日本人の身体に合った食事

 

3万件以上の相談から薬剤師がお肌のことを徹底的に考え開発したオールインワンゲルクリーム

皆さん、こんばんは。イヌイ薬局の乾 康彦です。

アトピーにも便秘にもダイエットにも大敵の「からだのゴミ」。

からだにゴミをためない食習慣の為に以前から昆布をオススメしています。

 

食事全体のバランスに考えると、やはり私たち日本人には和食が一番です。

今日は和食をオススメする理由について。

 

世界に認められた日本の食文化

和食は国連教育科学文化機関=ユネスコによって無形世界文化遺産に登録されていますが、

それって日本人の食文化が世界に認められているという事でもありますよね。

お寿司などはアメリカや中国でも以前から人気の食事です。

日本政府は、世界文化遺産として登録される際に、

「四季や地理的多様性による新鮮な山海の幸」

「自然の美しさを表した盛り付け」

「正月や田植えなどとの密接な関係」

など文化性の高さを強調しました。

ご存知の方も多いかもしれませんが、

I‐PHONEで世界的に有名なアップルコンピュータの創業者

スティーブ・ジョブス氏も大の和食好きでアップル本社の食堂も、

アップル直営にして和食中心の運営に変えてしまったというエピソードもあります。、

料理担当のシェフ達は築地で全員蕎麦打ちの修行をしたらしいです。

スティーブ・ジョブス氏の好物は「刺身ソバ」だったそうですが、

おそらく、お刺身と蕎麦のことでしょう。

その一方で、肝心の私たち日本人が和食の素晴らしさを忘れてしまって、

揚げ物やファーストフード、レトルト食に偏りがちになっているのでは?

と感じてしまう時があります・・・。

 

日本で培われてきた食事の文化や伝統は大切です。

その中に私たちのからだにとって大切なものがあるからです。

 

和食をオススメする理由は・・・

とりわけ和食で大切なのは出汁です。

外見からは見えない部分。

そういったところをしっかりと固めることは大切な事と思います。

仕事も同様で準備や下調べがしっかりできていて、いざ本題にとりかかってから

順調に仕事が進むのは誰にとっても気持ちの良いものでしょう。

 

昆布などのだしがしっかり出ていれば、水溶性食物繊維も不溶性食物繊維も抱負なので、

少々食べすぎてもストレートに吸収されることもなく、

逆にアミノ酸などの大切な栄養素も摂取できます。

 

食物繊維は、便秘などの予防にも大切ですし、「からだのゴミ」をためない為にも、

水溶性と不溶性、両方の食物繊維をバランスよく摂れるのが理想です。

私がアトピーや生活習慣病の方にも、玄米ベースの和食をおすすめする理由もそこにあります。

マクロビの基本食も、「玄米」と「味噌汁」と「お漬物」。

栄養的にだけでなく、昆布や茸類は煮干や鰹節などの生臭いにおいも取り除いてくれます。

栄養的にも味覚的にも昆布だしをしっかりひくことで食事の土台ができるので、

あとは好みに応じて好きなものを食べることができます。

 

 

イヌイ薬局ではアトピーの相談を承っております

私たちは約3万件の皮ふ相談をいただき、その多くの方のお悩みを改善してきました。

来店していただき直接ご相談をいただけるのが一番嬉しいのですが、

鳥取までは遠いという方はホームページよりご相談いただくことでもできます。

詳しくはイヌイ薬局のアトピー漢方改善.com▼コチラをご覧くださいませ。

atopy-druginui.jp/

イヌイオススメの食品や日用品・サプリメントは▼ コチラから

www.druginui.net/

 

まとめ

日本を代表するお料理研究家の辰巳芳子先生も、これからは男性も出汁くらいはひけなければいけないと言われています。

ぜひ一度挑戦してみて下さい。

 

The following two tabs change content below.
乾 康彦

乾 康彦

国際中医専門員イヌイ薬局
1957年1月6日大阪生まれ 慶応義塾大学理学部数学家卒業。
鳥取で大型ドラッグストア兼調剤薬局、相談薬局を5店舗経営。1990年より薬局の店頭で根本治療にふさわしい漢方による相談を始める。
2006年に中国で漢方の専門家として認められる国際中医師(現:国際中医専門員)認定証を取得。
生理不順、不妊、皮膚病、糖尿病、生活習慣病、ダイエット、便秘などの店頭相談は、5万件を超える。
「治療よりも予防 予防よりも養生」の思いを大切に、最近では忙しい現代人が安心安全に使える食材やスキンケア製品・「養麗(ヨウレイ)」シリーズの開発提供も行っている。http://atopy-druginui.jp

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket