爪が浮きやすくなるのは血液不足のサイン?

11月23日ブログ画像

3万件以上の相談から薬剤師がお肌のことを徹底的に考え開発したオールインワンゲルクリーム

皆さん、こんにちは。イヌイ薬局の乾 康彦です。

寒くなってくると爪が割れやすくなるっていう方も、けっこういらっしゃると思います。
こんな時は血液不足がその大きな原因として考えられるのですが、
それ以外にも爪が浮きやすくなったり、剥がれやすくなったりすることもあります。
どちらにしても、爪は血液の状態からの影響を受けやすいという事です。

なので、この寒い時期に爪にサインが表れたら
まずは血液を大切にすることから見直してみましょう。

爪は筋肉の延長で血液が大切!

中医学で、「爪」は「筋肉」の延長と考えられています。
そして、筋肉は「肝の血液=肝血」によって支えられていると考えます。
つまり爪を丈夫にするには結局「肝」と「血」を正すことが根本治療になるという事です。

「肝」の血液を十分に補うことで、健康な爪を取り戻しましょう!
それにしても爪が筋肉の延長なんて事に誰が気がついたのでしょうか?
確かに、血液を補ってあげると、薄い爪の方が普通の爪に戻っていきます。

そしてそんな健康な爪を取り戻す=血液を養うのには
もちろん食事も大切な訳ですが、それとともに気をつけておきたいのが睡眠。
成長ホルモンなどを分泌させる時間(22時)からの睡眠の「質」もとっても大切です。

爪が浮く、爪がはがれやすい、爪が薄いなど
全般的に爪の症状でお悩みの方は、
血液の増える食材緑黄色野菜、牡蠣やレバーなどを
意識的に取り入れながら早寝・早起きを大切にしてみましょう。

ちなみに、血液が豊富で血行も良いのに爪が浮いてるのは、
爪白癬のこともあるので、こちらも注意しておきましょう。

まとめ

やはり寒い時期になると、血液関係の不調のサインはからだに表れやすくなります。
爪だけでなく、髪の毛も血液の余りと言われていたりします。
今の時期に、髪や爪に影響が出てきていたら、
症状が悪化したり、他の不調が出てきてしまう前にお手当しておきましょう!

 

The following two tabs change content below.
乾 康彦

乾 康彦

国際中医専門員イヌイ薬局
1957年1月6日大阪生まれ 慶応義塾大学理学部数学家卒業。
鳥取で大型ドラッグストア兼調剤薬局、相談薬局を5店舗経営。1990年より薬局の店頭で根本治療にふさわしい漢方による相談を始める。
2006年に中国で漢方の専門家として認められる国際中医師(現:国際中医専門員)認定証を取得。
生理不順、不妊、皮膚病、糖尿病、生活習慣病、ダイエット、便秘などの店頭相談は、5万件を超える。
「治療よりも予防 予防よりも養生」の思いを大切に、最近では忙しい現代人が安心安全に使える食材やスキンケア製品・「養麗(ヨウレイ)」シリーズの開発提供も行っている。http://atopy-druginui.jp

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket