梅雨の時期のジュクジュクアトピーにご注意!

3万件以上の相談から薬剤師がお肌のことを徹底的に考え開発したオールインワンゲルクリーム

6月も半ば、梅雨入りして雨の日も増えている鳥取から。
こんにちは、イヌイ薬局の大谷です。

これからの梅雨の時期には外の湿度が上がると、
体の中の水分代謝も悪くなりやすく、
アトピー性皮膚炎もジュクジュクしやすくなります。

ジュクジュクアトピーの原因となる
「身体の不要で余分な水分」のことを湿(しつ)と言います。

この湿は梅雨という季節によるものとあわせて、
食べすぎや飲みすぎからも溜まってしまいます!

そんな「湿」を溜めない食習慣とスキンケアを大切にしましょう!

梅雨の時期に気をつけたい食べすぎとオススメの食材

適度な甘みは疲れを癒やしてくれます。
また甘みには痛みを緩和させたり、味をまとめたりするという特徴もあります。
でも、必要以上の甘みは余分な水を滞らせてしまう原因にもなるので、
摂り過ぎには注意しておきましょう。

・梅雨の不調の原因「湿邪」を取り除く食材

香りのある物や代謝を上げてくれる辛味の食材は、水の循環を良くしてくれます。
みょうが・大葉・ジャスミンティー・さくらんぼなどがおすすめです。

・余分な水分を発散する食材

体に必要のない悪い水はスムーズに排泄することが大事です
体の余分な水を排泄する方法は、「汗をかくこと」「尿を出すこと」の2つです。
どちらも新陳代謝やデトックスにも必要なことです。
食材の力も借りて、しっかり排泄しましょう。
冬瓜・とうもろこし・金針菜・ハモ・大豆・空豆・小豆などがオススメです。

・食材からからだの水分を補給しましょう

冷たいものの飲みすぎは、胃腸を弱めてしまうこともあります。
野菜からもしっかり潤いをとりましょう。
きゅうり・トマト・ナス・レタス・白菜・豆腐・緑豆・梨・スイカ
などを積極的に摂りましょう。

これから夏にかけて旬の食べ物ばかりですが、
結局、旬のものはその季節に積極的にとることが栄養的にも大切ですし
やはり体にもいいものなのです!

お肌の保湿も大切に!

またジュクジュクが続いた後のお肌は乾燥していることが多いので
やはりスキンケアも大切にしておきましょう!
そして保湿に大切なのは、お肌の水分補給です!

お肌の保湿にはまずは水分を補う事が大切です。
イヌイでは水分が80%以上の養麗潤オールインワンゲルクリームを作ってオススメしています。

まとめ

もちろん梅雨の時期の「湿」からの不調は、アトピーの悪化だけではなく
からだが重だるい、やる気が出ないといった不調、
さらには梅雨の時期の不調はそのまま夏バテなどにも影響しますので
食べすぎ・飲みすぎに注意しながら、上記の食材を積極的に摂ってみて下さい!

The following two tabs change content below.
大谷圭吾

大谷圭吾

イヌイ薬局宮長店店長,医薬品バイヤー,登録販売者イヌイ薬局宮長店
鳥取県の調剤併設ドラッグストア・イヌイ薬局宮長店で店長をしています。 医薬品のバイヤーも兼務しながら、店頭でのご相談、ダイエット・皮膚病の ご相談もお伺いしています。
まだまだ勉強中ですが、『治療よりも予防 予防よりも養生』 の大切さとからだにより良い、よりやさしいものや情報をお伝えしていきたいと思います!

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket