今年は猛暑??・・・立夏をむかえて夏の養生のはじまり

全国的に暑かった、昨日は端午の節句と同時に二十四節気の「立夏(リッカ)」もむかえました。新緑が益々ふえて、夏らしい気配が感じられる「立夏」にふさわしい一日だったといえるでしょう。天候不順と言われる昨今ですが、節目節目は二十四節気に沿っているようで、中医学の数千年の智慧「二十四節気」の大切さを実感します。そして、明日7日には新月を迎えます。

3万件以上の相談から薬剤師がお肌のことを徹底的に考え開発したオールインワンゲルクリーム

新しい緑も、新しい生命も、新しい志も益々成長が加速しそうです。

 

夏のつらい症状の原因

でも、こんな夏の時期にきをつけたいのはなんといっても「暑さ」でしょう。中医学では、「暑すぎる」陽気を邪気と考えて「暑邪(ショジャ)」と言っています。

この「暑邪(ショジャ)」によって

夏バテ、

日射病、

夏風邪

胃腸風邪、

全身の倦怠感、

息切れ、

口渇、

喉の渇き、

手足の痺れ、

筋肉痛、

身体のだるさ、

四肢の浮腫

などが、夏に私たちの身体を悩ます病気や症状です。

最近ではこれらの症状の上に重ねて、特に冷房の風を受けると

腰痛、

坐骨神経痛、

膀胱炎、

生理不順

などの症状も見られます。

 

夏の養生の基本

 

これらの「暑邪(ショジャ)」によって引き起こされるさまざまな症状も、発症してしまってからではなかなかつらいものがあります。やはり、予防することが大切です。夏の養生は「清補(セイホ)」といって、「体内にたまる熱をさましておく。」ことを基本にします。

そのためには、一般的に

1番目はなんといっても早寝早起きが大切です。

夜はなるべく早めに寝ることで早寝早起きをして、太陽を嫌わず、こころも物事に怒らないで穏やかに過ごすと身体に不要な熱がたまりにくくなります。

早寝早起きでカッカしないことです。

 

2番目には適度な発汗です。

花が綺麗に咲き誇るように陽気を外で発散して、発汗によって不要な熱を身体のなかにためないようにしましょう。

 

3番目は外出を楽しみましょう。

さながら恋人に惹かれるように外に出るようにして、内にこもる熱をすこしでも発散することを心がけます。暑いからといって、室内にばかりいると身体に不要な熱がこもります。

 

このように夏の旺盛な陽気に応ずることが養生の道です。

 

まとめると

夏は昼の時間が長いので、早起きで陽気を発散して、精神状態を穏やかに保てば健康状態が優れます。

さらに

益気生津(エッキショウシン)といって、気温が高い夏は大量に汗をかくので、体力と水分を損ない易く、気力と体液(津液)を補う養生法が必要となります。

ただ、夏の厚さは悪いことばかりでなく

冬病夏治(トウビョウカジ)といって、中医学では冬にわるkなるような慢性病や冷えなどの陽気不足が原因の病気は、夏の養生によって好転すると考えられています。特に慢性気管支炎や喘息は改善が顕著に現れるので、気温が高く陽気が盛んな夏は、これらの症状で悩む方々は、陽気を充実させて抵抗力を高めるのに最適な季節と言えます。

 

IMG_5902

The following two tabs change content below.
乾 康彦

乾 康彦

国際中医専門員イヌイ薬局
1957年1月6日大阪生まれ 慶応義塾大学理学部数学家卒業。
鳥取で大型ドラッグストア兼調剤薬局、相談薬局を5店舗経営。1990年より薬局の店頭で根本治療にふさわしい漢方による相談を始める。
2006年に中国で漢方の専門家として認められる国際中医師(現:国際中医専門員)認定証を取得。
生理不順、不妊、皮膚病、糖尿病、生活習慣病、ダイエット、便秘などの店頭相談は、5万件を超える。
「治療よりも予防 予防よりも養生」の思いを大切に、最近では忙しい現代人が安心安全に使える食材やスキンケア製品・「養麗(ヨウレイ)」シリーズの開発提供も行っている。http://atopy-druginui.jp

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket