*

アトピーの漢方相談の気づきから・・・花は観手に咲く

IMG_2558

花は観手に咲く

こんばんは、 鳥取県にあるイヌイ薬局 アトピー性皮膚炎アドバイザーの乾(いぬい)です。アトピー性皮膚炎などの皮膚トラブルを原因から考えて食事や漢方のお薬,スキンケアで完全な改善を目指しています。私の薬局に来局いただく毎年1000件以上のアトピー相談のなかで気がついたことを、このブログで詳しくお伝えします。

3万件以上の相談から薬剤師がお肌のことを徹底的に考え開発したオールインワンゲルクリーム

中医学の全国大会での気づき

先週はシルバーウィークでした。連休ということでお出かけの方も多かったと思います。私たちが中医学を学ぶ、日本中医薬研究会の全国大会がこのシルバーウィークの9月20日21日と神戸ポートピアホテルで行われ、中医学の学術的な知識や中医学にふさわしいマーケティングやカウンセラーについて500名を超える会員のみんなと学びました。 私も、マーケティング担当の理事として、3人の漢方相談薬局の若手の先生方とのパネルディスカッションのMCとしてお話を伺いました。そのお話のなかで、カウンセリングについて気がついたことは、 「花は観手に咲く」 ということです。

カウンセリングも「花は観手に咲く」

マーケティングコンサルタントの藤村正宏先生によれば 「花は観手に咲く。」 というのは能の世界の大家で世阿弥の有名なお言葉。能の世界で、観客が素晴らしく感動することを「花」というそうです。そういったなかで、その舞台が素晴らしいと思うのは能を舞っている役者が決めることではなくて、能を観ている観客がきめることという意味。 今回のディスカッションで思い出したのがこの言葉。こころとからだの悩みを解決する漢方や健康相談のカウンセリングの世界でも全くおなじように 「花は観手に咲きます。」 ということ。  なぜなら カウンセラーに相談に来られるあなたの関心は「自分のこころや身体の悩み。」です。カウンセリングを行うカウンセラーがどんなに豊富な知識を持っていてもどんなにすばらしい技術を持っていても、薦められたお薬やハーブがどんなに効果的であっても大切なことは、相談に来られたあなたのこころとからだの悩みが改善できると納得できるかどうかということ。 悩みの改善にむけて自信や希望がもてるかどうかということ。 たとえば アトピーの悩みであれば、 何故自分だけアトピーになってしまうの? あなたが適齢期の女性であれば 結婚できるだろうか? とか 妊娠を望むの女性なら アトピーが遺伝しないだろうか? アトピージプシーのお母さんだったとしたら お子さんのアトピーがいつなおるだろうか? などあなた自身か家族のからだやこころの悩みの原因や改善方法についてのみ知りたいハズです。そして、それが現実に経済滝な面や物理的な時間や食事の好みなどのなかで実行できるものかどうかを知りたくなるでしょう。 もしも、 あなたのカウンセラーに圧倒的な中医学の知識があったとしても、専門的でわからなかったり、改善のためのおくすりやハーブなどが法外に高かったり、おくすりが苦すぎて飲めなかったり、食品添加物や防腐剤、界面活性剤などを完璧に避けるなどストイックすぎたりでは、現実的にカウンセリングの意味がないでしょう。 相談される方々の 「こころとからだの悩み」や 職業や地位などの「生活環境」 ひとりひとりの「趣味や嗜好」 などにあわせた対処方法治療方針でなければ意味がありません。

アトピー相談の基本・・Listen Before Speak

 ですから よく、カウンセリングの基本として Listen Before Speak!(しゃべる前に効きなさい。) と言われますが、まず相談するあなたの意向や好み、決意のほどを含めて必要なことを聞き出してくれるカウンセラーでなければいけません。 そして、相談するあなたの体質や症状にあわせた治療方針や改善の方法を提案するのは勿論、好みや能力やガマンの限界、などを詳しく聞いてくれる必要があります。 決して、カウンセラー個人の豊富な知識や一般的な経験をばかりを話してくれても理解できないことのほうが多いでしょう。 アトピー性皮膚炎も9割くらいの方は完全にきれいな肌に戻ることが可能ですが、まずひとりひとりに合わせたお手当、しかも毎日自分のお肌をみるのが楽しくなるようなお手当を提案してくれてあなたのこころに響いた時 「花が観手に咲く。」 でしょう。

まとめ

 一口に、アトピー性皮膚炎といっても原因や症状は千差万別です。また、ひとりひとりができるお手当も十人十色でしょう。アトピーの改善にむけたお手当もひとりひとりに個性に合わせお手当を提案して、あなたを楽しませてくれる「花は観手に咲く。」 ように創意工夫をこらしてくれるカウンセラーを見つけましょう。

The following two tabs change content below.
乾 康彦

乾 康彦

国際中医専門員イヌイ薬局
1957年1月6日大阪生まれ 慶応義塾大学理学部数学家卒業。
鳥取で大型ドラッグストア兼調剤薬局、相談薬局を5店舗経営。1990年より薬局の店頭で根本治療にふさわしい漢方による相談を始める。
2006年に中国で漢方の専門家として認められる国際中医師(現:国際中医専門員)認定証を取得。
生理不順、不妊、皮膚病、糖尿病、生活習慣病、ダイエット、便秘などの店頭相談は、5万件を超える。
「治療よりも予防 予防よりも養生」の思いを大切に、最近では忙しい現代人が安心安全に使える食材やスキンケア製品・「養麗(ヨウレイ)」シリーズの開発提供も行っている。http://atopy-druginui.jp

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
夏に増えてくる水虫のお薬を使う時の2つのポイント

皆さん、こんにちは。イヌイ薬局の大谷 圭吾です。 暑い日増えまし

【40代以下の女性は必読!冬の準備はお早めに ~夏に潜む肌乾燥のワナ~】

おはようございます。オンライン担当のササキです。 山の陰、ここ鳥取に

主婦湿疹の痒み・赤みでお悩みの女性

こんにちは。 鳥取県の漢方薬局イヌイの勝原です。 毎日暑い日が続き

嫌な害虫の対処の仕方

こんにちはイヌイ薬局郡家中央店の樋野です。この時期外や家の周りなどで不

慢性的な痛みの解消には血行改善が欠かせません!

毎日、暑い日が続き汗もよくかく時期になってきましたね。 汗か