PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)

 

3万件以上の相談から薬剤師がお肌のことを徹底的に考え開発したオールインワンゲルクリーム

こんにちは、イヌイ薬局の乾康彦です。

 

私たちイヌイ薬局店頭でのご相談でもここ近年増加しているのがPCOS(多嚢胞性卵巣症候群)のご相談。

毎年の中国で婦人科の研修をおこなっていますが現在は中国でも増加傾向にあります。

 

PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)

PCOS(多嚢胞性卵巣症候群ではたくさんの「卵」ができてしまいます。

通常の排卵では、5~10個くらいの卵巣内の卵のなかから排卵に向かう「主席卵胞」と呼ばれる

良質の「卵」ができるのですが、PCOS(多膿胞性卵巣症候群)ではこの「主席卵胞」ができなくなくなってしまい、

当然その周期は「排卵しない」ことになります。

 

各国で定義が違いますが日本での医学的な定義は

1.ホルモン検査からの判断

男性ホルモンの値が高いか、LHと呼ばれる黄体刺激ホルモンの値の比率が

卵胞刺激ホルモンと呼ばれるFSHホルモンと比べて高い

 

2.卵巣をエコーで見る視覚的な判断

卵巣のなかにネックレスサインと呼ばれる、必要以上の卵が卵巣周辺部に認められる

 

3.外見からの判断

口ひげ、ニキビ(しつこいニキビ)、声が低いなど男性ホルモンが高いと思われる男性化の症状や、

生理周期が35日以上と長く不定期であったり、無月経になったりするいわゆる生理不順の症状が見られることが多いようです。

 

PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)でやっかいなのは、

◇妊娠はするけれど流産しやすい
◇消えては繰り返すしつこいニキビの原因となる
◇生理痛はないけれど生理周期が安定しない

などの特徴もあってPCOS(多嚢胞性卵巣症候群)が根本的に改善されないと、上記の症状がなかなか消えないことがあります

 

PCOSの症状

自覚症状

◆月経周期が35日以上など長い
◆生理が来たり来なかったり生理不順
◆ニキビが多い、しつこい
◆口ひげや体毛など毛深い
◆肥満気味や急激に体重が増える
◆生理不順・不正出血・無排卵・習慣性流産など婦人科の症状

PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)は不妊症の原因となる以前に、
生理不順、生理出血、無排卵、習慣性流産の原因となってしまいます。

 

PCOSの原因には諸説があり、はっきりとは解明はされていません。

現在のところ、内分泌異常・卵巣の形態的変化・副腎の問題・遺伝子説、あるいは糖代謝の異常などが考えられています

◆内分泌の不調和

視床下部~下垂体~卵巣というホルモン分泌過程の不調和が、多嚢胞性卵巣症候群の原因だと考えられています。

女性が排卵を起こすためには、視床下部、下垂体、卵巣という、それぞれの部位から正常にホルモン分泌が行なわれなければなりません。

PCOSではエストロゲン生産が低下して、アンドロゲン産出が亢進(たかまる)することが特徴です

 

◆adrenarche(アドレナーキ)説

子供が成長する過程で、6~8歳頃から大人になるきっかけとなるホルモンが分泌されるようになります。(アドレナーキ)

このホルモンが思春期を通して過剰に生産されると、多嚢胞性卵巣症候群の原因になると考えられています。

◆遺伝的要因説

X染色体の構造や数に問題があるという報告があります。

実際にPCO患者の姉妹や両親には、極端な多毛や肥満などの遺伝子的要因が見られることもあります。

◆多嚢胞性卵巣と肥満

一般的に肥満女性にはPCOSが多いこと知られていますが、PCOSと診断されない肥満女性にも排卵障害の確率が高いことが報告。

これは肥満が「アンドロゲン」の過剰産出を促進し、排卵率を下げてしまうことが原因と考えられ

PCOSの治療後に妊娠した肥満女性が、流産率がやや高くなることが知られています。

◆インスリン抵抗性

インスリン抵抗性が関与していると以前から考えられています。実際にPCOS患者のインスリン抵抗性を調べてみると、

血糖値や糖代謝に異常があるケースが多いことが報告されています。

血中に高濃度のインスリンが認められると、卵巣でのアンドロゲン生産を促進するとともに、

肝臓では性ホルモン結合グロブリンのが抑制されて、テストステロン(男性ホルモン)の濃度が高まると考えられています。

日本産婦人科学会によってPCOS(多嚢胞性卵巣症候群)の診断基準は明確に分類されていますが、

その原因はひとつではなく複数の原因が重なり合っていると言われています。

 

 

まとめ

PCOSの原因はこのように、たくさんの原因が折り重なっていることが多く

治療も繊細なものになります。

ご相談いただき、適切な処方をすることで、原因を取り除いていきましょう。

鳥取は遠いという方はホームページよりご相談いただくことでもできます

こちらから http://www.druginui.jp/category/1869797.html

The following two tabs change content below.
乾 康彦

乾 康彦

国際中医専門員イヌイ薬局
1957年1月6日大阪生まれ 慶応義塾大学理学部数学家卒業。
鳥取で大型ドラッグストア兼調剤薬局、相談薬局を5店舗経営。1990年より薬局の店頭で根本治療にふさわしい漢方による相談を始める。
2006年に中国で漢方の専門家として認められる国際中医師(現:国際中医専門員)認定証を取得。
生理不順、不妊、皮膚病、糖尿病、生活習慣病、ダイエット、便秘などの店頭相談は、5万件を超える。
「治療よりも予防 予防よりも養生」の思いを大切に、最近では忙しい現代人が安心安全に使える食材やスキンケア製品・「養麗(ヨウレイ)」シリーズの開発提供も行っている。http://atopy-druginui.jp

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket