*

便秘は健康の大敵「アトピーもダイエットも便秘解消から」

6月20日ブログ画像

3万件以上の相談から薬剤師がお肌のことを徹底的に考え開発したオールインワンゲルクリーム

皆さん、こんにちは。イヌイ薬局の乾 康彦です。

アトピーの改善にも便秘の解消はとても大切です。
毎日排便をチェックしておきましょう!

理想のお通じって?

理想のお通じは毎日1回すっきりくる。
店頭の相談でも、「便秘は気になりませんか?」と聞くと
大半の方が「大丈夫です。」と答えられますが理想の快便は量の目安として
1日に300gなのでバナナ3本分、においは臭くなく、色は黄金色
いきまないで毎日一定時間にストーンと来てくれるのが理想です。

「そう言われると便秘かも!?」という方もいらっしゃるでしょう。
もう一度、朝の習慣から見直してみましょう。

お肌ひとつとっても、くすみ、吹き出物、アトピー、ニキビの悩みは解消できないでしょう。

さらに便秘のまま、10年、20年と年齢を重ねれば
高血圧や糖尿病高コレステロールなど生活習慣病のリスクが高まります。
便秘はアトピーに限らず、様々なからだの悩みを引き起こす原因になっているからです。
アトピーの改善にも、からだの健康もまずは便秘解消を目指しましょう。

「からだのゴミ」のことを漢方では「痰湿(たんしつ)」といって
アトピー、生理不順、ニキビ、生活習慣病をふくむ肥満の原因と考えます。
これらは病名が違いますが漢方での治療方針は「からだのゴミ」を捨てる
という同じ働きをする薬で治すことになります。
このように、違う病気を同じ治療で治すことを漢方では
「異病同治(イビョウドウチ)」と言います。

健康のために、これらの「からだのゴミ」は、
できてしまったらなるべく早く捨てましょう。

「からだのゴミ」を捨てる方法は
1に排便、2に尿、3に汗です。

やはり、排便が最大のゴミ捨て場と言えます。
その日に溜まったゴミはその日のうちに捨てるのと同じように
1日1回排泄は「からだのゴミ」を溜めない大切な習慣です。

漢方やサプリメントで便秘を改善

便秘の改善に漢方では「潤腸湯」や「麻子仁丸」などがよく使われます。
サプリメントならサージオイル、センナ実などがおすすめです。
日本ではセンナの葉や茎がよく使われますがいずれもおなかを冷やします。
センナの実は身体を冷やさないので特におなかの冷えやすい方、女性にはオススメです。
同じ生薬(植物)でも部位によって、性質や作用する場所が異なるってことです。

いずれにしても、体調やお通じの様子をチェックしながらなるべく
からだに負担の少ないもので排便を促したいものです。

便秘の予防もまずは食事から

やはり便秘の改善や予防にも毎日の食事が大切です。
悪化している場合には、サプリメントや漢方なども大切ですが、
理想としては、毎日の食事から便秘にならない食養生をしておきたいです。

最近の統計によると便の量の平均が150gといわれています。
本来、便は300g前後が理想的ですが、
食事の中でも特に繊維の減少のおかげで半分近くにまで減ってしまっています。

お通じをよくするためにはまず食物繊維をしっかり摂りましょう!

目標は17gから理想は20gを毎日心がけたいものです。
平成21年の調査では女性の食物繊維一日平均摂取量は14.2gと、
あと3g~6gは必要ってことになります。

バナナなら200g~300g、ほうれん草でも100g~200gと
摂取も一苦労ですが昆布なら10g-20gなので、
出汁や浸し昆布とともに食してしまいたいものです。

お休み前にコップいっぱいに10cmほどの昆布を浸して

朝の起床時に浸し昆布水を飲んで、残りの昆布はそのまま炒め物、
お味噌汁、スープなどにいれて食べてしまいましょう。

乳酸菌など善玉菌もしっかり補給したいものです。
乳酸菌と言えばヨーグルトですが、乳脂肪に注意しながら
たくさん食べ過ぎないように注意はしておきましょう。

そして、腸を潤滑にするために腸を
亜麻仁油、オリーブオイル、エゴマ油などを意識的に摂取しましょう。
スプーン1杯のオリーブオイルを炒め物やバター、スープなどに加えて。
特にコロコロ便などは腸が乾燥しているサインなので腸の潤いをしっかり意識したいものです。

ヨーグルト、昆布、オリーブオイイルで善玉菌、食物繊維、オレイン酸とそろったら
あとは毎朝一定の時間に排泄する習慣をつけたいものです。

まとめ

これから夏には、アトピーなど皮膚炎の症状も、
便秘からジクジクなどがさらに悪化してお悩みの方も多いです。
便秘は健康の大敵。毎朝のお通じから大切に!

The following two tabs change content below.
乾 康彦

乾 康彦

国際中医専門員イヌイ薬局
1957年1月6日大阪生まれ 慶応義塾大学理学部数学家卒業。
鳥取で大型ドラッグストア兼調剤薬局、相談薬局を5店舗経営。1990年より薬局の店頭で根本治療にふさわしい漢方による相談を始める。
2006年に中国で漢方の専門家として認められる国際中医師(現:国際中医専門員)認定証を取得。
生理不順、不妊、皮膚病、糖尿病、生活習慣病、ダイエット、便秘などの店頭相談は、5万件を超える。
「治療よりも予防 予防よりも養生」の思いを大切に、最近では忙しい現代人が安心安全に使える食材やスキンケア製品・「養麗(ヨウレイ)」シリーズの開発提供も行っている。http://atopy-druginui.jp

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
中医学で考えるアトピー性皮膚炎の原因

あけましておめでとうございます。 昨年もアトピー性皮膚炎、不妊症など

お子様のアトピー

明けましておめでとうございます!! 鳥取県の漢方薬局イヌイの勝原です

NHKあさイチ・・食べ過ぎ防止のオリーブオイル入りココア

こんにちは、 今年も、今日で終わります。 そして、クリスマス、お正

インフルエンザの予防と藍染めの秘密・・ お蕎麦屋さんの暖簾は何のため?

寒暖の差が激しい今年の冬も、明日で終わります。すでに22日には「冬至」

さむ~い季節の『ほっ』とする飲み物、ココアには美肌効果がたっくさん☆

本日の鳥取市は雨。 年末ですね、イヌイ薬局の藤田です☆ 今日はさむ~