不妊症 卵子の老化について

 

3万件以上の相談から薬剤師がお肌のことを徹底的に考え開発したオールインワンゲルクリーム

こんにちは、イヌイ薬局の乾康彦です。

不妊のご相談の多い当店ですが、不妊症の原因はたくさんあり

お一人お一人違います。

 

今日は原因の一つ、卵子の老化について。

 

卵子の老化とは

女性の卵子は、もともと300万個前後といわれていますが、そのうち出生時には30万個前後をもって生まれます。そして、その後卵子が新しく使られることなく年齢を重ねるごとに、また排卵のたびに残存卵子は減少してゆきます。ですから、
年齢を重ねるほど卵胞の数が減少するという量的な変化と卵そのものの質が低下する質的変化が起こってきます。残存する卵子の数の目安として抗ミューラー管ホルモン(AMH)の検査があります。

卵子の老化と症状

◆ 卵子の老化と検査数値

卵子の老化を予測する数値として、FSH(卵胞刺激ホルモン)とAMH(抗ミューラー管ホルモン)
などがあります。

◇FSH(卵胞刺激ホルモン)・・・卵を育てる役割のホルモン
卵子が老化して生命力が落ちてくると、なかなか発育しないのでFSH(卵胞刺激ホルモン)が
多量に分泌されるようになります。

◇AMH(抗ミューラー管ホルモン)・・・卵巣にある前胞状卵胞の顆粒膜細胞から分泌されるホルモン
卵巣内に前胞状の卵胞が多ければ多いほどAMH(抗ミューラー管ホルモン)の値は大きくなり,
老化によって少なくなればAMH(抗ミューラー管ホルモン)の値は低くなります。

◆ FSHとAMHを使った卵子の老化予測の方法

〜妊娠率の低下〜

20代の不妊が数%に対して、40代では60%を超えるといわれ、年齢が上がる分だけ
自然妊娠ができる割合は低く妊娠確率が下がってしまいます。

 

〜流産率のアップ〜

流産率は、平均15%、20歳代は10~12%、30歳代は、さらに高くなり20%前後、 40歳代は26%、

45歳以上になると60~70%以上になります。

45歳以上は、染色体異常の関係でどうしても高くなりこの原因が卵子の老化と言われています。

〜目には見えない老化の症状〜

30代後半になると楕円形やいびつな形のものが多くなっていきます。
形の整っていない卵子は、「受精しにくい」「細胞分裂しにくい」「着床しにくい」
ということで、症状のひとつにある妊娠率の低下をまねいてしまいます。

この、卵子の変形は正確には卵胞の変形でとくに卵胞液と呼ばれる卵子の栄養になる、
鶏卵でいえば白身の部分が劣化しやすく、その分卵胞の形がいびつになります。

中医学では、漢方のおくすりや食事によって体液などを補う補陰することで卵胞液の栄養
を補い血流の改善することで卵胞液の劣化を防ぐと考えています。

〜「水もしたたるいい女」と「卵子」〜

卵子の老化は目にみえにくい部分もありますが、「卵」からはエストロゲン(卵胞ホルモン)というホルモンが分泌されます。

この、エストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌量に比例して頸管粘液=オリモノが分泌されます。

ですから、頸管粘液が多ければ「卵子」の質が良いひとつの目安になります。

 

排卵期のオリモノの正体がこの頸管粘液で、卵白のような透明で粘り気のあるものが良質卵の証拠と言えます。

「水もしたたるいい女」は外見が綺麗な女性という意味よりは、この頸管粘液の分泌が多い 「生殖能力」に優れていて、

結果的に元気なお子さんを宿すことができる女性という意味でしょう。

 

〜排卵検査薬について〜

「排卵検査薬で、卵の数がわかるのでしょうか?」ご質問を受けることがあります。

 

排卵検査薬で、あなたの卵巣の中の卵胞の数は、わかりません。

◇排卵検査薬の検査プロセス

①排卵検査薬は、排卵日前に急激に増えるLH(黄体形成ホルモン)を検知します。

②卵胞が大きくなり、排卵直前に、卵胞が大きくなりこのLHが急激に上昇。

一気にピークに達します。これをLHサージと呼びます。

③LHサージが発生すると排卵検査薬に陽性反応が現れます。

④LHサージが発生後、24時間から36時間以内に排卵が起こるといわれています。

 

排卵検査薬でわかるのは、排卵直前のタイミングです。

排卵数がどのくらいか? また卵巣内の卵胞がどのくらいあるのかがわかるものでは、ありません。

しっかりタイミングを図ってくださいね。

卵子の老化と原因

卵子の老化の原因として考えられるのは
1、加齢・年齢による老化
2、子宮や卵巣の病気
3、過剰なストレス
4、生活習慣

卵子の老化にはいろいろな原因・それを加速させる要因が考えられます。
年齢による老化は緩やかにすることはできても、完全に防ぐことはできませんが、
ストレスを減らしたり、生活習慣を変えることはできます。

◆卵子の老化を加速させる生活習慣

☆ 睡眠の質

☆ 喫煙(タバコ)

☆ 偏った食生活・食品添加物

卵子の老化と対処法

いろいろある卵子の老化の原因を考えて、できることがたくさんあります。

老化するのは卵子だけではなく、カラダそのものも老化していきます。

老化を緩やかにする努力、それが卵子の老化の対処法です。

 

生活のリズムを整え、早寝早起き

理想的な就寝時間は22時~23時で、遅くとも0時までには就寝するようにしたいですね。

部屋は真っ暗にし、就寝する1~2時間前からはテレビやパソコン、スマホなど明るいものを見ることは避けましょう。

太陽が昇ると目覚め太陽が沈むと眠るのが自然のリズムと調和しているいちばんいいカラダのサイクルなんです。

 

カラダを冷やすことも、卵子の大敵!

カラダの特に下腹部の冷えは、子宮への血行を妨げます。
薄着・はだしをやめて、できるだけ暖かい服装を心がける。
下腹部全体を腹巻きなどで包みましょう。
下着類は体をしめつけないものを身につけましょう。

 

やはり、タバコは大敵です!

タバコはカラダはいろんな意味でカラダに悪影響を及ぼしますが、どんなに体を 温めても、

タバコを吸っていては全身が血行不良になります。

タバコには数千種類の化学物質が含まれていて、喫煙すると血管が狭くなり、血流が滞ります。

禁煙しても体から煙草の毒性が抜けるには、数ヶ月~数年かかるといわれ、毒性が残っている間は卵子の質もさがります。

 

中医学的には「補陰」と「活血」

中医学では、受精前の「卵子」は「陰」に属しているので「陰」を 補う「補陰」することで卵の質を回復できると考えます。

「陰」は体積など身体の潤いでまた、卵子の栄養源は血液からなので豊富な血液、滞りない血流が多大切です。

漢方のお薬や食事・生活養生をあわせて、身体の潤いを補い血流を改善に心がけましょう。

特に、生活のなかで身体の潤いを補う時間は夜の10時から午前2時頃といわれ、

この時間には睡眠をとることが漢方や食事と合わせてとても大切です。

 

イヌイ薬局ではご相談も承っております。

 

私たちは約3万件の漢方相談をいただき、その多くの方のお悩みを改善してきました。

来店していただき直接ご相談をいただけるのが一番嬉しいのですが、

鳥取は遠いという方はホームページよりご相談いただくことでもできます

こちらから http://www.druginui.jp/category/1869797.html

The following two tabs change content below.
乾 康彦

乾 康彦

国際中医専門員イヌイ薬局
1957年1月6日大阪生まれ 慶応義塾大学理学部数学家卒業。
鳥取で大型ドラッグストア兼調剤薬局、相談薬局を5店舗経営。1990年より薬局の店頭で根本治療にふさわしい漢方による相談を始める。
2006年に中国で漢方の専門家として認められる国際中医師(現:国際中医専門員)認定証を取得。
生理不順、不妊、皮膚病、糖尿病、生活習慣病、ダイエット、便秘などの店頭相談は、5万件を超える。
「治療よりも予防 予防よりも養生」の思いを大切に、最近では忙しい現代人が安心安全に使える食材やスキンケア製品・「養麗(ヨウレイ)」シリーズの開発提供も行っている。http://atopy-druginui.jp

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket