*

秋にオススメの食養生レシピ「白菜のロール蒸し」

8月24日ブログ画像

3万件以上の相談から薬剤師がお肌のことを徹底的に考え開発したオールインワンゲルクリーム

皆さん、おはようございます。
鳥取・イヌイ薬局のコナンこと社長の乾 康彦です。

今日は少し早いけど秋にオススメ
養生レシピ「白菜のロール蒸し」をご紹介します!

秋におすすめ食材・白菜で薬膳

日本ではロールキャベツが馴染んでいますが、
白菜のロール巻きってあまり聞いたことがないかもしれません。
昔から中国の東北地方では秋から春までお客さんを招待するために、
よく食べる温かい家庭料理です。旧正月などにもふるまわれるそうです。

蒸すという調理方法で白菜の甘さを十分に引き出します。
そして豚肉の旨みがスープの中に落ちるので熱々のうちに、
スープを飲むのも一つの楽しみです。

白菜はカロリーが低く、ビタミンCやミネラルのカリウム、
(塩分を排泄して、塩を過剰に取ることを軽減する)。
マグネシウムが豊富で、消化しやすく食物繊維が豊富で
美肌効果、風邪の予防、便秘の改善、利尿作用などがあると言われています。

また動脈硬化、癌などの予防にも良さそうです。
旬の時期は11月から2月頃なので少し早いですが、
秋の乾燥の養生にもオススメの食材なので、
秋口から11月に向けて少しずつ摂取していけると良いでしょう。

(白菜のロール蒸し:2人前)
材料: 白菜1/4株、葉っぱの多い白菜がよい、豚肉ミンチ200 g 、
長葱10cm 、生姜2枚、醤油大さじ1、料理酒大さじ2、
味醂大さじ1、鶏ガラ粉スープ大さじ2、
塩小さじ半分~小さじ1弱、サラダ油大さじ2。

(作り方はコチラ!)

①白菜を湯通して柔らかくした後、水で冷まして
さらに茎の根元部分から包丁を入れて2枚に裂く。

②生姜、葱をみじん切り、豚肉ミンチ、醤油、塩、味醂、水、
お酒、鶏ガラ粉スープと一緒に、一方方向にトロトロになるまでよく混ぜ、
最後にサラダ油を入れましょう。

③裂いた白菜を20cmの長さで切リ、ミンチを包み、
大きなボールやどんぶりに入れて、蒸し器で15分ぐらい蒸します。
蒸しあがったら、お皿に並べて、出来上がりです。

まとめ

秋は乾燥の季節です。からだの中からも日々の食材で潤いを与えておくのが
秋の養生の大きなポイントのひとつ。
その意味でも、白菜を上手に摂取しておくのはとても良いことでしょう。

 

The following two tabs change content below.
乾 康彦

乾 康彦

国際中医専門員イヌイ薬局
1957年1月6日大阪生まれ 慶応義塾大学理学部数学家卒業。
鳥取で大型ドラッグストア兼調剤薬局、相談薬局を5店舗経営。1990年より薬局の店頭で根本治療にふさわしい漢方による相談を始める。
2006年に中国で漢方の専門家として認められる国際中医師(現:国際中医専門員)認定証を取得。
生理不順、不妊、皮膚病、糖尿病、生活習慣病、ダイエット、便秘などの店頭相談は、5万件を超える。
「治療よりも予防 予防よりも養生」の思いを大切に、最近では忙しい現代人が安心安全に使える食材やスキンケア製品・「養麗(ヨウレイ)」シリーズの開発提供も行っている。http://atopy-druginui.jp

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
アトピー性皮膚炎と食事・・小豆

こんばんは、 鳥取で創業90年のイヌイ薬局で、アトピー性皮膚炎などの

アトピー跡は消える?消えない・・・肌は毎日生まれ変わっています

アトピー跡は消えるの?消えないの?・・・肌は毎日生まれ変わっています。

健康も金運もアップする「寒卵(カンタマゴ)」

今日はいいよ大寒で、一年で一番寒さが予想される日です。先週は、大寒を前

初売り2017年は新年のうれしいご報告

あけましておめでとうございます。 今年も1月2日の昨日から、イヌ

アトピーのお子さんのお誕生日ケーキって

あけまして、おめでとうございます。 昨年もたくさんの不妊症や皮膚