*

猛暑の夏バテ、熱中症予防のおすすめ食材と生活習慣

こんにちは、イヌイ薬局社長の乾です。

3万件以上の相談から薬剤師がお肌のことを徹底的に考え開発したオールインワンゲルクリーム

今日は夏バテ、熱中症予防の養生についてお伝えします。

目次

・夏バテ、熱中症予防の食事と生活習慣

・大麦

・ナス

・味噌

・緑豆

・スイカ

 

夏バテ予防の食事と生活習慣

日本全国大雨のあとは真夏日が続いているようです。そんな夏の特徴は、陽気が旺盛なので暑さと湿度が高くなる季節です。特に、大雨のあとの今の季節は、雨の後の湿気と温度が最も高くなる時期なのでに必要以上に余分な熱や水分を溜めないことが大切です。

食べ過ぎや飲みすぎ、

夜更かしや睡眠不足

は体温が上昇しやすくなります。ので、夏バテ防止、熱中症予防には

腹八分目で

早寝早起きが夏バテしないコツです。

また、こんな時期夏バテをふせいでくれる食材は

大麦、ナス、ミソ、緑豆、スイカ

など身体の余分な熱を取ってくれる食材を意識してみましょう。

 

大麦

 

大麦は、中医学的に

五味=甘鹹、四気=甘、帰経=脾・胃

と考えられ

・体内にこもった熱を冷まし、脾胃の働きを助けるので

   消化不良、ゲップ、胃もたれ、

   口や喉の渇き、胃のむかつき、腹痛、便秘 

   夏の食欲不振、夏バテ防止 にオススメです。

・また、利尿作用があるのでむくみやすい人は上手に利用しましょう。

・脾胃にたまる余分な熱が引き起こす症状の改善に良いので、夏ばて防止には欠かせない食材と言えます。

 

ナス

 

ナスは中医学的には

五味=甘、四気=涼、帰経=脾、胃、大腸

と考えられ 

涼性の性質を持つナスは、夏の暑さをやわらげ

   口や喉の渇き、目の充血、ほてり、イライラなど熱が引き起こす症状にオススメです。

・また、熱による腫れ、痛みを和らげるので、ニキビ、吹き出物に。

・血液の滞りを防ぎ、止血する作用がありノボセによる鼻血や打ち身

の出血にももちいられてきました。歯茎の出血に、ナスの歯磨きもあるようです。

 

胃腸が弱い方はどうしても浮腫みガチになります。ナスには、 

脾胃を整え利尿作用があるので、そんな方の消化不良、ムクミの症状改善に

もオススメです。

「秋ナスは嫁に食わすな。」

といわれるのは、こんなナスの性質から、気温の下がる秋には

身体を冷やしてしまう可能性があるためでしょうか。

 

 

 

味噌

味噌は、中医学では

五味=鹹、四気=寒、帰経=脾・胃・肝・腎

と考えられる食材で

・熱を冷まし炎症を抑える性質があるので、

 発熱、目の充血、ほてり 

などの改善にオススメです。

・また、炎症を抑える作用があり、

 ニキビ、吹き出物など皮膚炎 

などで悩まれる方々もうまく取り入れたい食材です。

・ストレスによる興奮の熱を取り気持ちも冷ましてくれますので、イライラしたと気やカッとなった時にも一息入れていただければよいでしょう。

・そして昔から、味噌は

便秘の解消、宿便の排泄

に良いとされていますついつい食べ過ぎてしまう方は、日々の習慣に取り入れていただきたいものです。

 

緑豆

また、緑豆は「モヤシ」の種子ですが

身体の余分な熱を冷ましたり解毒の作用があるとされ、中国では昔から「緑豆のスープ」は夏の風物詩になるほど愛飲されていました。私のイヌイ薬局でも、この時期人気なのが「緑豆ぜんざい」。解毒の作用もあるので、二日酔いや皮膚炎の方々も日常的にとりいれたい食材です。手軽でおいしい

「緑豆ぜんざい」のレシピは以下参照下さい。

アトピーの漢方と食事・・・緑豆

 

 

 

 

スイカ(西瓜)

中医学で身体にこもった熱を冷ましてくれる代表的な処方に白虎湯(ビャッコトウ)という漢方薬がありますが、スイカは「食べる白虎湯(ビャッコトウ)」といわれるほど身体の熱を冷ましてくれます。皮の部分には、利尿の作用があるので体調に合わせてお楽しみください。私の地元、鳥取産のスイカは砂地で育つために水分を多く含み、アラブでは世界で最もWATERFULL(みずみずしい)と高い評価を頂いています。

 

まとめ

 

今年の夏は猛暑が予想されています。

早寝早起き

腹八分目

に加えて、大麦、ナス、味噌、スイカ、緑豆

うまく生活に取り入れて、元気に夏をお過ごしください。

 

The following two tabs change content below.
乾 康彦

乾 康彦

国際中医専門員イヌイ薬局
1957年1月6日大阪生まれ 慶応義塾大学理学部数学家卒業。
鳥取で大型ドラッグストア兼調剤薬局、相談薬局を5店舗経営。1990年より薬局の店頭で根本治療にふさわしい漢方による相談を始める。
2006年に中国で漢方の専門家として認められる国際中医師(現:国際中医専門員)認定証を取得。
生理不順、不妊、皮膚病、糖尿病、生活習慣病、ダイエット、便秘などの店頭相談は、5万件を超える。
「治療よりも予防 予防よりも養生」の思いを大切に、最近では忙しい現代人が安心安全に使える食材やスキンケア製品・「養麗(ヨウレイ)」シリーズの開発提供も行っている。http://atopy-druginui.jp

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
猛暑の夏バテ、熱中症予防のおすすめ食材と生活習慣

こんにちは、イヌイ薬局社長の乾です。 今日は夏バテ、熱中症予防の養生

暑い季節にも気をつけたい抜け毛・薄毛対策!

皆さん、こんにちは。イヌイ薬局の大谷です。 ますます、暑さが増し

小麦アレルギーの方にも美味しく召し上がっていだだけるショコラあります

おはようございます。イヌイ薬局郡家中央店店長の樋野です。 梅雨明けが

これから増えてくる水虫!その改善3つのポイント

こんにちは。イヌイ薬局の大谷です。 梅雨も間もなく明けますね。日

飲み過ぎたときの対処方法

おはようございます。イヌイ薬局郡家中央店店長の樋野です。 この時期ビ