*

季節外れの手足の冷え・慢性的な肩こりは血行不良から

5月29日ブログ画像

3万件以上の相談から薬剤師がお肌のことを徹底的に考え開発したオールインワンゲルクリーム

皆さん、こんにちは。
鳥取・イヌイ薬局のコナンこと社長の乾 康彦です。

アトピーの改善に血流を良くして、元気なお肌を作ることが大切
という事を前回のブログでお伝えしましたが、
逆に血行不良があると、手足だけの冷えや、慢性的な肩こりなど
様々な不調の原因になっていきます。

これだけ暑くなると冷えを感じることは当然少なくなりますが、
この時期でも手足の先だけが冷えが解消されないというお声もよく伺います。
先日も真夏でも足の先が冷えるとお悩みの方がいらっしゃいました。
この時期でも手足だけが冷えるとか、それ以外にも季節に関わらず
慢性的な肩こりや頭痛は多くの場合、血行不良が原因と考えられます

特に手足の先は血管の抹消部分なので、
血行が悪いと冷えなどの症状が表れやすいわけです。
なので寒い・暖かいに関わらず血流を良くしておくことは大切です。

 血行不良タイプの冷えの予防・養生

このタイプの方は、ストレスや急激な温度差で血管が収縮し
血行不良が起こりやすくなります。
今はまだ大丈夫かもしれませんが、これからエアコンなどを使う機会も
増えてきますので、温度の下げ過ぎにはご注意下さい。

手足の冷え、頭痛だけでなく関節痛、生理痛などの原因にもなります。
食事についてはねぎ、らっきょう、にんにく、にら、納豆など
血液の流れをスムーズにする食材を意識しておきたいものです。
逆に脂分の摂り過ぎ、濃厚な食事には気を付けましょう。

漢方では「活血(かっけつ)」といって血行を改善する、
冠元顆粒などでからだ全体の血行を元気にしておきましょう。

軽い運動で血行を良くする、そしてストレスを発散させておくことも重要です。
ストレスの事から考えると、早寝・早起きで良質の睡眠もお忘れなく。
ストレスは血行にも、お肌にも大敵です。

まとめ

この時期はどうしても冷えを感じにくくなるので、
少しくらい冷えがあってもあまり気にしないことが多いかもしれませんが、
この時期にしっかり血流を良くしておくことが、根本的な冷えの改善には欠かせません。
慢性的な痛み、手足の冷え対策はこの時期にもしっかり行っておきたいものです。

 

The following two tabs change content below.
乾 康彦

乾 康彦

国際中医専門員イヌイ薬局
1957年1月6日大阪生まれ 慶応義塾大学理学部数学家卒業。
鳥取で大型ドラッグストア兼調剤薬局、相談薬局を5店舗経営。1990年より薬局の店頭で根本治療にふさわしい漢方による相談を始める。
2006年に中国で漢方の専門家として認められる国際中医師(現:国際中医専門員)認定証を取得。
生理不順、不妊、皮膚病、糖尿病、生活習慣病、ダイエット、便秘などの店頭相談は、5万件を超える。
「治療よりも予防 予防よりも養生」の思いを大切に、最近では忙しい現代人が安心安全に使える食材やスキンケア製品・「養麗(ヨウレイ)」シリーズの開発提供も行っている。http://atopy-druginui.jp

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
日焼け止めを塗る前に保湿すると良いのはご存知ですか?

鳥取県のイヌイ薬局の勝原です。 5月になり、日差しも強くなりましたが

ゴールデンウイークの後からのお肌のくすみとその原因

  目次 五月の紫外線 「潤う」とは

まさに今なんとなく調子が悪い・・・それって五月病かも!?

こんにちは。イヌイ薬局の大谷です。 5月も中盤を過ぎこれから夏に向

母の日のプレゼントされましたか?

昨日は母の日でしたね。日頃お世話になっている、お母さんに感謝の気持ちを

中医学で考えるアトピー性皮膚炎の原因

あけましておめでとうございます。 昨年もアトピー性皮膚炎、不妊症など