アトピー・湿疹とカラダからのいろんなサイン!②

8月25日ブログ画像

3万件以上の相談から薬剤師がお肌のことを徹底的に考え開発したオールインワンゲルクリーム

こんにちは。アトピー性皮膚炎アドバイザー・乾 康彦(いぬい やすひこ)です。
食べ過ぎ・飲み過ぎから起こるからだの様々な不調は、
カラダのどこかにサインが表れます。
もちろんアトピー・湿疹の悪化にもつながってしまいます。
カラダからのサインが出始めた段階で、食事など生活習慣を見直してみましょう。
昨日の続きで、カラダからのいろんなサインをお伝えしたいと思います。

「目やに」もやっぱり食べ過ぎから!

「目やに」もやはり見逃せないカラダからのサインのひとつです。
もちろん細菌感染など眼病からも目やにが出ることはありますが、
この場合は充血、かゆみ、痛みを伴うことが大半です。

もしこれらの症状がない場合は、食べ過ぎが原因と考えらます。
中医学では「肝は目に穴を開く」という言葉があり、
肝臓が疲れていたり食べ過ぎ、飲み過ぎから
肝臓に負担がかかると目にも症状が・・・
つまり「目やに」が出やすくなるという事です。

「目やに」が気になる時は食事の量を減らしたり、
よく噛んでしっかり消化して、お通じにも注意してみて下さい。
特に小さいお子さんのうちは、自分の最適な食事量は当然わかりませんから、
ご家族に気を付けて頂ければと思います。
ちなみに、中国ではこんな時は日常的に山査子(さんざし)が
食べられます。店頭でも、山査子の入った晶三仙(しょうさんせん)
をよくおすすめします。

アトピー・湿疹の改善も便秘の予防も決め手は消化力!

アトピーや湿疹の改善に、消化は欠かせないものです。
「目やに」も「口臭・体臭」も食べ過ぎだけではなく、
消化不良から起こることだって十分考えられます。
また消化不良が続けば、便秘も気になってくるところです。

しっかりとした消化を心がけて以下の5点に気を付けましょう。

①まずは冷たいものはなるべく控えましょう。

②酵素を多く含んだ食材・・・生野菜や味噌、醤油などの発酵食品

③食事はなるべく夜8時までに終わらせましょう。

④完全消化のために、腹八分目を心がけましょう。

⑤一口30回~50回、よく噛んで食べましょう!

太らない体質も美肌も快便も「元気な腸でしっかり消化」からです。

アトピー・湿疹とやっぱり気を付けたい便秘

やはりカラダからの一番わかりやすいサインは「便秘」です。

「カラダのゴミ」がたまると、「カラダからいろんなサイン」が出てきます。
また便秘が続けば、より「カラダのゴミ」がたまりますから悪循環です。
中国でも「長生きには、腸をいつもキレイにしておくこと」
が大切だと昔から言われてきました。

特に、これからは乾燥性の便秘が気になる季節になります。
アトピーの方も便秘があるとなかなか皮膚が改善しにくいです。
便秘の予防・養生について確認してみましょう!

便秘解消 8カ条

①1日三食、腹八分目

②食物繊維、発酵食品を多めに

③動物性脂肪、塩分、糖質は控えめに

④食事以外でも水分は充分補充しましょう

⑤散歩や体操など定期的に運動を

⑥起床時に軽い体操と朝食を

⑦朝食後にはトイレの習慣を

⑧ストレスは溜めない。趣味を持ちましょう。

便秘薬をやめたいと思っている方も毎日すっきりしたいと思っている方もご参考下さい。

イヌイ薬局ではアトピーの相談を承っております

私たちは約3万件の皮ふ相談をいただき、その多くの方のお悩みを改善してきました。

来店していただき直接ご相談をいただけるのが一番嬉しいのですが、

鳥取までは遠いという方はホームページよりご相談いただくことでもできます。

詳しくはイヌイ薬局のアトピー漢方改善.com▼コチラをご覧くださいませ。

atopy-druginui.jp/

イヌイオススメの食品や日用品・サプリメントは▼ コチラから

www.druginui.net/

まとめ

カラダからのサインのあれこれを考えていくと

やはり食事とその消化、排泄がすごく大切だという事がよく分かります。

普段からの食事に気を付けることで毎日の健康、

病気知らずで過ごせるならそれがいちばんです。

カラダからのサインは見逃さず、早めに対処したいものです。

The following two tabs change content below.
乾 康彦

乾 康彦

国際中医専門員イヌイ薬局
1957年1月6日大阪生まれ 慶応義塾大学理学部数学家卒業。
鳥取で大型ドラッグストア兼調剤薬局、相談薬局を5店舗経営。1990年より薬局の店頭で根本治療にふさわしい漢方による相談を始める。
2006年に中国で漢方の専門家として認められる国際中医師(現:国際中医専門員)認定証を取得。
生理不順、不妊、皮膚病、糖尿病、生活習慣病、ダイエット、便秘などの店頭相談は、5万件を超える。
「治療よりも予防 予防よりも養生」の思いを大切に、最近では忙しい現代人が安心安全に使える食材やスキンケア製品・「養麗(ヨウレイ)」シリーズの開発提供も行っている。http://atopy-druginui.jp

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket