*

様々な不調の原因になる低体温の改善と養生

9月4日ブログ画像

3万件以上の相談から薬剤師がお肌のことを徹底的に考え開発したオールインワンゲルクリーム

皆さん、こんにちは。鳥取・イヌイ薬局のコナンこと社長の乾 康彦です。

これから本格的に寒くなっていくと、代謝も悪くなっていきがちです。
低代謝の大きな要因のひとつ、低体温にも気をつけたいものです。

今日は低体温の原因と改善について。

こんなことに要注意!低体温になりやすい生活習慣

人の体温は基本的に36度以上で正常と言われています。
でもお話を伺うと35度台の方もけっこう多いようです。

体温が低いということは、からだのなかの酵素が働かないので
さまざまな機能低下を起こしてしまいます。

脂肪分解する酵素も働きにくくなる ためにの太りやすくなったり
整理のリズムが整わずに不妊症などにもつながります。
ダイエットやアトピー性皮膚炎、アレルギーの改善が
なかなかうまくいかない方も低体温の方が多いようです。

低体温の原因としては、

1、冷たい食品の食べ過ぎ、砂糖など身体を冷やすものの食べすぎ

2、運動不足など筋肉を使う機会が減って体熱がしっかり生産されない

3、冷暖房の使い過ぎでからだの体温調整センサーが上手に働かない

といったことに気をつけたいものです。

こういった日々の生活習慣の積み重ねが原因になるのです。
もちろん、その逆も同じことが言えます。
低体温の改善には食事など毎日の積み重ねを大切にしましょう!

低体温の改善に大切なタンパク質

体温を上げるのにまず大事なのがたんぱく質をしっかり摂取すること。
たんぱく質は、お肉や豆類に多く含まれますが、
植物の種子を食用とする食材として麦、米、とうもろこし、
雑穀といわれるキビ、ヒエ、アワ、モロコシなどにも豊富に含まれてます。

玄米など未精白の穀物を積極的に摂りましょう。
また、お味噌汁などの味噌料理を毎日食べておきたいものです。
また低体温の解消・代謝のアップには、ミネラルやアミノ酸も重宝したいものです。

アミノ酸の摂取は大豆とかつお節、ミネラルも昆布など海藻類から
しっかり摂取しましょう。
アミノ酸は他にもさんまや、かつお・まぐろなど魚類、豚肉・鶏もも
など肉類や海藻類、玄米やナッツなど比較的いろんなものから摂取できます。
なので、バランスの良い食事を心がけるだけで意外と摂取しやすいかもしれません。

逆にからだを冷やす 砂糖、果物、夏野菜、水分の多いものなどは控えめに。
もちろん季節的にもからだを冷やす食事は量に気をつけたいです。
また、低体温の状態で動物性食品を食べるということは、
そもそも消化されにくいたんぱく質や脂肪が
さらに不消化を招き疲労物質を残してしまいますので、
体温が上がってからお楽しみ頂くのが良いでしょう。

まとめ

どちらにしても、これからの寒い時期に、
からだは冷やしておきたくないものです。
低体温でさらに冷えてしまってはなおさら不調を助長してしまいます。

低体温の改善は36.5度を一つの目安として、日々の養生から
根本的な改善を目指しましょう!

The following two tabs change content below.
乾 康彦

乾 康彦

国際中医専門員イヌイ薬局
1957年1月6日大阪生まれ 慶応義塾大学理学部数学家卒業。
鳥取で大型ドラッグストア兼調剤薬局、相談薬局を5店舗経営。1990年より薬局の店頭で根本治療にふさわしい漢方による相談を始める。
2006年に中国で漢方の専門家として認められる国際中医師(現:国際中医専門員)認定証を取得。
生理不順、不妊、皮膚病、糖尿病、生活習慣病、ダイエット、便秘などの店頭相談は、5万件を超える。
「治療よりも予防 予防よりも養生」の思いを大切に、最近では忙しい現代人が安心安全に使える食材やスキンケア製品・「養麗(ヨウレイ)」シリーズの開発提供も行っている。http://atopy-druginui.jp

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
日焼け止めを塗る前に保湿すると良いのはご存知ですか?

鳥取県のイヌイ薬局の勝原です。 5月になり、日差しも強くなりましたが

ゴールデンウイークの後からのお肌のくすみとその原因

  目次 五月の紫外線 「潤う」とは

まさに今なんとなく調子が悪い・・・それって五月病かも!?

こんにちは。イヌイ薬局の大谷です。 5月も中盤を過ぎこれから夏に向

母の日のプレゼントされましたか?

昨日は母の日でしたね。日頃お世話になっている、お母さんに感謝の気持ちを

中医学で考えるアトピー性皮膚炎の原因

あけましておめでとうございます。 昨年もアトピー性皮膚炎、不妊症など