咳・便秘・お肌の乾燥・・・秋の不調の養生は立秋から

8月8日ブログ画像

3万件以上の相談から薬剤師がお肌のことを徹底的に考え開発したオールインワンゲルクリーム

皆さん、こんにちは。イヌイ薬局の乾 康彦です。

まだまだ暑くて秋の気配って感じもないですが暦上は今日は立秋。
からだも少しづつ秋に向けての準備をしていきましょう。

秋は乾燥の季節!お肌も腸も肺も潤いが大切

暑い夏には汗をよくかきます。
水分が外に出るわけですからからだもお肌も乾燥しがちになります。
そして秋は、乾燥の季節と言われています。

まず、肺は乾燥を嫌う臓器と言われていて、
秋には喘息、咳などのどの症状が出やすくなります。
漢方では肺の性質は鐘と同じで「打たなければ鐘は鳴らない」と例えられます。
咳があれば肺に必ず異常があると考えます。

また、肺と表と裏にある臓器が大腸と考えてられていて、
乾燥性の便秘もしやすくなります。便秘が治ると、咳が治りやすくなります。

そして中医学では「肺」と関連があるのは、「皮毛」と言われています。
つまり、皮膚や体毛が乾燥する・・・乾燥肌になりやすいという事です。
乾燥肌になるとお肌のバリア機能も低下しますので、
お肌のかゆみも出やすくなります。
特にアトピーの方はお肌の乾燥感を強く感じるようで、
乾燥のかゆみから掻きむしったりしてアトピーも悪化しやすい季節です。

ということで秋にはまず「腸」「肺」「皮膚」の不調、
特に乾燥に気をつけましょう!

中医学では秋の養生の基本は「潤補」が大原則です。
つまり、「潤いを補うこと」が大原則です。
腸が潤うと逆に肺も潤います。
そしてお肌の潤いにもやはりからだの中からの潤いが大切ということです。

食材を潤いを与えてくれるものを選びましょう!

ここからは秋に備えて、からだ・肺を潤す食材として
百合根(ゆりね)や梨などがオススメです。
またゴマ(油)、亜麻仁油、浸し昆布水、豆乳など
潤いを与えてくれる豊富な野菜や果物で腸もからだも潤しましょう!

また日頃からの糖分も、砂糖よりもハチミツがオススメです。
実は、砂糖は性質としてからだを乾燥させやすいところもあるのです。
そんなこともあるのでハチミツでも砂糖の入っている加工蜂蜜よりは、
純粋蜂蜜のほうが良さそうです。

まとめ

いずれにしても、今の時期に夏バテなどで体調不良のまま秋を迎えると
からだのよけい乾燥しやすく、他の不調も出やすくなるので、
どちらにしてもからだの潤いは大切にしておきたいものですね。

 

The following two tabs change content below.
乾 康彦

乾 康彦

国際中医専門員イヌイ薬局
1957年1月6日大阪生まれ 慶応義塾大学理学部数学家卒業。
鳥取で大型ドラッグストア兼調剤薬局、相談薬局を5店舗経営。1990年より薬局の店頭で根本治療にふさわしい漢方による相談を始める。
2006年に中国で漢方の専門家として認められる国際中医師(現:国際中医専門員)認定証を取得。
生理不順、不妊、皮膚病、糖尿病、生活習慣病、ダイエット、便秘などの店頭相談は、5万件を超える。
「治療よりも予防 予防よりも養生」の思いを大切に、最近では忙しい現代人が安心安全に使える食材やスキンケア製品・「養麗(ヨウレイ)」シリーズの開発提供も行っている。http://atopy-druginui.jp

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket