NHKあさイチから・・油とオメガ3

こんにちは

3万件以上の相談から薬剤師がお肌のことを徹底的に考え開発したオールインワンゲルクリーム

今日もブログをお読みいただきありがとうございます。

鳥取で、創業九十余年の漢方相談イヌイ薬局のコナン(conan)こと乾(いぬい)です。
私たちのイヌイ薬局(http://www.druginui.biz/)には毎年1000件以上の不妊症やアトピーの方が相談に来局されます。

その相談のなかで気がついたことを、このブログで詳しくお伝えしています。今日は、NHKあさイチの放送から油についてお伝えします。 

〇オメガ3とオメガ6は身体に必要な必須脂肪酸

油というと、とかく悪者になりがちな今日このころですが人間の身体にとって油は

・各種ホルモンの原料になったり

・関節の潤滑油になったり

・細胞膜の保護をしたり

と、とても重要な役割をしています。ただ、過剰に摂取ししてしまった脂肪が身体の健康にとって悪影響を及ぼしてしまいます。

特に、アトピーの方々の肌は非常に乾燥しやすい方が多く見受けられます。アトピー性皮膚炎でも急性期の赤味、痒み。ジュクジュクがおさまって、美肌作りの段階に進まれたら、良質のタンパク質と油=脂肪酸が必要です。元ミスユニアバース日本の栄養コーチをされたエリカ・アンギャルさんも、オリーブオイル、アボガドオイル、アーモンドなどの油は積極的な摂取を、そしてマーガリンなどに代表されるトランス脂肪酸は絶対に避けることオススメ』されています。

(詳しくは 世界一の美女になるダイエット・エリカ・アンギャル著  参照)

ということで、あまずは私たちが普段食事にしている油の分類からお伝えします。

食用油の種類について

食用の油は大きく分けるとまず、主に動物性の飽和脂肪酸(ホウワシボウサン)と不飽和脂肪酸(フホウワシボウサン)の二種類に分かれます。

1、飽和脂肪酸は、動物性の油で多くは、お腹の中で固まってしまいます。植物性の飽和脂肪酸としては、ココナッツオイルがあり最近では脂肪を燃やしてくれるMCTオイルとして注目されています。が、一般に動物性の飽和脂肪酸は身体の中で、固まりやすいので血管にこびりついてしまったりなど健康に様々な悪影響を及ぼすことがあります。

もう一種類の油が

2、不飽和脂肪酸で、

一つめは、オメガ3のαリノレイン酸でたとえば、エゴマ油やアマニ油、青魚の油などがあります。

二つめは、オメガ6のリノール酸では、ゴマ油などが代表です。

三つめは、オメガ9のオレイン酸ではキャノーラ油やオリーブオイルや米油などが代表です。

結局もう一度まとめると、細かくは以下の4タイプに分類されることになります。

1、バターや牛肉、ココナッツオイルなどの脂肪酸で飽和脂肪酸と呼ばれる油

2、オリーブオイルなどのオメガ9と呼ばれる不飽和脂肪酸

3、アマニ油、えごま油、青魚の油などのオメガ3系不飽和脂肪酸

4、マーガリン、コーン油、大豆油、動物性脂肪酸などのオメガ6系不飽和脂肪酸

に分けられます。

このなかで3のアマニ油、えごま油、青魚の油などのオメガ3系と4のマーガリン、コーン油、大豆油などのオメガ6系の脂肪酸は身体の中で作ることができない脂肪酸なので、

必須脂肪酸

と呼ばれ毎日の食事から摂取する必要があります。

〇オメガ9のオリーブオイルを中心に理想の油の比率は?

実際の食生活では、一価の不飽和脂肪酸と呼ばれるオリーブオイルを中心に、オメガ9(Ω9)系統の油を中心に使いましょう。

オメガ6の油が多ければ身体機能は亢進し、オメガ3の油が多ければ身体機能は安定しやすくなります。
代表的なオメガ6は、サラダ油やベニバナ油に多く含まれるリノール酸で、オメガ3の代表はえごま油や亜麻仁油(あまにゆ)に多く含まれるαーリノレン酸です。番組では、オメガ3の油としてサバの缶詰が紹介されていましたが、植物性のものとして手軽にお求めやすいアマニ油やえごま油などもおすすめです。

一日の油の摂取量は50gが理想と言われていますが、このうち5~10g以上はオメガ3のαーリノレン酸を摂ることが健康のためには望ましいといわれています。

〇オメガ3とオメガ6の油オメガ3

最近話題なのが、このオメガ3系の油です。

そして、身体のなかでオメガ3の脂肪酸とオメガ6の脂肪酸のはたらきは、ちょうど、車のブレーキとアクセルのように

・オメガ3(αリノレン酸)の油はブレーキの役割・・・アレルギー抑制、炎症抑制、血管拡張。
・オメガ6(リノール酸)の油はアクセルの役割・・・アレルギー促進、炎症促進、血管凝固。

の役目を果たします。

身体の中ではオメガ3の油とオメガ6の油が拮抗して働きます。最近の日本人の食生活の中では、アクセル役のオメガ6の脂肪酸の比率が高まり、魚の食生活の減少もあってブレーキ役のオメガ3系の脂肪酸の比率が減っています。ハンバーガー、フライドポテト、ファーストフード、カップラーメン、スナック菓子、カレー、ドレッシング、マヨネーズなど欧米化した食事ではオメガ6の油が多く口に入ってしまいます。店頭でいただく相談のなかでもアトピー性皮膚炎などの原因もこんな食習慣にあると思われます。アクセル役のオメガ6も身体には必要な油ですが、上述のように放っておくとオメガ6ばかりを摂取してしまうのが最近の食事の環境です。ですから、漢方のお薬と並行して、これらオメガ6が多い食材を減らしす食養生を守るようにしていただいています。

アトピー性皮膚炎など皮膚炎についての食養生について詳しくは以下のブログ参照下さい。

アトピー・湿疹の食事で大切な5つのポイント(保存版)

を参照下さい。

〇オメガ3とオメガ6の比率

オメガ3の摂取が少なくなり、オメガ6の摂取が増えたといってもオメガ6も身体にとっては、大切な必須脂肪酸です。大切なのはブレーキ役のオメガ3とアクセル役のオメガ6の比率で、一般的に

オメガ3:オメガ6=1:2

の比率が良いとされています。番組でも紹介されていましたが、現代のようにオメガ6が多すぎると血液が固まりやすくなって心筋梗塞や脳梗塞などのリスクや皮膚炎などのリスクが増えます。逆にオメガ3が多すぎると血液が凝固しにくくなって出血が止まらなくなったりしてしまいます。いずれにしても両者のバランスが大切ということになります。

〇アマニ油・エゴマ油のオメガ3が注目されるわけ

オメガ3の油については、

中性脂肪の合成を抑える効果や、

代謝を上げる効果も期待できる

ということで注目されていて、番組でも、小さじ1杯のアマニ油を1か月摂取してもらうと体重が減少したり、コレステロールの値が改善するという結果だったようです。

ただオメガ3の脂肪酸は、冷たい水の中に住む魚の油やアザラシ油、青魚の油、植物ではえごま油やアマニ油などに多く含まれていて熱に弱く酸化しやすいので加熱調理にはむきません。揚げ物や炒め物などのご使用は、南米アマゾンのサチャインチオイルをご利用ください。
また、オメガ3は光にも弱いので保管は冷蔵庫などの冷暗所が好ましく、開封後は1か月をめやすに、なるべく早めに使い切ることが大切です。

アマニ油など安心安全なオイルのお求めは

http://karada-ni-iimono.com/?mode=grp&gid=1471883

〇まとめ

油のなかでオメガ3とオメガ6はブレーキとアクセルの拮抗作用を持ち、

オメガ3はブレーキ役で血液の凝固を防ぎ、炎症を抑制します。

オメガ6はアクセル役で血液を凝固させ、炎症を促進します。

そして、オメガ3とオメガ6は比率が大切でオメガ3:オメガ6=1:2

が理想と言われています。

不足がちなオメガ3の脂肪酸は、熱と光に弱いのでドレッシングなどの利用がおすすめで、加熱調理や避け冷暗所の保存がおすすめです。

 

 

The following two tabs change content below.
乾 康彦

乾 康彦

国際中医専門員イヌイ薬局
1957年1月6日大阪生まれ 慶応義塾大学理学部数学家卒業。
鳥取で大型ドラッグストア兼調剤薬局、相談薬局を5店舗経営。1990年より薬局の店頭で根本治療にふさわしい漢方による相談を始める。
2006年に中国で漢方の専門家として認められる国際中医師(現:国際中医専門員)認定証を取得。
生理不順、不妊、皮膚病、糖尿病、生活習慣病、ダイエット、便秘などの店頭相談は、5万件を超える。
「治療よりも予防 予防よりも養生」の思いを大切に、最近では忙しい現代人が安心安全に使える食材やスキンケア製品・「養麗(ヨウレイ)」シリーズの開発提供も行っている。http://atopy-druginui.jp

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket