ダイエットは毎日の食習慣から大切に!

4月13日ブログ画像

3万件以上の相談から薬剤師がお肌のことを徹底的に考え開発したオールインワンゲルクリーム

皆さん、こんにちは。
鳥取のイヌイ薬局社長、アトピー性皮膚炎アドバイザーの乾康彦です。

今日は今一つの天気ですが晴れた暖かい日も増えてきましたね。
露出が増えてくるこれからの時期にダイエットを始めよう!って方もいらっしゃると思います。

ダイエットと言うと食事制限と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、
かえって失敗することもあるので気を付けましょう。

サルコペニア肥満と食事

皆さんはサルコペニア肥満ってご存知ですか?
サルコペニアというのは筋肉減少のことで、
筋肉が減少してしまった結果太ってしまう肥満症のことを言います。

脂肪を燃焼させることができる組織は筋肉だけなので、
筋肉が減少するということは脂肪が燃えにくくなり、太りやすくなります。

年齢を重ねると、筋肉が減少しやすく特に筋肉の8割は下半身なので、
下半身に脂肪がつきやすくなります。

若い人でも極端な食事制限、たんぱく質の少ない食事など
無理なダイエットをしていると、同じようなことになってしまいます。
またこのような食事制限は、基礎代謝が落ちることにもなり、
体内でうまく熱が産生できず冷えを感じやすくなります。
一時的に体重が落ちても、サルコペニア肥満の原因になり
かえって太りやすい体質のなってしまうので注意しておきましょう。

そもそも本来ダイエットというのは「正しい食事」を意味する語源に由来します。
バランスの良い食事で筋肉を維持増強させながら、脂肪のみを減少させるというのが理想的です。
適切に運動することは、体重を減らすだけでなくこのサルコペニア肥満の予防にも大切ってことです。

食べるのを控えるよりもまずしっかり出すこと

飽食の時代である現代には食べるのを控えるばかりより、
むしろ、食べたものをしっかり排泄することが大切と言えそうです。

食べ過ぎ・飲み過ぎから「からだのゴミ」を溜めないようにして、
太りにくい生活習慣をつけておくようにしましょう。
特に、糖分・脂分・たんぱく質は意識しておきたいものです。
そして、食物繊維や酵素を積極的に摂りましょう。

もちろん「からだのゴミ」をためない事は、
アトピー・アレルギーの悪化予防・改善にもつながるので
アトピーの食養生も基本はダイエットと同じ。
ダイエットだけでなく健康全体を考える上でも
基本として意識しておきたいことです。

まとめ

「からだのゴミ」もお部屋の掃除と一緒。
ゴミが溜まる前に早めに捨ててしまうのが大切です。
もちろん毎日の食事から少しづつ気を付けて予防できれば尚更いいでしょう。

The following two tabs change content below.
乾 康彦

乾 康彦

国際中医専門員イヌイ薬局
1957年1月6日大阪生まれ 慶応義塾大学理学部数学家卒業。
鳥取で大型ドラッグストア兼調剤薬局、相談薬局を5店舗経営。1990年より薬局の店頭で根本治療にふさわしい漢方による相談を始める。
2006年に中国で漢方の専門家として認められる国際中医師(現:国際中医専門員)認定証を取得。
生理不順、不妊、皮膚病、糖尿病、生活習慣病、ダイエット、便秘などの店頭相談は、5万件を超える。
「治療よりも予防 予防よりも養生」の思いを大切に、最近では忙しい現代人が安心安全に使える食材やスキンケア製品・「養麗(ヨウレイ)」シリーズの開発提供も行っている。http://atopy-druginui.jp

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket