知っておきたいココナッツオイルを燃やすコツ!!

ココナッツオイル売り切れ

3万件以上の相談から薬剤師がお肌のことを徹底的に考え開発したオールインワンゲルクリーム

話題のココナッツオオルを燃やすコツ

 

 米国ハリウッド女優のミランダ・カーさんもおすすめということで昨年から話題のココナッツオイル。
いまだに、品薄が続いているようなので今年の前半はココナッツオイルが話題を集めそうです。

ココナッツオイルって何?

ココナッツオイルはヤシの油のことですが、石鹸や洗剤などの原料として良く使われる
パームヤシの油も同じように「ヤシ油」と言われますが、ココナッツオイルとは全く別物です。

最近のココナッツ オイルのブームは

ダイエット効果

アンチエージング効果

アルツハイマーの予防

などの健康効果の期待と香ばしい香のおかげで人気に火がついたのでしょうか?

ココナッツオイルをうまく燃やすコツ?

ダイエット効果でいえば、ココナッツオイルの中鎖脂肪酸は他の油脂にくらべて
4倍の速さで分解され10倍の速さで代謝されるのでこの点に注目されたのでしょうか?

ココナッツオイルなどの中鎖脂肪酸は燃焼しやすいので

確かに「からだにつきにくい油脂」と言えます。

ただ、身体のエネルギー源としては糖質、脂質、たんぱく質

なのですが、身体のなかではまず

糖質が燃えて、続いて脂質が燃えます。

ですから、糖質が少なくゆっくり吸収される食事であれば、ココナッツオイル

などの中鎖脂肪酸がエネルギー源としてつかわれます。

ところが、糖質が多くしかも吸収されやすい食事をしていると

糖質の燃焼に時間がかかって、ココナッツオイルが燃焼する出番がまわってきません。
燃焼しなければ、当然の結果として血液中に中性脂肪としてあふれ最終的に脂肪として蓄積されてしまいます。

ココナッツオイルの燃焼しやすさを生かす食事は

1糖質が少なくゆっくり吸収の低GIな食事

2糖や脂肪の燃焼に必要なビタミンやミネラル・酵素が豊富な食事

ということで、

結局、糖質を控えた栄養バランスの良い食事が「ココナッツオイル」を生かす「コツ」ということで、
つまるところ通常の「低GI」・「糖質制限」食が大切なのでダイエットのあるべき食事と変わりません。
やはり、ダイエットで大切なのは「食べない。」のではなく「正しく食べる。」ことです。

The following two tabs change content below.
乾 康彦

乾 康彦

国際中医専門員イヌイ薬局
1957年1月6日大阪生まれ 慶応義塾大学理学部数学家卒業。
鳥取で大型ドラッグストア兼調剤薬局、相談薬局を5店舗経営。1990年より薬局の店頭で根本治療にふさわしい漢方による相談を始める。
2006年に中国で漢方の専門家として認められる国際中医師(現:国際中医専門員)認定証を取得。
生理不順、不妊、皮膚病、糖尿病、生活習慣病、ダイエット、便秘などの店頭相談は、5万件を超える。
「治療よりも予防 予防よりも養生」の思いを大切に、最近では忙しい現代人が安心安全に使える食材やスキンケア製品・「養麗(ヨウレイ)」シリーズの開発提供も行っている。http://atopy-druginui.jp

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket