満月から新月に向けて解毒・排泄を大切に!

8月1日ブログ画像

3万件以上の相談から薬剤師がお肌のことを徹底的に考え開発したオールインワンゲルクリーム

皆さん、こんにちは。イヌイ薬局の乾 康彦です。

今日から8月ですがますます暑い日が続きそうです。
昨日は満月でしたね。フェイスブックでもたくさんお月様の写真が上がっていました。
マクロビオティックや漢方では、月や太陽のエネルギーが
自然やからだに与える影響を大切に考えてきました。
今回は満月から新月にかけてのデトックス・ダイエットのススメ。

満月の夜は食べ過ぎにご注意!

満月の日は、身体の吸収しようとする力がもっとも強く働くと言われます。
人のからだは月の引力で水分が上半身に引き寄せられ陰の性質を帯び高まるそうです。
そして水分が多くなりがちな事から、細胞の膨張によりむくみやすい時期です。
こんなこともあるので、満月の食べ過ぎ・飲み過ぎには注意しておきたいものです。

逆にこれから新月に向けては身体の排泄しようとする力がもっとも強く働くといわれ
解毒・排泄が進みますのでダイエットの成果を出しやすい時期です。
満月から新月に向かっては、排泄や解毒のちからが序々に増すことになるので、
デトックスもダイエットも今から始めるとより効果を実感しやすいでしょう。

昔から言われている新月・満月の「あずきごはん」も排泄や解毒を進めてくれるということで
デトックスにもダイエットにもオススメです。

食材から考える「陰」と「陽」

豆類のなかでも、「アズキ」は赤くて硬いので「陽性」の食品と考えられ、
中医学では「陽」は収縮して行く求心的なエネルギーと考えられ、
具体的には「温める」「しめる」「かためる」「縮める」「乾燥」「下降」
「融合」「合体」「受け入れる」「結ぶ」といった性質があると言われます。

つまり、からだを冷やさないで排泄や解毒を助けてくれます。
ちなみに「陰」には拡散してゆく遠心的なエネルギーがあると考えられ、
「冷やす」「緩める」「溶かす」「膨れる」「水分」「上昇」
といった性質を持っていると考えます。

話を戻して、食べ物に困らない飽食の現代こそ新月や満月には、
「あずきごはん」を食べる習慣はこれからも大切に伝えたいものです。

さらに生理中の方であれば、家やお部屋の片付けもこの時期に行うと、
化学物質などの「からだのゴミ」が月経血と一緒に出やすくなります。
また子宮筋腫や内膜症でなどお悩みの方も、
ぜひ新月や満月にあわせて生理中の整理を習慣にしてみましょう。

からだのゴミ出しに断食・プチ断食!

からだのゴミを出すのには、断食もおすすめです。
断食は、からだのゴミ出しの大掃除に匹敵するので
同窓会や外食の予定満載の方には超オススメです。
もちろん、新月同様に満月のときも浸し昆布水やあずき昆布もオススメです。
また甘酒でプチ断食もこの時期のおなかにもからだにもやさしいでしょう。

まとめ

ちょうどこれからの時期にダイエットを始めると効果を体感しやすい時期です。
迷っているならとりあえずはじめてみましょう。
食べたり飲んだりが最近多い方、これから増えそうな方も解毒・排泄を大切に!

 

The following two tabs change content below.
乾 康彦

乾 康彦

国際中医専門員イヌイ薬局
1957年1月6日大阪生まれ 慶応義塾大学理学部数学家卒業。
鳥取で大型ドラッグストア兼調剤薬局、相談薬局を5店舗経営。1990年より薬局の店頭で根本治療にふさわしい漢方による相談を始める。
2006年に中国で漢方の専門家として認められる国際中医師(現:国際中医専門員)認定証を取得。
生理不順、不妊、皮膚病、糖尿病、生活習慣病、ダイエット、便秘などの店頭相談は、5万件を超える。
「治療よりも予防 予防よりも養生」の思いを大切に、最近では忙しい現代人が安心安全に使える食材やスキンケア製品・「養麗(ヨウレイ)」シリーズの開発提供も行っている。http://atopy-druginui.jp

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket