アトピー性皮膚炎の改善「梅雨から夏のアトピーの養生」

6月13日ブログ画像1

3万件以上の相談から薬剤師がお肌のことを徹底的に考え開発したオールインワンゲルクリーム

皆さん、こんにちは。
イヌイ薬局の乾 康彦です。

アトピー性皮膚炎の予防・養生は季節に合わせて行いたいものです。
今回は、特に梅雨から夏にかけて気を付けたいポイントについてお伝えします。

梅雨のアトピーのジュクジュクにご注意!

梅雨の湿気はアトピーの悪化に限らず様々な不調の原因となることは、
ブログで何度かお伝えしましたが、外の湿度が高くなると、
からだの中にも不要な水分が増えやすくなり、アトピーなど皮膚炎の
患部がジュクジュクしやすい時期です。

この場合、不要な水分というのは水だけではなく、
糖分や脂分、タンパク質も増えすぎるとジュクジュクの原因になります。
中医学ではこの不要なからだのゴミを「痰湿」(たんしつ)と言います。
また梅雨には胃腸の機能が低下しやすくもなります。
胃腸はもともとどちらかというと乾燥している状態を好むので、
湿気や水分が溜まると弱りやすくなってしまいます。
胃腸の働きが悪くなって、消化機能も低下してしまうと
からだに不要な水分がさらに溜まりやすくなって
患部のジュクジュクが悪化してしまうなんてことも心配です。

やはりこの時期のアトピーの養生も食事から気を付けていきましょう!

アトピー性皮膚炎の食養生の基本は、

1、腹八分目を心がけて

目安は食後にからだを重く感じない、食後すぐに眠くならない量です。

2、ひとくち少なくとも30回~50回よく噛んで食べましょう!

意識しないとなかなか習慣化するのは難しいですよね。
まずは箸をおいて30回噛むことから始めましょう。

3、消化を助ける発酵食品

酵素の多い生のキャベツや大根、味噌、醤油、つけもの
などを積極的に摂りましょう。

の3つを大切にしておきたいものです。

食材についてはからだに溜まった水分を出しやすくしてくれる
サツマイモ、山芋、冬瓜などもおすすめです。
また有酸素運動で汗を少し多めにかいて水分をコントロールしましょう。

逆にこんな食材は注意して避けたいものです。

・ 甘いもの・・・チョコレート、ケーキなど

・ 油物や肉類・・・とんかつ、てんぷらなど

・ 香辛料の多いもの・・・キムチ、カレーライス、こしょうなど

・ 加工食品・・・ファーストフード、インスタントフード、スナック菓子など

・ 生もの・・・お刺身など

・ 冷たいもの・・・ジュース、ビール、カキ氷など

気を付けましょう。

夏は虫・紫外線など皮膚の外敵がいっぱい!?

夏は虫や紫外線、汗など皮膚の外敵が多い季節といえそうです。

また熱が体内にこもりやすい時期ですが、冷たいものをどんどん摂り過ぎると
梅雨の時期同様、胃腸の機能が弱って「からだのゴミ」が溜まりやすくなるので、
物理的に冷たいもの(アイスや冷たいジュース)の摂り過ぎには注意しましょう。
食材では、きゅうり、なす、トマト、スイカ など新鮮な野菜や果物などがオススメです。
「冷やす」よりも「清める」ことを大切にしましょう。

またエアコンで冷やしすぎると、低温と乾燥からアトピーの悪化を招いてしまいます。
エアコンは温度設定に気を付けて使いましょう。
それからこまめに換気しておくこともお忘れなく。

汗もアトピー性皮膚炎を悪化させる大きな原因のひとつです。
汗自体がお肌を刺激するのはもちろん、
皮膚のカビや雑菌も繁殖しやすくなってしまいます。
タオルでふく時には、乾いたタオルよりも
ぬらしたタオルでやさしくふきましょう。

夏の食事も基本は梅雨と一緒です。
いずれにしても、梅雨も夏も胃腸に不要な水分は溜めないようにしておきましょう。

まとめ

日々の食事の中で順調な消化を保っておくことは
アトピー性皮膚炎の改善に限らずキレイなお肌作りには欠かせません。
からだもお肌も元気に過ごしましょう!

The following two tabs change content below.
乾 康彦

乾 康彦

国際中医専門員イヌイ薬局
1957年1月6日大阪生まれ 慶応義塾大学理学部数学家卒業。
鳥取で大型ドラッグストア兼調剤薬局、相談薬局を5店舗経営。1990年より薬局の店頭で根本治療にふさわしい漢方による相談を始める。
2006年に中国で漢方の専門家として認められる国際中医師(現:国際中医専門員)認定証を取得。
生理不順、不妊、皮膚病、糖尿病、生活習慣病、ダイエット、便秘などの店頭相談は、5万件を超える。
「治療よりも予防 予防よりも養生」の思いを大切に、最近では忙しい現代人が安心安全に使える食材やスキンケア製品・「養麗(ヨウレイ)」シリーズの開発提供も行っている。http://atopy-druginui.jp

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket