*

アトピー性皮膚炎に使うステロイド軟膏のランク分け

9月20日ブログ画像

3万件以上の相談から薬剤師がお肌のことを徹底的に考え開発したオールインワンゲルクリーム

皆さん、こんにちは。イヌイ薬局の乾 康彦です。

お客様から皮膚病のご相談を頂く中で、
よく聞かれる「ステロイド軟膏」の使用について。

ステロイド軟膏と一口に言っても、成分によってランク分けされていたり、
処方されるおくすりもいろいろあります。

今日はステロイドの強さとそれぞれのランクに属する
ステロイド軟膏の名前についてお伝えしたいと思います。

ステロイド軟膏のランク分けと製品名

ステロイドは作用が強い順に

1群:Strongest(ストロンゲスト)

医療機関で処方される代表的な外用薬として、

デルモベート、ジフラール、ダイアコート

などがあります。

2群:Very Strong(ベリーストロング)

医療機関で処方される代表的な外用薬は

フルメタ、リンデロン、リンデロンDP、ネリゾナ、トプシム、アンテベート、バンデル

など

3群:Strong(ストロング)

医療機関で処方される代表的な外用薬は

メサデルム、リンデロンV、ボアラ、プロパデルムフルコート、エクラー

など

4群:Medium(ミディアム)、Mild(マイルド)

医療機関で処方される代表的な外用薬は

リドメックス、アルメタ、ロコイド、キンダベート

など

5群:Weak(ウィーク)

医療機関で処方される代表的な外用薬は

プレドニゾロン

です。

市販のものは第3群より強い物は販売されていませんが
最近では作用がある程度、強くても副作用の少ない
アンテドラッグと呼ばれるステロイド軟膏も登場してきました。

いずれにしてもステロイド軟膏を選ぶときは、
薬剤師や登録販売者などに相談しながら選びましょう。

ステロイド軟膏を使用する時には・・・

ステロイド軟膏は強い抗炎症作用があるので、
アトピーや慢性的な湿疹の場合で炎症やそれによるかゆみが強い時には、
すばやく症状を抑えます。

ただし、慢性的なアトピー性皮膚炎のように
長期間、連続的に塗り続ける場合には注意が必要です。

本来、からだの中の副腎から分泌されるはずのホルモンを
外から塗り続けるわけなので、ステロイドを塗布しなければ症状が再発しやすくなる
という悪循環になってしまうことがあるからです。

また副作用として

・皮膚の炎症がおさまりにくくなる ・皮膚の赤味が強くなる

・顔がむくんで丸くなる ・塗布部分の皮膚が薄くなったり委縮する

・塗布部分の皮膚の色素が沈着しやすくなる ・免疫が低下して感染しやすくなる

などが起こることもあるので注意しておきましょう!

ステロイド軟膏を使う時のポイントは

・使用範囲

・使用期間

・使用量

に気をつけて、
最低限の範囲に、なるべくなら短い期間で、最低限の使用量
を意識しておきましょう。

まとめ

ステロイドの使用を心配して、アトピーなど慢性皮膚炎の痒みや
炎症がひどい皮膚炎に使用しないとかえって症状を悪化させることもあるので、
状況に応じてポイントに気をつけながら使いましょう。

もちろんステロイドに限らず、病気や不調の根本的な改善は、
おくすりはなるべくなら少なくして、毎日の食養生や生活養生が欠かせません。

The following two tabs change content below.
乾 康彦

乾 康彦

国際中医専門員イヌイ薬局
1957年1月6日大阪生まれ 慶応義塾大学理学部数学家卒業。
鳥取で大型ドラッグストア兼調剤薬局、相談薬局を5店舗経営。1990年より薬局の店頭で根本治療にふさわしい漢方による相談を始める。
2006年に中国で漢方の専門家として認められる国際中医師(現:国際中医専門員)認定証を取得。
生理不順、不妊、皮膚病、糖尿病、生活習慣病、ダイエット、便秘などの店頭相談は、5万件を超える。
「治療よりも予防 予防よりも養生」の思いを大切に、最近では忙しい現代人が安心安全に使える食材やスキンケア製品・「養麗(ヨウレイ)」シリーズの開発提供も行っている。http://atopy-druginui.jp

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
「ジュクジュクアトピー」の方が気を付けたい梅雨時の食事と漢方

「ジュクジュクアトピー」に見る食事と漢方 梅雨時の不調の予防に

アトピーの漢方と食事・・・緑豆

こんばんは、 鳥取で創業90年のイヌイ薬局で、アトピー性皮膚

アトピーの食事と漢方・・・毒殺から救った「緑豆」

  こんばんは、 鳥取で創業90年のイヌイ薬

ダイエットは正しく食べること・・・ナッツの効用

こんにちは アトピー性皮膚炎などの皮膚トラブルを原因から考えて食

卵は一日いくつまで?・・元ミスユニバース公式栄養コーチ・エリカ・アンギャルさんの卵とダイエット調査から

グルテンフリー 甘麹ガトーショコラこんばんは、 鳥取で創業90年