アトピーと食事「白い食べ物より茶色い食べ物を大切に!」

4月30日ブログ画像

3万件以上の相談から薬剤師がお肌のことを徹底的に考え開発したオールインワンゲルクリーム

皆さん、こんにちは。イヌイ薬局の乾 康彦です。
今日は殺虫剤・防虫剤のコーナー作りの日でした。

ゴールデンウィークにお出かけの方も多いでしょう。
今週末は全国的に晴れる所が多そうで、お出かけ日和にもなりそうですし。
そろそろ虫にも注意しておきたい季節です。お出かけするなら虫よけ対策もお忘れなく!

虫も出て来てから殺虫よりも、出る前に防虫が理想的ですが、
もちろんアトピーの食養生も症状が出る前に、毎日の食事から養生をしておきたいもの。
今日は、アトピーの養生に「白い食べ物」より「茶色い食べ物」を食べましょうってお話です。

白い食材・茶色い食材とアトピー

日本のおいしいスイーツはチョコレートをはじめ
そのほとんどが白糖で甘味をつけているのは皆さんもご存知の事と思います。
白糖は、生成されている分吸収がよくエネルギーに転換しやすいのですが、
糖分を燃焼させるにはその分に応じてビタミンやミネラルが必要です。
白糖には、ビタミンもミネラルも含まれていないので
余分な糖分は、完全に燃焼できないとソバカスなどの色素沈着になったり、
血中では中性脂肪として蓄積されて血液の流れを阻害すると
炎症の原因になることもあります。
特に、アトピー性皮膚炎の方は甘過ぎるスイーツにはご注意下さい。

日本では以前から、「色白は七難隠す」
などといわれて女性は色白だと7つもお得な感じがしますね。
でも色白の方の、ソバカスなど色素沈着や赤面してしまってはかえって目立ってしまうので、
せっかくの「白雪姫」も悩み多いことになるでしょう。
「白雪姫」におすすめの甘味としては、白糖よりもビタミン、ミネラルを一緒に内包している
「黒砂糖」や「てんさい糖」「メープルシロップ」などがおすすめです。

糖分に限らず、食養生には白糖などの白い食材よりもてんさい糖などの茶色い食材がおすすめです。
白い食事は白米、パン、などの精製された穀類や砂糖のことで、
茶色の食事が玄米、雑穀米、パンなら全粒粉、ライ麦、など未精製の穀物、
糖類では上記の黒砂糖、てんさい糖、メープルシロップ以外にもハチミツもおすすめです。

精製された白い食品は、食物繊維や栄養素が抜けていて血糖値が上昇しやすくなっています。
血糖値は急に上がれば急に下がりやすいのでまた空腹を感じたり、太りやすくシワ、シミの原因になります。

ダイエットにもアンチエージングにもアトピー性皮膚炎の食養生にも茶色い食品は必須です。
外食などで白い食事ばかりの時は、お家では野菜優先を意識しておきましょう。
さらにお酢を一緒に食べると、急激な血糖の上昇も防げます。

チョコレート食べるならブラックチョコレートで

それでもチョコが大好きで、全然食べないなんて無理!って方に
知花さんや森理世さんなど、日本のミス・ユニバースの食事指導をしてきた
公式ミスユニバース日本ニュートリションコーチのエリカ・アンギャルさんが、
世界のスーパーモデルたちの間食にもおすすめのブラックチョコレートのレシピもご紹介しておきます。
ただ混ぜるだけで超簡単なのでぜひお試し下さいね!

材料:(3~4人前)

・アーモンドパウダー:1カップ
・ココアパウダー:3/4カップ
・メイプルシロップ:1/4カップ

全ての材料を一緒に混ぜて、ひと口サイズに丸めるだけです。
アーモンドの代わりに、くるみ・ココナッツフレーク・煎りゴマなどでも試してみて下さい。

ストレスいっぱいになった「白雪姫」が甘いものを食べたいときにこころ穏やかに!!!
だって、カカオ70%以上のほろ苦いダークチョコレートは
インスリン、血圧、コレステロール値を改善してくれるというお話もあります。
もちろん、それでも食べすぎにはご注意頂きたいものですが・・・。

まとめ

食養生といって食べたいものを我慢することばかり考えても、
それがストレスになり過ぎてかえってアトピーの症状が悪化なんてことは避けたいものです。
食べられないものを考えるよりも、食べられるもの・積極的に食べたいものを
考えながらなるべく楽しくアトピーの改善・養生していきましょう。

 

The following two tabs change content below.
乾 康彦

乾 康彦

国際中医専門員イヌイ薬局
1957年1月6日大阪生まれ 慶応義塾大学理学部数学家卒業。
鳥取で大型ドラッグストア兼調剤薬局、相談薬局を5店舗経営。1990年より薬局の店頭で根本治療にふさわしい漢方による相談を始める。
2006年に中国で漢方の専門家として認められる国際中医師(現:国際中医専門員)認定証を取得。
生理不順、不妊、皮膚病、糖尿病、生活習慣病、ダイエット、便秘などの店頭相談は、5万件を超える。
「治療よりも予防 予防よりも養生」の思いを大切に、最近では忙しい現代人が安心安全に使える食材やスキンケア製品・「養麗(ヨウレイ)」シリーズの開発提供も行っている。http://atopy-druginui.jp

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket