新月の夜に塩の入浴でデトックス!

8月14日ブログ画像

3万件以上の相談から薬剤師がお肌のことを徹底的に考え開発したオールインワンゲルクリーム

皆さん、こんにちは。
鳥取・イヌイ薬局のコナンこと社長の乾 康彦です。

今日8月14日は新月の日です。

鳥取はきれいな星空ですが、皆さんお天気は如何でしょうか?
こんな新月には人間の身体は排泄に向かうと言われています。
満月から新月に向かって
「解毒」「洗浄」「発汗」「発散」など「排泄・解毒のちから」が増して
新月にはそのチカラがピークを迎えます。
そんな新月の時期には塩の入浴がオススメです!

新月は塩の入浴で「からだのゴミ」出し!

この日はからだの「浄化」や「解毒」などの傾向が増すので、
ダイエットに適した時期と言われています。
また、新月には地球の裏側から月の引力を受けやすく、
足や腰など下半身のデトックスに向いているとも言われます。

こんな新月の夜には入浴時に、天然塩などをお風呂に入れると
入浴時に「からだのゴミ」が出しやすくなります。

さらに夕食を断食状態で、1%くらいの塩浴すると
さらにデトックスの効果も高まりより「からだのゴミ」を出すことができます。

現代の食生活では、どうしても完全に避けることが難しい食品添加物や農薬、
皮膚から吸収されてしまった毛染めなどの経皮毒を排泄しておくのにオススメです!

漢方の基本の陰陽五行から考えると「水」も「塩」も、「腎」を強化すると言われています。
またその「腎」は「骨」「髪」「耳」「脳」などを司っていると言われます。
骨粗しょう症や脱毛、耳が遠い、健忘の方などは
新月の塩浴など「腎」の強化に努めるのも大切な養生のひとつでしょう。

まとめ

からだの「浄化」「解毒」などに最適な新月の日は、
タバコやコーヒー、甘いもの、アルコールなどをやめても、
危難症状があまり強く出ないとも考えられるので、
嗜好品を絶つのにも良いタイミングと言えそうです。
もし止めるか迷われている方やダイエットをいつ始めるかお悩みの方は
新月の夜から始めてみるのも良いでしょう。

 

 

The following two tabs change content below.
乾 康彦

乾 康彦

国際中医専門員イヌイ薬局
1957年1月6日大阪生まれ 慶応義塾大学理学部数学家卒業。
鳥取で大型ドラッグストア兼調剤薬局、相談薬局を5店舗経営。1990年より薬局の店頭で根本治療にふさわしい漢方による相談を始める。
2006年に中国で漢方の専門家として認められる国際中医師(現:国際中医専門員)認定証を取得。
生理不順、不妊、皮膚病、糖尿病、生活習慣病、ダイエット、便秘などの店頭相談は、5万件を超える。
「治療よりも予防 予防よりも養生」の思いを大切に、最近では忙しい現代人が安心安全に使える食材やスキンケア製品・「養麗(ヨウレイ)」シリーズの開発提供も行っている。http://atopy-druginui.jp

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket