*

アトピー・湿疹とカラダからのいろんなサイン!①

8月24日ブログ画像②

3万件以上の相談から薬剤師がお肌のことを徹底的に考え開発したオールインワンゲルクリーム

アトピー性皮膚炎アドバイザー・乾 康彦(いぬい やすひこ)です。

アトピー性皮膚炎や慢性的な湿疹にはからだからの様々なサインが表れます。
以前にもご紹介しましたが、舌の状態というのもその一つです。
もちろん舌の状態以外にもアトピー・湿疹に関わりのある
からだからのサインってたくさんあります。

例えば・・・

口臭は食べ過ぎ・消化不良のサイン

年齢とともに、口臭などが気になり出して、
口臭除去のサプリメントなどを使っているという方もいらっしゃると思います。
これは、食べ過ぎたり、飲みすぎたりしてからだに余った脂肪分や糖分が
舌に噴出してしまうことが大きな原因の一つです。
つまり、これはからだのなかにごみがたまってしまっているから
口臭が出てきているわけでサプリメントなどで口臭を除去しても、
一時的なごまかしにしかならず、なかなか治るものではありません。
これでは、一日中サプリメントやガムに頼らないといけなくなってしまいます。
食べ過ぎから発生したからだに余分なタンパク質・脂肪分・糖分は
「からだのゴミ」となってしまい体に蓄積されていくからです。
からだのなかからキレイにすることが大切です。

食べ過ぎた時はもちろん、胃腸などがもともと弱い方や胃腸が不調になって
消化不良を起こしていれば同じ「からだからのサイン」が表れます。
つまり食べ過ぎ、飲み過ぎに気を付けることはもちろん普段から
胃腸を丈夫にしておくことが大切です。
また、どうしても食べたり、飲んだりが多くなる方には消化を助けてくれる
「晶三仙」などをおすすめしています。

「からだからのサイン」のうちに改善することは病気になったり、
病院からの診断をもらったあとより圧倒的に楽に改善できます。
病気になってからはお薬を飲んだり厳密な食事制限を守らなければなりません。
普段からであれば「腹八分目」と「間食」を減らすことを心掛けることで十分です。

中医学では、豊かな時代になると食べ過ぎから「からだのごみ」=「痰湿(たんしつ)」
が多くなることが予想されていました。
中国では経済・文化的に栄えた唐の時代から研究が盛んに行われていたそうです。
いまがまさにその「豊かな時代」と言えるでしょう。
再び研究が盛り上がっています。

唇の乾燥は胃腸から

今度は唇です。秋は乾燥の季節、外だけでなくからだも乾燥します。
この時期から、唇が乾燥しやすくなりリップクリームが
手放せない方も増えてこられると思います。
こんなかたは体質的に唇が乾燥しやすいといえます。

中医学の考え方の中に「脾胃は肌肉を司り、その華は唇に開く」
というものがあります。これは胃腸などの消化器官は
お肌をコントロールしていてその状態が唇に表れるということを意味しています。

つまり、脾胃が潤っていなければ唇も乾燥の症状が出やすく、
リップクリームを使う回数も増えてしまうことになります。

このタイプの方であればやはりからだを潤すもの

トマト、白菜、ユリ、レンコン、ごま、はちみつ などがオススメの食材です。

漢方では胃腸を元気にする健脾散(けんぴさん)、
サージオイルのサプリメントなどもからだを潤してくれます。

もちろん唇だけでなく、胃腸の調子はお肌そのものに影響が出ます。
お肌の疲れがみえたらスキンケアだけでなくからだのなか(胃腸)から
お手当してみて下さい。

イヌイ薬局ではアトピーの相談を承っております

私たちは約3万件の皮ふ相談をいただき、その多くの方のお悩みを改善してきました。

来店していただき直接ご相談をいただけるのが一番嬉しいのですが、

鳥取までは遠いという方はホームページよりご相談いただくことでもできます。

詳しくはイヌイ薬局のアトピー漢方改善.com▼コチラをご覧くださいませ。

atopy-druginui.jp/

イヌイオススメの食品や日用品・サプリメントは▼ コチラから

www.druginui.net/

まとめ

口臭やくちびるの状態などは、ご自身でもチェックできますので、

まずは、毎朝チェックしてみることから始めてみましょう。

「からだからのサイン」は、自分自身が気づいていない、

からだの状態を早い段階で教えてくれることもたくさんあります。

食事や普段の生活習慣を気を付けることからさまざまな不調や病気から

からだを守って頂くきっかけとなればうれしいです。

イヌイ薬局では「治療より予防、予防より養生」を皆様にお伝えしていきます。

 

 

 

The following two tabs change content below.
乾 康彦

乾 康彦

国際中医専門員イヌイ薬局
1957年1月6日大阪生まれ 慶応義塾大学理学部数学家卒業。
鳥取で大型ドラッグストア兼調剤薬局、相談薬局を5店舗経営。1990年より薬局の店頭で根本治療にふさわしい漢方による相談を始める。
2006年に中国で漢方の専門家として認められる国際中医師(現:国際中医専門員)認定証を取得。
生理不順、不妊、皮膚病、糖尿病、生活習慣病、ダイエット、便秘などの店頭相談は、5万件を超える。
「治療よりも予防 予防よりも養生」の思いを大切に、最近では忙しい現代人が安心安全に使える食材やスキンケア製品・「養麗(ヨウレイ)」シリーズの開発提供も行っている。http://atopy-druginui.jp

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
アトピー性皮膚炎と食事・・小豆

こんばんは、 鳥取で創業90年のイヌイ薬局で、アトピー性皮膚炎などの

アトピー跡は消える?消えない・・・肌は毎日生まれ変わっています

アトピー跡は消えるの?消えないの?・・・肌は毎日生まれ変わっています。

健康も金運もアップする「寒卵(カンタマゴ)」

今日はいいよ大寒で、一年で一番寒さが予想される日です。先週は、大寒を前

初売り2017年は新年のうれしいご報告

あけましておめでとうございます。 今年も1月2日の昨日から、イヌ

アトピーのお子さんのお誕生日ケーキって

あけまして、おめでとうございます。 昨年もたくさんの不妊症や皮膚