*

美髪のための食事と漢方・・おじぎをしても、振り返っても安心

今年は「処暑」を過ぎたというのに。まだまだ暑い日が続きます。

3万件以上の相談から薬剤師がお肌のことを徹底的に考え開発したオールインワンゲルクリーム

こんにちは、

鳥取で創業90年のイヌイ薬局で、アトピー性皮膚炎などの皮膚トラブルを食事と漢方とスキンケアで

アトピーはだから美肌を目指す

アトピー漢方アドバイザーのコナン(conan)こと乾(いぬい)です。

私たちのイヌイ薬局(http://druginui.biz/)には毎年1000件以上のアトピーに悩む方が相談に来られます。
今日は、肌ではなくて「髪」についてお伝えします。

 

秋の「髪」は夏の間に浴びた紫外線や秋の乾燥などでトラブルがおきやすい時期です。古くから「髪は女の命」などといわれていたにもかかわらず、お顔のスキンケアやボディケアに比べておざなりにされているのが「髪」ではないでしょうか?

「髪」について、中医学の古くからの諺では

「腎(ジン)の華(ハナ)は髪に開く。」

「髪は血余(ケツヨ)。」

などと言われてきました。

中医学でいう「腎」の役割は

「骨を司り、髄を生じその余りが脳となる。腎の華は髪に開く。」

といわれ、意味は

臓器としての腎臓を含め、「排泄」「生殖」「骨の成長」「脳」「髪」の機能を司る器官で、腎の状態=華(ハナ)は、髪に開く=現れると考えています。

ですから、「腎」が丈夫だと髪はフサフサでしていて、骨が丈夫で、脳も充実していることになります。逆に、黒髪の美しい女性は「生殖の能力」が高く「頭脳も明晰」で「長生き」できることになります。

白髪の一本に一喜一憂される女性は多いようですが、これは「腎」の潤い(腎陰)が減少してきた大切な「カラダからのサイン」なので、身体の潤い不足から生じる「ホテリ」、乾燥肌、不眠などにつながります。

脱毛の多さに大騒ぎされる方も多いようですが、こちらは「腎」の機能(腎陽)が衰え始めた「からだからのサイン」ですので、

身体の冷え、

足腰の弱りや痛み、

頻尿

などにつながります。ですから、確かに「白髪」「脱毛」の一本でも大騒ぎに値することですが、落ち着いて必要な「「補腎」=「腎を補い」を行うことが大切です。漢方のお薬では、山薬(サンヤク)や地黄(ジオウ)などの生薬を配合した補腎薬と呼ばれるお薬が使われます。「女の髪は命。」ですが、勿論男性も同様に髪が綺麗であれば長寿です。

 

また、髪のツヤや太さについて頭皮は髪の毛の土壌と考え、髪の土壌としての頭皮は血によって養われると考えています。パサパサの髪や細い髪は血不足が原因と考え、美しい髪を維持するためには

良質な血液(血液の質)

豊富な血液(血液の量)

十分にめぐっている(血液の流れ)

ことが大切です。

漢方のお薬では、当帰(トウキ)や阿膠(アキョウ)などの生薬を配合した補血剤(ホケツザイ)と呼ばれるお薬が使われます。

美髪のための生活養生や食材として

・刺激物や甘いものを控えめにして

・頭皮を清潔に保ち

・血流改善のマッサージやブラッシング

・クルミ、黒ゴマ、クコ、レバーなどの食材を積極的に摂取したいものです。

 

とくに、クルミは中医学では胡桃仁(コトウニン)と呼ばれ、

身体をあたため、

「腎」を補い

「肺と腸」を潤す

とされています。足腰を丈夫に保ち、老人などに多い乾燥性の便秘体質をやわらげます。また、形が脳に似ていることから頭脳の働きを向上させると言われています。「美髪」だけではなく、高齢の方々には大切な食材です。

美髪のためには、やはり「腎」を補う代表的な食材の黒ゴマと組み合わせて用いられます。

1日25g=片手半分くらいを目安にコツコツとお召し上がりください。

「美髪」のためのクルミをつかった薬膳として

核桃仁粥(クルミ粥)

材料

むきくるみ  60g

米      120g

水    適宜

 

1米を洗い、向き胡桃と一緒に鍋に入れ、水を注いで強火にかける。

2に立って来たら火を弱め、フタを少しずらして柔らかくなるまで煮込み

器に盛ります。

 

肺と腎の機能を活発にすることで、体内の水分代謝を調整して

肌はしっとり、髪は黒ごろで呼吸器系の疾患の予防にも。

 

 

 

The following two tabs change content below.
乾 康彦

乾 康彦

国際中医専門員イヌイ薬局
1957年1月6日大阪生まれ 慶応義塾大学理学部数学家卒業。
鳥取で大型ドラッグストア兼調剤薬局、相談薬局を5店舗経営。1990年より薬局の店頭で根本治療にふさわしい漢方による相談を始める。
2006年に中国で漢方の専門家として認められる国際中医師(現:国際中医専門員)認定証を取得。
生理不順、不妊、皮膚病、糖尿病、生活習慣病、ダイエット、便秘などの店頭相談は、5万件を超える。
「治療よりも予防 予防よりも養生」の思いを大切に、最近では忙しい現代人が安心安全に使える食材やスキンケア製品・「養麗(ヨウレイ)」シリーズの開発提供も行っている。http://atopy-druginui.jp

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
風邪・インフルエンザを全力で予防する美味しい食べもの☆

12月に入り、一段と寒さが厳しくなってきましたね。 いかがお過ごしで

乾燥によるアトピー

  こんにちは。 鳥取県の漢方薬局イヌイの勝原です。

寒い季節に「便秘」と「乾燥肌」の関係性

こんにちは。イヌイ薬局の大谷です。 寒い季節になりましたね!

アトピーの方にもおすすめ! 無添加ゲルクリーム

こんにちは。 鳥取県の漢方薬局イヌイの勝原です。 &nbs

身体の中で作れない油 EPA・DHAは脳にも大切な油

台風が過ぎ去って一段と冷えましたね。 体調崩されてはいませんか?