湿度が高くなったらお部屋も体も除湿が大切!

4月20日ブログ画像

3万件以上の相談から薬剤師がお肌のことを徹底的に考え開発したオールインワンゲルクリーム

こんにちは。イヌイ薬局の乾 康彦です。
鳥取はここ2、3日雨の日が続いています。
これから梅雨にかけてかなり湿度が上がっていきますが
湿度が高くなると、外だけでなくからだの中にも湿気が溜まりやすくなります。
このからだに余分な湿気も「からだのゴミ」のひとつと考えられ、
溜まった状態が続くと、アトピーの悪化にもつながってしまいます。
そんな「からだのゴミ」のサインはこんなところにも出てるかも・・・。

おさまらない髪のぼさぼさも「からだのゴミ」サイン

梅雨が近づいてくると髪がまとまりがつかないくらい
膨らんで困られている女性の方のご相談を伺うことが増えてきます。
みなさん、収拾がつかなくて美容院に駆け込まれるようで
美容院さんもこの時期は忙しいという事でした。

梅雨時になると、湿度が上がるので髪の毛も水分を吸収してちじれて膨らむため、
ボサボサになりやすくなってしまいます。

その為に、美容院でカットしてもらったり、
縮毛矯正の製品をお求めになったりということになります。

ただ、このボサボサも外部からの湿気で髪が膨らんでしまうということもありますが、
身体のなかに溜まった余分な水分(=中医学では湿と言います)
が根本的な原因のことも多く見受けられ、これもからだのゴミのひとつと考えられます

梅雨にかけて気を付けたいその他の「からだのゴミ」サイン

こんな方は、他にもこれから梅雨の時期にかけて

・からだがむくみやすい
・下痢気味だったり、便の粘性(ベトベト)が強い
・身体が重くだるい感じが続く
・舌のこけが厚くなりやすい

などの症状が現れだしたら、「湿」が原因だと思われるので要注意です

毎日の生活から原因を考えると、やはりまずは食べ過ぎ・飲み過ぎにご注意です。
水分については、特に冷たいものの飲み過ぎは控えておくことです。
生ものやアイスクリームなどもからだを冷やすものですから同様に気を付けたいものです。

また、食べ過ぎ・飲み過ぎが続くと舌の苔も厚く、さらに色も黄色が濃くなってきます。
この状態は、からだにたまった「湿」が熱を持っている状態で(=湿熱)
アトピー性皮膚炎の悪化にもつながるので、こんな症状が気になりだす前に、
食生活を整えておく事、しっかりと消化して排泄させておく事に気を付けましょう!

漢方のおくすりでは勝湿顆粒(しょうしつかりゅう)などで身体のなかの湿気も取り除きます。

まとめ

やはり外気の除湿が必要な時期は、身体のなかからも除湿することが大切です。
また、梅雨の時期の不調はそのまま夏バテにもつながっていきますので、
少し気が早いかもしれませんが、やはり毎日の養生は
次の季節の健康に向けても大切にしておきたいものですね。

The following two tabs change content below.
乾 康彦

乾 康彦

国際中医専門員イヌイ薬局
1957年1月6日大阪生まれ 慶応義塾大学理学部数学家卒業。
鳥取で大型ドラッグストア兼調剤薬局、相談薬局を5店舗経営。1990年より薬局の店頭で根本治療にふさわしい漢方による相談を始める。
2006年に中国で漢方の専門家として認められる国際中医師(現:国際中医専門員)認定証を取得。
生理不順、不妊、皮膚病、糖尿病、生活習慣病、ダイエット、便秘などの店頭相談は、5万件を超える。
「治療よりも予防 予防よりも養生」の思いを大切に、最近では忙しい現代人が安心安全に使える食材やスキンケア製品・「養麗(ヨウレイ)」シリーズの開発提供も行っている。http://atopy-druginui.jp

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket