*

不妊の漢方相談から・・妊娠にハシカの予防が大切

公開日: : 不妊症

maria

3万件以上の相談から薬剤師がお肌のことを徹底的に考え開発したオールインワンゲルクリーム

星星_周期調節法_logo

 

こんばんは

鳥取にあるイヌイ薬局で、アトピー性皮膚炎などの皮膚トラブルを原因から考え、食事や漢方のお薬,スキンケアで完全な改善を目指すお手伝いをしている、アトピー性皮膚炎アドバイザーの乾(いぬい)です。

私の薬局には毎年1000件以上のアトピーに悩む方が相談に来られます。が、不妊症の相談もアトピーの相談以上に沢山いただいています。今日は、その相談のなかで気がついたことを詳しくお伝えします。

暑かった夏も過ぎ、気温が下がりはじめインフルエンザなどきがかりな季節となりました。

今日は、

「妊娠を希望する女性はハシカなどの感染症予防には是非注意していただきたい。」

というお話です。

ハシカに感染臨月での流産

たとえば、

今年五月に無事妊娠出産されたTさまの例をお伝えします。

生理不順だった旧姓Yさんが、いつでも妊娠できる健康な母体作りをしたいと相談に来局。2年ほどで、いつでも妊娠出来るようなリズムが整い、ほどなくご結婚されて苗字もTさんになられました。結婚後も私たちの薬局で、周期療法を継続してほどなく妊娠されたのですが、臨月の9か月目でハシカにかかってしまい流産を余技なくされてしまいました。

そのあと、懸命の努力も実ってまた妊娠されたのですが再び流産。しかも泡状奇胎(ホウジョウキタイ)といって、泡状に奇した胎児が残ってしまいキチンと処理をしないといけない状態にとなってしまいました。その発見が医療機関のほうで遅れ体調がすぐれず来局されたときにBBT(基礎体温)の異常から受診をおすすめしてやっと発見されました。それでも、つらい思いやつあれきった身体を乗り越えて今年の5月に無事出産され先日、親子三人でお手紙とともに来局してくれました。

もしも、

Tさんが幼少の時にハシカにかかっていたりの予防接種をうけていれば、数年早く第一子を出産されていたと思います。妊娠中にハシカにかかった妊婦さんの流産率はとても高く、妊娠初期では31%にものぼり中期以後でも9%にもなってしまいます。し、またハシカの予防接種のワクチンは、ウィルスの毒性を薄めてつくるため、妊娠び悪影響を及ぼす可能性が高いと言われています。
詳しくは、以下の厚生労働省のホームページを参照ください。

http://medical-today.seesaa.net/article/43434537.html

 

ですから、

感染症に関しては、妊娠してからハシカの予防接種を行うことは好ましくないので、妊娠を希望される場合はハシカに対する免疫に留意しておきましょう。そして、やはり感染症やハシカに限らず母体はいつでも元気いっぱいの状態を保つことが大切です。だって、当然ですが「元気なお子さんは元気なお母さんからしか生まれません。」自身とおこさんの二人分、元気になるつもりで備えましょう。

もし、予防接種をする前に妊娠してしまったら衛益顆粒などの免疫を調整して安産にも、つわりにも役立つ漢方処方で養生しておくことをおすすめします。

 

 

The following two tabs change content below.
乾 康彦

乾 康彦

国際中医専門員イヌイ薬局
1957年1月6日大阪生まれ 慶応義塾大学理学部数学家卒業。
鳥取で大型ドラッグストア兼調剤薬局、相談薬局を5店舗経営。1990年より薬局の店頭で根本治療にふさわしい漢方による相談を始める。
2006年に中国で漢方の専門家として認められる国際中医師(現:国際中医専門員)認定証を取得。
生理不順、不妊、皮膚病、糖尿病、生活習慣病、ダイエット、便秘などの店頭相談は、5万件を超える。
「治療よりも予防 予防よりも養生」の思いを大切に、最近では忙しい現代人が安心安全に使える食材やスキンケア製品・「養麗(ヨウレイ)」シリーズの開発提供も行っている。http://atopy-druginui.jp

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
アトピー性皮膚炎と食事・・小豆

こんばんは、 鳥取で創業90年のイヌイ薬局で、アトピー性皮膚炎などの

アトピー跡は消える?消えない・・・肌は毎日生まれ変わっています

アトピー跡は消えるの?消えないの?・・・肌は毎日生まれ変わっています。

健康も金運もアップする「寒卵(カンタマゴ)」

今日はいいよ大寒で、一年で一番寒さが予想される日です。先週は、大寒を前

初売り2017年は新年のうれしいご報告

あけましておめでとうございます。 今年も1月2日の昨日から、イヌ

アトピーのお子さんのお誕生日ケーキって

あけまして、おめでとうございます。 昨年もたくさんの不妊症や皮膚