アトピー・湿疹と食事・・・舌の苔は体のバロメーター

 

3万件以上の相談から薬剤師がお肌のことを徹底的に考え開発したオールインワンゲルクリーム

8月9日ブログ画像

皆さん、こんにちは。鳥取県イヌイ薬局の、
アトピー性皮膚炎アドバイザーで 社長の乾 康彦(いぬい やすひこ)です。

今日は、台風11号の影響で夏の甲子園開会式も2日間順延が決定しました。
他にも様々な行事やイベントが中止されています。
皆さんも外にお出かけの際は、充分お気を付け下さいね。

さて突然ですが、今ご自分の舌がどんなふうになっているでしょうか?
もし近くに鏡があれば、ぜひ一度見て頂けると良いのですが、
舌が白くなっていたり、黄色くなっていたりと人によって
いろいろ違うと思いますが、実はこの舌の状態は「からだからのサイン」
だという事をご相談の中でもよくお伝えしています。

特に舌についている苔は、「舌苔」(ぜったい)というのですが、
現在の食生活や、さらにはアトピーの状態にも
関係してきます。そんなことを書きたいと思います。

舌クリーナーの使い過ぎにはご注意を!

最近、流行っている舌磨き(タンクリーナーなど)。
「舌苔」(ぜったい)が厚くなっていると、このクリーナーで
舌のお掃除をされる方も多いと思いますが注意して下さいね。
下の上には味蕾(みらい)という味を感じたり、
わずかですが消化酵素を分泌する器官があります。
クリーナーで強く摩擦すると、これらの組織が破壊されてしまうこともあり
不用意に多用しないことが大切なのです。

また「舌苔」(ぜったい)は、たんに舌についているのではなく
今の食生活やからだの中の状態から多くなったりしますので、
特に苔が厚い場合はただ表面の「舌苔」(ぜったい)を削るだけでは、
改善しないこともあります。
大切なのは、今の食習慣や、からだの状態を知って改善することです。

白い「舌苔」(ぜったい)は消化不良のサイン!?

o0322031512816911865

舌の苔が白いのは体が冷えて消化不良となり、
不消化物が舌の上にたまっているからです。
咳や痰、鼻炎などの症状が出やすく、また風邪もひきやすくなります。
体がむくんだり重たかったりするのも特徴です。
アトピーなどの皮膚病にもなりやすいです。
舌の苔が厚いほど不消化物がたまっている状態なので、
アトピーもジュクジュクになったりしますし、
掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)などの症状もよく見られます。
消化力がまだ弱い、小さいお子さんのアトピーはこのタイプが多いです。

食事では冷たいものや甘いものはなるべく避けて、
体を温めるネギや生姜、ぎんなん、いも、卵、豚肉などをしっかり摂るとよいでしょう。
漢方では健脾散(けんぴさん)、衛益顆粒(えいえきかりゅう)、
晶三仙(しょうさんせん)といったものをよくおすすめしています。

黄色い「舌苔」(ぜったい)は食べ過ぎ、飲み過ぎから!

o0296030612823433168

黄色い舌は、「舌苔」(ぜったい)が熱を持ち始めたサインです。
食べ過ぎや、飲み過ぎ、便秘などが続いたときはこういう状態になりやすいです。
また、白い時と同じで消化不良も伴っている場合が多く、
高血糖や高脂血症など生活習慣病のもとにもなりますし、
アトピーの状態も悪化しやすくなりますので注意しましょう。

こんな時には食べ過ぎはもちろん、濃厚な食事や辛い食材は控えて頂きたいです。
ニガウリなど苦いものは熱を冷ましてくれますので、食事に取り入れてみて下さい。
漢方では黄蓮解毒湯(おうれんげどくとう)、晶三仙(しょうさんせん)
などが良く処方されます。

イヌイ薬局ではアトピーの相談を承っております

私たちは約3万件の皮ふ相談をいただき、その多くの方のお悩みを改善してきました。

来店していただき直接ご相談をいただけるのが一番嬉しいのですが、

鳥取までは遠いという方はホームページよりご相談いただくことでもできます。

詳しくはイヌイ薬局のアトピー漢方改善.com▼コチラをご覧くださいませ。

atopy-druginui.jp/

イヌイオススメの食品は▼イヌイ薬局ネットショップ コチラから

www.druginui.net/

まとめ

舌の状態ひとつをとっても生活習慣や、食習慣の乱れが表れるものです。

逆に普段の生活養生や食養生でアトピーなどの

様々な病気や症状の悪化を予防することも出来るという事です。

イヌイ薬局はお薬よりも生活習慣で美と健康をお届けできるお店を目指しています。

The following two tabs change content below.
乾 康彦

乾 康彦

国際中医専門員イヌイ薬局
1957年1月6日大阪生まれ 慶応義塾大学理学部数学家卒業。
鳥取で大型ドラッグストア兼調剤薬局、相談薬局を5店舗経営。1990年より薬局の店頭で根本治療にふさわしい漢方による相談を始める。
2006年に中国で漢方の専門家として認められる国際中医師(現:国際中医専門員)認定証を取得。
生理不順、不妊、皮膚病、糖尿病、生活習慣病、ダイエット、便秘などの店頭相談は、5万件を超える。
「治療よりも予防 予防よりも養生」の思いを大切に、最近では忙しい現代人が安心安全に使える食材やスキンケア製品・「養麗(ヨウレイ)」シリーズの開発提供も行っている。http://atopy-druginui.jp

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket