アトピー・湿疹と舌のチェック・・・舌はからだのバロメーター③

舌から色々なことが分かります!
舌から色々なことが分かります!

鳥取県イヌイ薬局の、
アトピー性皮膚炎アドバイザーで 社長の乾 康彦(いぬい やすひこ)です。
台風が去って、夜が急に涼しくなりました。
気温差で体調を崩されないようお気を付け下さい。

3万件以上の相談から薬剤師がお肌のことを徹底的に考え開発したオールインワンゲルクリーム

今日も舌のお話の続きをしたいと思います。

舌の乾燥は、からだにこもった熱のサイン
o0216022412832378908

上のような乾燥している舌は熱を持ちやすくなるので、
黄色くなったり、黒っぽくなったりします。
からだの中の乾燥や熱も慢性化している状態になり、症状が続くと

・便秘がち

・アトピーなどのアレルギーになりやすい

・脳血管の病気

がんなどの心配も出てきます。

特にアトピーの症状では皮膚の赤みがだいぶ強くなり、
かゆみも痛みを伴って強く出やすいです。
アトピー以外にも、乾癬(かんせん)の方も多いタイプですが
乾癬の場合は痒みはあまり強く出ないようです。
またこのタイプの方は痔(じ)になりやすい傾向も見受けられます。
食事では熱を冷ますものやからだを潤すもの、消化しやすいものがおすすめです。
逆に濃い食事や、辛い刺激物はなるべく避けたほうがよいです。

紫の舌は血行不良から
o0230022112816785104o0169017612816784742

このように舌が紫っぽくなったり、紫の斑ができたりするのは
血液の流れが悪くなっているサインです。
舌の裏側の舌下静脈(ぜっかじょうみゃく)が怒張して膨らむこともあります。

血液の流れが悪くなり滞ると、肩こりなどコリとなって体に表れやすくなります。
実は肩こりは日本人が訴える自覚症状のうち、腰痛に次いで二番目に多い症状です。
なので比較的多くの方がこのタイプに当てはまるかもしれません。

また肩こり以外でも

・痛みが出やすい

・肩こり以外のこり

・しびれ

・静脈瘤

さらに症状が続くと

・血栓

・梗塞

・子宮内膜症

・腫瘍

など血液に関係する様々な病気の心配も出てきます。
アトピーや湿疹であれば血液の流れが悪いので、皮膚が黒ずんだり
ごりごりしたニキビのように塊ができやすい、色素沈着しやすいといった
症状が出てきます。

食事では玉ねぎ、ニンニク、らっきょう、きくらげなどの食材と摂るとよいです。
脂っこいもの、甘いもの、喫煙、飲酒などは控えて頂きたいです。

漢方では冠元顆粒(かんげんかりゅう)、田七人参(でんしちにんじん)、
水快宝(すいかいほう)などが症状に応じて使い分けられます。

 

カラダが弱ってきたら地図状の舌
o0276031412838707635

このような地図状の舌、あまり見たことのない方もいると思いますが
ご相談をお受けしていると、決して少なくはないタイプです。
このタイプの方は、体液の不足から気力も失い始めている状態です。
なので舌苔(ぜったい)が剥離(はくり)していきます。
熱が続いたあとに起こりやすく

・胃炎

・胃潰瘍

・糖尿病

などの症状が表れます。
アトピー・湿疹であれば、もともとカラダのうるおいが足りていない方も多いので、
皮膚の乾燥や赤く炎症を起こす場合が多いです。

食材では体を潤すものがまずは必要で、梨、アスパラ、鶏肉、カキ、
シジミ、蛤(はまぐり)がおすすめです。
漢方やサプリメントでも生脈散(しょうみゃくさん)、西洋ニンジン、
紅サージ(ほんさーじ)、健脾散(けんぴさん)など
体を潤すものが中心として使われます。

イヌイ薬局ではアトピーの相談を承っております

私たちは約3万件の皮ふ相談をいただき、その多くの方のお悩みを改善してきました。

来店していただき直接ご相談をいただけるのが一番嬉しいのですが、

鳥取までは遠いという方はホームページよりご相談いただくことでもできます。

詳しくはイヌイ薬局のアトピー漢方改善.com▼コチラをご覧くださいませ。

atopy-druginui.jp/

イヌイオススメの食品は▼イヌイ薬局ネットショップ コチラから

www.druginui.net/

まとめ

いくつかの舌の状態について、お伝えしてきましたがこれをご参考に、

大切なご家族の舌をチェックして、食事や生活習慣から

健康を見つめなおして頂くお手伝いとなればとても嬉しいです。

これからも、お薬よりも生活習慣と食養生で美と健康をお届けしていきたいと思います。

 

 

The following two tabs change content below.
乾 康彦

乾 康彦

国際中医専門員イヌイ薬局
1957年1月6日大阪生まれ 慶応義塾大学理学部数学家卒業。
鳥取で大型ドラッグストア兼調剤薬局、相談薬局を5店舗経営。1990年より薬局の店頭で根本治療にふさわしい漢方による相談を始める。
2006年に中国で漢方の専門家として認められる国際中医師(現:国際中医専門員)認定証を取得。
生理不順、不妊、皮膚病、糖尿病、生活習慣病、ダイエット、便秘などの店頭相談は、5万件を超える。
「治療よりも予防 予防よりも養生」の思いを大切に、最近では忙しい現代人が安心安全に使える食材やスキンケア製品・「養麗(ヨウレイ)」シリーズの開発提供も行っている。http://atopy-druginui.jp

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket