*

スーパーフードに寄せて・・100人の名医より5人のピエロ

スーパーフード

3万件以上の相談から薬剤師がお肌のことを徹底的に考え開発したオールインワンゲルクリーム

 

日本もアメリカもスーパーフードがブームのようです。

代々木上原の名コックさんのお店でも

「メニューにもっとスーパーフードをとりいれて。」

といわれたり、先日、私たちも出展させていただいた2016年健康博覧会でも、ここぞとばかりスーパーフードのブースが多く改めて関心の高さを認識させていただきました。

 

スーパーフードとは

スーパーフードについては

バイブルと言われるデビッド・ウオルフさんの「スーパーフード」(訳:高城剛)

によれば

ビタミン・ミネラル・タンパク質などが効率よく摂取できて低カロリーの食材。

著者のデヴィッド・ウヲルフさんのおすすめが

クコ・カカオ・チアシード・マカ・カムカム・ココナッツ・キヌア・アサイ・スピルリナ・ブロッコリースプラウト・ヘンプ

などです。

 

日本のスーパーフードとチアシード

スーパーフードブームのなかでも最近とくに話題なのが、私の店頭でも飛ぶように売れているのがなんといってもチアシードです。

チアシードについては、何回かTV放映されていますが、基本的にチアというシソ科の植物の種子です。食物繊維を豊富に40%も含みΩ3を中心とした脂肪酸30%タンパク質20%その他ビタミン・ミネラルを豊富に含む食材です。この、栄養の豊富さとバランスがスーパーフードの由縁と思われます。実際スーパーフードのなかでも、クコ、カカオ、チアシード、カムカム、ココナッツ、キヌア、アサイ、ヘンプなどほとんどが種子や果実といえます。

そして、一般的にいってそれだけで生命を育む卵や種子は栄養が豊富でバランスが良くできています。

「種子は完全栄養食」

という視点で、日本の食材に目を向ければいわゆる五穀は栄養バランスに優れていて、多少の優劣はありますが食物繊維以外は遜色のない食材といえるでしょう。

そして中医学では、五穀は季節に応じて

春は麦、夏は黍、季節の変わり目の土用は稗、秋は稲、冬は豆

が適しています。

しかも、チアシードが高温に弱い面もあっておいしく調理しにくい反面、キビ団子、アワおこし、ヒエぜんざいなどたべやすい工夫もあるのは、日本人の食生活の智慧のたまものだと思います。

スーパーフードが万能なわけではありませんが、せっかくのブームを機会に日本のスーパーフードを見直してみましょう。

 

 

もうひとつ、今話題のスーパーフードの共通点は紫外線の強い地方の食材が多く見受けられます。紫外線が強い、高知や熱帯に近い土地柄の食材は紫外線の外から自らの身を守るため抗酸化作用が強い植物が多くなります。現在のスーパーフードは南米地方の食材が多く抗酸化作用が期待できる部分はあります。が、南米の国々の経済政策の一環のようにも見受けられます。

 

何を食べるかよりだれとどんなふうに食べるの?・・100人の名医にまさる5人のピエロ

 

いづれにしても、

「何を食べるか。」も勿論大切ですが

「その食材が安全なのか。」

さらに

「誰と、どんな風に食べるか。」

もとても大切だと思います。

どんなに、栄養豊富でバランスの良い食材でも

「農薬」

「化学肥料」

「遺伝子組み換え」

などの安全性や

「大地のエネルギーを吸収してできたものかどうか。」

など食材のもつ生命力自体が大切です。

また、家族をはじめ自分にとって大切な人の健康を考えるとき

「百人の名医より五人のピエロ。」

ということわざもあります。

目の前で、安心安全の食材で真心こめてくれるお料理なら、世界をにぎわすスーパーフードでも、食卓のまわりに生息する草木の果実や種子でも、心穏やかに笑顔あふれる食事のひと時がすごせればこころもからだも和むでしょう。

最後に参考までにスーパーフードのバイブルによれば

スーパーフードの定義

 

  • 栄養バランスに優れ、一般的な食品より栄養価が高い食品であること。

    あるいは、ある一部の栄養・健康成分が突出して多く含まれる食品であること。

  • 一般的な食品とサプリメントの中間にくるような存在で、

    料理の食材としての用途と健康食品としての用途をあわせもつ。

  • プライマリースーパーフード10
  • スーパーフードの発祥の地であるアメリカ・カナダで、スーパーフードを代表するものとして認知されているもので、日本スーパーフード協会がとくに重要と考えて、優先的に国内で推奨するスーパーフード。

【プライマリースーパーフード10】

・スピルリナ ・マカ ・クコの実(ゴジベリー) ・カカオ

・チアシード ・ココナッツ ・アサイー ・カムカム

・ブロッコリースーパースプラウト ・麻の実(ヘンプ)

 

チアシード以外のスーパーフードについて、は続けてお伝えしてゆきます。

 

 

The following two tabs change content below.
乾 康彦

乾 康彦

国際中医専門員イヌイ薬局
1957年1月6日大阪生まれ 慶応義塾大学理学部数学家卒業。
鳥取で大型ドラッグストア兼調剤薬局、相談薬局を5店舗経営。1990年より薬局の店頭で根本治療にふさわしい漢方による相談を始める。
2006年に中国で漢方の専門家として認められる国際中医師(現:国際中医専門員)認定証を取得。
生理不順、不妊、皮膚病、糖尿病、生活習慣病、ダイエット、便秘などの店頭相談は、5万件を超える。
「治療よりも予防 予防よりも養生」の思いを大切に、最近では忙しい現代人が安心安全に使える食材やスキンケア製品・「養麗(ヨウレイ)」シリーズの開発提供も行っている。http://atopy-druginui.jp

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
「ジュクジュクアトピー」の方が気を付けたい梅雨時の食事と漢方

「ジュクジュクアトピー」に見る食事と漢方 梅雨時の不調の予防に

アトピーの漢方と食事・・・緑豆

こんばんは、 鳥取で創業90年のイヌイ薬局で、アトピー性皮膚

アトピーの食事と漢方・・・毒殺から救った「緑豆」

  こんばんは、 鳥取で創業90年のイヌイ薬

ダイエットは正しく食べること・・・ナッツの効用

こんにちは アトピー性皮膚炎などの皮膚トラブルを原因から考えて食

卵は一日いくつまで?・・元ミスユニバース公式栄養コーチ・エリカ・アンギャルさんの卵とダイエット調査から

グルテンフリー 甘麹ガトーショコラこんばんは、 鳥取で創業90年