乾燥肌・ドライスキンの薬膳と漢方・・・百合根・きくらげ・西洋参のお粥

こんばんは

3万件以上の相談から薬剤師がお肌のことを徹底的に考え開発したオールインワンゲルクリーム

1、薬膳と食養生  2.漢方のお薬 3.スキンケア

の3ステップで

アトピー性皮膚炎などのトラブル肌から美肌を目指す、

鳥取で創業93年の国際中医師(国際中医専門員)のコナン(conan)

こと乾(いぬい)です。
私たちのイヌイ薬局(http://www.druginui.biz/)には毎年1000件以上の

アトピーの方が相談に来局されますが、その相談のなかで気がついたことを、このブログで

詳しくお伝えしています。

今日は、秋になっても潤いを保つ

からだの中から潤う「薬膳かゆ」

についてお伝えします。

8月8日ころの立秋を過ぎると

地の気はまだ夏の暑さが残って暑い毎日ですが

天の気は秋にむかいます。

そして、8月23日ころに迎える処暑をすぎると

まだまだ暑い日々が続くものの

目に見えない空気の乾燥が着実に始まります。

そして

暑かった夏のために、身体に残る余分な熱と

目に見えない確実に進む空気の乾燥は

温燥(オンソウ)

と呼ばれる身体を激しく乾かす環境は、おもに

肺、大腸を

激しく乾燥させて

便秘、喘息、乾燥肌、ドライスキンなどの痒み

の引き金になります。

 

一般の方には、わからないかも知れませんが、アトピーのご相談

では、肌トラブルを抱える方々は、立秋を過ぎたころから皮膚の乾燥

を感じられていてハンドクリームや保湿剤を必要とされるようです。

 

古くは中医学では、8月初旬の立秋を境に秋の気配が近づくと考え

秋は、乾燥しやすい季節なので、秋になると、

乾燥肌、喘息

などで悩まされる方が増えることを予想しています。

秋の養生については

秋の養生便秘と咳  http://atopy-druginui.jp/blog/archives/2582

参照ください。

今日は、そんな秋に向かって食べてただきたい

身体を潤し乾燥を予防する薬膳かゆのレシピです。

・秋におすすめ 西洋人参、白(黒)木耳(キクラゲ)と百合根のお粥

材料

お米   50g

白(黒)木耳  10g

百合根  1/2個

西洋人参  15g

クコの実  20g

 

レシピ

1西洋人参15gをコップ4杯(800cc)の水で煎じ1/2の2杯とする。

2木耳(キクラゲ)は水で戻して小さくちぎっておきます。

3百合根の鱗片を一枚づつほぐします。

4鍋に1、2、3を入れて適量の水を加えて粥を炊きます。

*百合根

百合根は、心肺を潤すので、漢方の処方のなかでも、咳止めや不眠、鬱(うつ)病に処方されます。

中医学では、うつ病のことを百合根病(ヒャクゴウビョウ)と呼び百合根(ユリネ)で治療できるとされています。

百合根は12月頃に収穫されますが乾燥した生薬もあります。

*白木耳(シロキクラゲ)

白木耳は肺、腎、胃を潤し熱をさまして血流を促進してくれます。

中国では白木耳も黒木耳もスーパーで簡単に手に入れることができますが、日本では、白木耳が手に入りにくいので

黒木耳でも代用します。

*西洋人参

西洋人参は、世間でポピュラーな朝鮮人参が身体を温めて潤してくれるのに対して、身体を少し冷ましながら潤して

気力を回復させるので、夏バテなどでつかれた時に疲労回復してくれます。

漢方でよく使われる人参が温め血圧を上昇させるのに対して、西洋人参は身体をさますので血圧は安定しやすくなり

心臓にも活力を与えてくれます。

*クコの実

クコの実は、血液を補って乾燥を防いでくれるほか

・化粧品メーカーの資生堂さんがクコの実に含まれる美白効果を発表
・体の酸化を防いだり、生活習慣病の予防と改善、老化や肌トラブル

(シミ・シワ・たるみなど)のアンチエイジングなどに効果的
・視力低下や白内障、緑内障などの予防にも効果的
などといわれ仙人も愛用したと言われています。

安心安全のクコの実 真室茶荘 クコの実500g

はじめにお伝えした通り、8月も23日ころには処暑を迎え残暑が厳しい時期。

通常の肌感覚では秋とは感じられませんが、このころから空気は

少し乾燥しはじめ、アトピーや喘息の方々は肌や気管支の乾燥を訴え始めます。

そして、繰り返しになりますがこの時期の乾燥は

温燥(オンソウ)

といって空気の乾燥が少しづつ進みはじめ、身体は夏にこもった熱のためにが

乾燥しやすくなっているので、乾燥に弱い臓器の肺、大腸が影響を受け、

便秘、ドライスキン、乾燥肌、喘息

などの症状が強くなります。

立秋を過ぎたころから、肺、大腸、そして皮膚を潤す

食材なら

ユリ根、冬瓜、白菜、梨、ハチミツ、レンコン、スッポン

など白い食材

スキンケアなら、80%水分にオールインワンゲル

養麗潤ゲルクリーム

などの水分を補うスキンケアなど

で潤いを確保して、乾燥しやすい秋冬を乗り切っててください。

まとめ

立秋を過ぎたらからだの内側も外側も保湿が大切。

1からだのなかから潤う食材は

ユリ根、冬瓜、白菜、梨、ハチミツ、レンコン、スッポン

など白い食材

2スキンケアで補うのは油ではなくて水分

水分80%のオールインワンゲル 養麗潤ゲルクリーム

などがおすすめです。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

皮膚について漢方の相談はアトピー肌トラブルお悩み相談フォーム

から

アトピーなどトラブル肌から美肌を目指すスキンケアは

養麗潤オールインワンゲルクリーム

安心安全な薬膳素材なら

http://karada-ni-iimono.com/?mode=grp&gid=2003447

ご利用ください。

 

The following two tabs change content below.
乾 康彦

乾 康彦

国際中医専門員イヌイ薬局
1957年1月6日大阪生まれ 慶応義塾大学理学部数学家卒業。
鳥取で大型ドラッグストア兼調剤薬局、相談薬局を5店舗経営。1990年より薬局の店頭で根本治療にふさわしい漢方による相談を始める。
2006年に中国で漢方の専門家として認められる国際中医師(現:国際中医専門員)認定証を取得。
生理不順、不妊、皮膚病、糖尿病、生活習慣病、ダイエット、便秘などの店頭相談は、5万件を超える。
「治療よりも予防 予防よりも養生」の思いを大切に、最近では忙しい現代人が安心安全に使える食材やスキンケア製品・「養麗(ヨウレイ)」シリーズの開発提供も行っている。http://atopy-druginui.jp

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket