膀胱炎の治療と予防と養生

3万件以上の相談から薬剤師がお肌のことを徹底的に考え開発したオールインワンゲルクリーム

暑い毎日がつづきますが、この時期以外に沢山いただく相談が

膀胱炎

です。

膀胱炎は、身体の構造上女性に起こりやすい病気で、一度や二度ならず、毎年のようにこの病気で悩まれている方も多く、人によっては繰り返すことが多い病気でもあります。

こんにちは、鳥取で創業93年のイヌイ薬局で漢方のおくすりや食事で不妊症や皮膚炎の根本改善のお手伝いをさせていただいている国際中医師(国際中医専門員)の乾です。

店頭でのご相談で気がついたことを、このブログで皆さんにお伝えしていますが、今日のテーマは膀胱炎です。

 

膀胱炎を繰り返す方の中には、

細菌によって感染する細菌性の膀胱炎の方と

無菌性で抗生物質で治らない「無菌(間質)性膀胱炎」の方

がいらっしゃいます。

まず、細菌性の膀胱炎について
細菌性膀胱炎  
文字どおり膀胱が細菌感染で炎症を起こすのですが、ほとんどが自身の体表にいる大腸菌(8割)クラミジアなどの細菌(常在菌)が、疲労、冷えなどの理由で免疫が低下した時に膀胱の中に入ってしまうことで発病します。

症状は・・・ 

何度もおしっこに行きたくなります「頻尿」
排尿時のジーン、ヒリヒリ感「排尿時の痛み」
残った感じですっきりしない「残尿感」
急におしっこしたい感じ「尿意切迫感」
尿が白く濁る
血液の混じった尿が出る
アンモニア臭が臭くなる
などです。
膀胱炎の原因は 

治療について
原因となる細菌を解消すれば治りますので、西洋医学では抗生物質が良く使われます。が、慢性的な場合や繰り返す場合には中医学の漢方がオススメで、よく使われる処方は
竜胆瀉肝湯、五行草

などになります。

 

予防には!

・冷えや疲労を避けて免疫を維持すること

  • ・尿意を長時間我慢しない
    ・静菌作用のある丁子(チョウジ=クローブ)など配合の入浴液の利用
    ・清潔を心がける・尿中に糖尿病等、尿中にぶどう糖の多い人も膀胱炎になりやすいもので、血糖をコントロールしましょう

など何度も膀胱炎を繰り返す方に参考していただけると幸いです。
膀胱炎など漢方で根本的な改善をご希望の方はこちらの

ご相談専用メールをご利用ください。

http://www.druginui.biz/modules/liaise/co_contact/

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
乾 康彦

乾 康彦

国際中医専門員イヌイ薬局
1957年1月6日大阪生まれ 慶応義塾大学理学部数学家卒業。
鳥取で大型ドラッグストア兼調剤薬局、相談薬局を5店舗経営。1990年より薬局の店頭で根本治療にふさわしい漢方による相談を始める。
2006年に中国で漢方の専門家として認められる国際中医師(現:国際中医専門員)認定証を取得。
生理不順、不妊、皮膚病、糖尿病、生活習慣病、ダイエット、便秘などの店頭相談は、5万件を超える。
「治療よりも予防 予防よりも養生」の思いを大切に、最近では忙しい現代人が安心安全に使える食材やスキンケア製品・「養麗(ヨウレイ)」シリーズの開発提供も行っている。http://atopy-druginui.jp

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket