*

辰巳芳子先生「いのちのスープ」が届けるもの・・・しじみのスープ

 

3万件以上の相談から薬剤師がお肌のことを徹底的に考え開発したオールインワンゲルクリーム

こんばんは、
鳥取で創業90年のイヌイ薬局で、アトピー性皮膚炎などの皮膚炎を食事や漢方のお薬,スキンケアで根本的な改善のお手伝いをさせていただいているアトピー性皮膚炎アドバイザーの

コナン(conan)こと乾(いぬい)です。

私たちのイヌイ薬局(http://druginui.biz) には毎年1000件以上のアトピーに悩む方が相談に来られます。いつも、そのご相談のなかで気がついたことを、このブログを通じてお伝えしていますが、今日は辰巳芳子先生の「いのちとスープ」教室での講義からお伝えします。

 

2016年3月12日に鎌倉の辰巳先生のご自宅で行われた辰巳芳子先生「いのちとスープ」教室のテーマは

「しじみのポタージュ」と「小松菜のコンソメ」でした。今回は、シジミのポタージュについて講義を思い出しながらお伝えします。

 

人とかかわる神秘

90歳を超えて現役として日本全国でスープの指導をされる辰巳先生にとって、

「ひとと関わることで生きるちからをもらえるので、人間が人間と関わることは一つの神秘です。」

とのお話からはじまりました。そのパワーで今年は4冊の著書を執筆されるとのことですが、この3月1日にさっそく「スープ日乗」が発刊されました。

昨年までの、「いのちのスープ」での講義録となっています。講義のなかでの私の発言も少しだけ掲載いただいています。

では、以下2016年3月12日土曜日の「いのちとスープ」の講義メモです。

 

貝の扱いに学ぶ日常の生き方

しじみは川と海の境目に生息していて、今回の「いのちとスープ」では高知のしじみを使います。貝のなかでも、先日いただいたハマグリはとても上品で、お祝い事には「ハマグリさま」といいたいくらいハマグリがふさわしい。

あらゆる貝の扱いに共通していることは

貝は今とても汚れているので、

貝に直接塩をあてて、汚れを洗い流すために必ず水を流したボールのなかであらうことが大切。その時に水を流しながら行わなければ、また汚れをもどしてしまうし、塩を貝にあてるのではなく手のひらにあてて貝をこすり洗うと3倍の塩が必要になってしまいます。貝の洗い方ひとつとっても、どうすれば、楽に効率的になるのか考えることが大切。

それは日常生活のなかでも、介護などのどの作業をとっても同じで、大変なのはどこが大変なのか効率的な作業方法を分析して効率的に作業を行うことが大切。そのうえで、すこやかに生きるために五感を駆使する必要があります。生きてゆきやすくするために、五感を磨く。50歳を過ぎた女性の美しさは、身につけたものが無いと輝きません。

 

ということで、私が思うにも

 

確かに、磨き上げられた熟年の女性の気づかいには誰もが心の底から心安らぐものがあります。他人の垣根を超えた「磨き上げられた母性」は生けるものすべてを「すこやかに」育むちからを感じます。私のお店では、40歳以上の女性スタッフは「ゴールデンエイジ」と呼んでいて、初潮、妊娠、出産、更年期、閉経を経験し、中医学をはじめとする豊富な知識を身につけた彼女たちは、年配の方々の身体のなやみにも、若い方々の悩みにも対応できる能力と信頼を勝ち得ています。彼女たちが、正しい中医学の知識を身につけ、未熟な「母性」をしっかり支えることが私たちの会社の願いです。そして、男性のスタッフが同等の信頼を勝ち取るにはさらに多くの努力が必要です。

 

 

貝殻に学ぶ人生の宿題について

辰巳芳子先生「いのちとスープ」講義の続きにもどります。

しじみ洗いやニボシやラッキョウの剥き方をご主人とお子さんに宿題としてもらうと、力の入れ方や指のつかい方がうまくなる。ご主人といっしょに剥いてもらうことで、家族が助け合うことを覚えます。

そして、ラッキョウ50粒を何分で洗えて、一日4粒づつ食べると何日でたべてしまうのでしょうか?自分の労働が、何日で消えてしまうのかを、教えることで、お金の使い方を自然に身につける。本当の良い教育は数えられるもので教えると良いのです。すると、どうやったら、生きて行きやすくなるのかを覚える。これが、本当の教育です。だから、親子でラッキョウ剥きをしてください。梅干しでもOKです。一家はどのように助け合うものか。お父さんの出番です。ラッキョウについては、5月30日NHKで辰巳芳子先生の指導による「らっきょうの作り方」放送です。

 

ということで、私が思うにも

確かに、どんなお金もちも、どんなに資産家も、「支出より収入を増やす。」ことを身に着けねばなりません。また、好きなことをするためにはその準備や、下積みがあることも教えなければいけません。テニスが好きでも、テニスの練習だけで生きて行けるのはほんのひと握りです。玉拾いをしたり、審判をしたり、他人の指導をしたりする必要があることを教えることも大切でしょう。特に、おいしい食材やすきな食べ物であれば、こどもたちもお料理の手伝いを通じて生きるすべを覚えやすいでしょう。

 

 

講義にもどって

 

カツオの肉を見た時、牛肉に匹敵すると感じます。血液が即、個体になった気がするので、カツオはローストビーフに匹敵する食材でしょう。これに、ぶっかき氷で冷やした冷たいらっきょうを添えると、ともにひきたつくらいラッキョウは個性的で、立つ瀬があります。

 

 

ミルポアの役目

 

辰巳芳子先の「いのちのスープ」の大きな特徴のひとつ、シジミのスープのミルポアの役目とは・・・貝殻から、栄養をもらうには、ミルポアをあてがって貝殻から栄養をもらう。

まず、火を強くして貝(しじみ)の口を開かせて、ワイン(白)などで臭みをとってセロリとタマネギと人参のミルポアをあてて最低30分煮出して、そのエキスを使います。

ミルポア(セロリ、人参、タマネギ)をあてがうとクセのあるものをおいしく食べることができます。日本には、この役を果たすのはせいぜい葱と生姜しかありませんが、これは醤油と味噌のちからでアクのあるものを食べることができるからからです。日本では、醤油やみそがミルポアの代わりになっているといえます。

水は1lが目安ですが、しじみによって味わいが変わるので水の量は調節してください。料理は風土的なので、しじみのにおい風味はそれぞれです。

さらに、アクをすくってミルポア入れて、都度薬味を変えるといろいろ楽し目ます。しじみにあてる薬味は山椒(木の芽)山椒の葉、花山椒がこのましく、結婚した家庭には柚子の木、山椒の木(梅の木)を用意して花嫁を迎えると良いです。

スープの方は、ミルポア、白コショウ、ローリエ、イタリアンパセリの茎を加え、沸騰したら約25~30分静かに炊き出しします。

また、シジミはスープ以外にもぶつぎりの5cmくらいのネギとシジミのかき揚はとても評判が良いです。

 

シジミ(蜆)を中医学で考える

今回のシジミについて、中医学で考えるシジミ(蜆)の性質は寒といわれ身体の熱を冷まします。五味は鹹と甘で鹹味=塩からい味と甘味を含みます、帰経は肝といって肝臓を中心に補う働きをします。

シジミの食材の性質としては、体内の不要な老廃物の排泄を促し肝の血液を増やし肝機能高めてくれまする

最近では特に、シジミが含む「オルニチン」という成分が注目されていて、「二日酔い」に良いということでお酒の後の「シジミのお味噌汁」が人気です。また、オルニチンはアルギニンなどのアミノ酸と並んで成長ホルモンの分泌を促すと言われています。成長ホルモンは就寝後30分くらいで分泌され、綺麗な肌や筋肉を維持してくれます。特にスポーツや激しい労働されている人や育ち盛りのお子さんには、夕食のスープやお味噌汁として最適と言えます。また、中医学では「春は肝」といって「肝」の不安定な時期なのでこの時期としてタイムリーな講義でした。

 

まとめ

今回は、貝の扱い方を通じて「生き方」を学べた気持ちでした。貝やラッキョウの扱いを、家族で分担することで、お料理の負担が主婦だけに偏らないだけではなく、家族の役割を学べる一石二鳥にも三取りなどにもなる講義でした。「いのちのスープ」講義のなかでの、辰巳先生の含蓄のあるおことばを、「辰巳芳子先生語り継ぐいのちとスープ」としてまとめてみました。以下、ご参考ください。

*辰巳芳子先生語り継ぐいのちとスープ

良いスープは五感を使って磨くこと。生きて行きやすくするために五感を磨く。50歳を過ぎた女性の美しさは、身に着けたものが無いと輝きません。

*辰巳芳子先生語り継ぐいのちとスープ

人間は一生自分に宿題を与え続けること。具体的な宿題で、手足を実際に動かすことが大切。世の中の80%のヒトは自分に与える宿題がわからないでいるけれど、料理は365日宿題を与えてくれる。

*断つも芳子先生語り継ぐいのちとスープ

お父さんと一緒にやると子供は忘れません。こんな共通の経験を通して本当の愛が伝わります。

IMG_5314

 

 

The following two tabs change content below.
乾 康彦

乾 康彦

国際中医専門員イヌイ薬局
1957年1月6日大阪生まれ 慶応義塾大学理学部数学家卒業。
鳥取で大型ドラッグストア兼調剤薬局、相談薬局を5店舗経営。1990年より薬局の店頭で根本治療にふさわしい漢方による相談を始める。
2006年に中国で漢方の専門家として認められる国際中医師(現:国際中医専門員)認定証を取得。
生理不順、不妊、皮膚病、糖尿病、生活習慣病、ダイエット、便秘などの店頭相談は、5万件を超える。
「治療よりも予防 予防よりも養生」の思いを大切に、最近では忙しい現代人が安心安全に使える食材やスキンケア製品・「養麗(ヨウレイ)」シリーズの開発提供も行っている。http://atopy-druginui.jp

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
アトピー性皮膚炎と食事・・小豆

こんばんは、 鳥取で創業90年のイヌイ薬局で、アトピー性皮膚炎などの

アトピー跡は消える?消えない・・・肌は毎日生まれ変わっています

アトピー跡は消えるの?消えないの?・・・肌は毎日生まれ変わっています。

健康も金運もアップする「寒卵(カンタマゴ)」

今日はいいよ大寒で、一年で一番寒さが予想される日です。先週は、大寒を前

初売り2017年は新年のうれしいご報告

あけましておめでとうございます。 今年も1月2日の昨日から、イヌ

アトピーのお子さんのお誕生日ケーキって

あけまして、おめでとうございます。 昨年もたくさんの不妊症や皮膚