*

アトピー肌から美肌のためのスキンケアと漢方(中医美容)

 

3万件以上の相談から薬剤師がお肌のことを徹底的に考え開発したオールインワンゲルクリーム

こんばんは、
鳥取で創業90年のイヌイ薬局で、アトピー性皮膚炎や不妊症などの女性のトラブルを食事や漢方のお薬,スキンケアで根本的な改善のお手伝いをしているアトピー性皮膚炎アドバイザーのコナン(conan)こと乾(いぬい)です。

私たちのイヌイ薬局(http://druginui.biz/)には毎年1000件以上のアトピーに悩む方が相談に来られます。その相談のなかで気がついたことを、このブログで詳しくお伝えしています。

 

☆アトピー肌のお化粧

今日は、アトピーの方のお化粧について。

勿論、アトピーの症状があるときはお化粧はしないで素顔のままが好ましいのですが、女性の場合は難しいケースが多いようです。特に、人前でお話や講義をしたり、接客業の女性にとっては素顔で人前に出ることもはばかられる方が多く、ましてアトピーの赤い肌などの状態のまま人前に出るのはとても湯鬱で

「日曜日の夕方になると、お化粧できないことがストレスとなって症状が悪化する。」

というご意見をたくさんいただきました。

また、最初のカウンセリングでも

「いつからお化粧しても、お良いですか?」

などの質問もよくいただきます。そんな事情から、養麗潤というアルコール、香料、着色料などを含まずお肌に負担をかけないオールインワンのスキンケアを開発しました。

お肌に負担をかけないためにも、お化粧自体は極力薄くしていただいたり、オフにはなるべく素顔のままですごしていただきたいのは当然ですが、今日は、お化粧品のお話ではなくて、メイク小物にも気をつかっていただきたいというお話です。

 

☆お肌もメイクブラシも清潔に

本来今日のお話は、

アトピーの方がお化粧する時にかぎることではないのですが、

メイク小物のなかでも、チークブラシ、リップブラシ、スポンジなどのメイク小物について、こちらもできるだけ清潔をたもっていただきたいものです。

アトピー性皮膚炎の肌の方の8割には常在菌や真菌が存在しているといわれ、本来の皮膚炎に加えてこれらの菌による炎症も発生しています。ですから、メイク用のブラシやスポンジなどもこまめに洗浄しておく必要があります。

メイク小物の洗浄には、ドラッグストアや化粧品店で売られている専用ブラシクリーナーをお使いいただくのが理想ですが、一回あたりの単価が比較的高いので、食器用洗剤などで代用するのも一手です。

食器用洗剤でも良いので週に一度くらいの頻度で、ブラシやスポンジを洗浄して清潔を維持しておきたいものです。特にお肌の弱い方は、界面活性剤の少ない洗剤などをえらびましょう。

 

アトピー肌から美肌のために、皮膚ばかりではなくメイク小物も清潔を保っておきましょう。

 

meiku

 

The following two tabs change content below.
乾 康彦

乾 康彦

国際中医専門員イヌイ薬局
1957年1月6日大阪生まれ 慶応義塾大学理学部数学家卒業。
鳥取で大型ドラッグストア兼調剤薬局、相談薬局を5店舗経営。1990年より薬局の店頭で根本治療にふさわしい漢方による相談を始める。
2006年に中国で漢方の専門家として認められる国際中医師(現:国際中医専門員)認定証を取得。
生理不順、不妊、皮膚病、糖尿病、生活習慣病、ダイエット、便秘などの店頭相談は、5万件を超える。
「治療よりも予防 予防よりも養生」の思いを大切に、最近では忙しい現代人が安心安全に使える食材やスキンケア製品・「養麗(ヨウレイ)」シリーズの開発提供も行っている。http://atopy-druginui.jp

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
「ジュクジュクアトピー」の方が気を付けたい梅雨時の食事と漢方

「ジュクジュクアトピー」に見る食事と漢方 梅雨時の不調の予防に

アトピーの漢方と食事・・・緑豆

こんばんは、 鳥取で創業90年のイヌイ薬局で、アトピー性皮膚

アトピーの食事と漢方・・・毒殺から救った「緑豆」

  こんばんは、 鳥取で創業90年のイヌイ薬

ダイエットは正しく食べること・・・ナッツの効用

こんにちは アトピー性皮膚炎などの皮膚トラブルを原因から考えて食

卵は一日いくつまで?・・元ミスユニバース公式栄養コーチ・エリカ・アンギャルさんの卵とダイエット調査から

グルテンフリー 甘麹ガトーショコラこんばんは、 鳥取で創業90年