなくても、
長期の摂取に対する影響についてはすぐに分かるものでもないですし、
また安全性の実験も動物実験などで安全性が確認されたからといって、
必ずしも人体に悪影響がないとは言い切れないでしょう。

遺伝子組み換え作物については、1992年、米国代替医療の大御所
アンドルー・ワイル博士の来日公演を聞いた際にも、
米国「モンサント」社の農産物についてあからさまに注意を呼び掛けていたのが
今でも鮮明な印象として残っています。

また、辰巳芳子先生の医療機関向けスープ教室「いのちとスープ」でも
TPPで一番怖いのは、遺伝子組み換え食材の大量流入といわれていました。
給食、病院食、老人施設の食材などいまから食への意識
「どこの誰が作ってくれた食材」なのかよく意識することが大切と力説されていました。
ただ価格だけを求める前に「どこの誰が作ってくれたの?」って問いかけることが
「家族の健康を守る大切な鍵」になるでしょう。

遺伝子組み換え作物は、スーパーなどの店頭の食材やお菓子の裏に、
よく「遺伝子組み換えでない大豆使用」とか「遺伝子組み換えでないとうもろこし使用」などと表示されていて、
遺伝子組み換えの食材ってあまり身近に感じることはないかもしれません。

しかし実は日本は、遺伝子組換え作物の輸入世界1位で、牛、豚、鶏の飼料を始めとして
コーン、大豆、綿実が食用油に使われ、食品添加物としてもデキストリンなどに・・・
身近なものの多くに使われています。

私たちが口にしているものに直接、遺伝子組み換え作物が使われていなくても、
遺伝子組み換え作物をエサにしている牛や豚や鶏を食べることで無意識のうちに
食べていることになります。

もちろん現状を考えれば、遺伝子組み換え作物を全く口にしないというのは、
現実的に不可能かもしれませんが、知って摂取するのと知らないで摂取するのでは、
せめて、自分で選択したいと思ってしまいます。
今の日本の食品表示法では、そのほとんどが隠されてしまうことになります。
食品そのものに遺伝子組換え作物の、成分が確認されなければ加工品に関しては、
表示の義務はなく、表示しなくてもよいという事になっています。

イヌイ薬局ではこのような食事情から健康を守るうえで、
栄養価だけではなく、より安全で安心で良質な食材をという思いから
継続的にご提供できることを願って「養麗卵」をはじめとする養麗シリーズを開発しました。
これからも「治療より予防、予防より養生」を、食事の大切さも含めてお伝えし、
またそういったものを開発していきたいと思います。

まとめ

遺伝子組み換え作物も添加物も、完全に避けることはできませんが、
「治療より予防、予防より養生」を食の安心と安全性の大切さを通して
少しづつでもより多くの方にお伝えしていきたいと思います。

 

 

 

The following two tabs change content below.
乾 康彦

乾 康彦

国際中医専門員イヌイ薬局
1957年1月6日大阪生まれ 慶応義塾大学理学部数学家卒業。
鳥取で大型ドラッグストア兼調剤薬局、相談薬局を5店舗経営。1990年より薬局の店頭で根本治療にふさわしい漢方による相談を始める。
2006年に中国で漢方の専門家として認められる国際中医師(現:国際中医専門員)認定証を取得。
生理不順、不妊、皮膚病、糖尿病、生活習慣病、ダイエット、便秘などの店頭相談は、5万件を超える。
「治療よりも予防 予防よりも養生」の思いを大切に、最近では忙しい現代人が安心安全に使える食材やスキンケア製品・「養麗(ヨウレイ)」シリーズの開発提供も行っている。http://atopy-druginui.jp

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket