大寒卵と寒卵のお知らせ・・・大寒を前に

明日の大寒を前に、暖冬といえども少し寒さの厳しくなった鳥取。やはり大寒は、一年で一番の寒さが予想される時期。今年は、今のところ暖冬のまま推移するようですが、小寒、大寒、立春までの一月の間に鶏が生んだ卵を寒卵(カンタマゴ)といいます。特に、大寒から5日の間に生んだ卵は、金運が上昇するとされています。

3万件以上の相談から薬剤師がお肌のことを徹底的に考え開発したオールインワンゲルクリーム

大寒卵

**寒さ到来と大寒・小寒・養麗卵**

こんにちは、

鳥取で創業90年の漢方相談薬局、イヌイ薬局の乾 康彦です。

2020年は、比較的穏やかな冬を過ごせていますが、小寒(一月六日)を過ぎ「寒の入り」をむかえています。

寒くなると、人間も動物も植物ですら新陳代謝が落ちてきます。

鶏さんたちも例外ではなく、卵を産みにくくなり、卵の育ち方もゆっくりとしたペースになります。そして、卵は小ぶりになるのですがその分卵の栄養が凝縮され、黄身が濃いくなります。この小寒(ショウカン)のころから卵が濃厚となりおいしくなります。

小寒から節分(立春)までにうまれた卵は一年中で一番おいしいので、特に「寒卵(カンタマゴ)」と呼ばれています。

今年の小寒(ショウカン)は一月六日、大寒(ダイカン)は今日一月二十日、節分(立春は四日)は二月三日です。

寒くても、暑くても元気な母鳥から生まれた

養麗卵のおもとめは https://www.druginui.net/products/detail.php?product_id=120

から。

**寒卵と大寒卵**

この小寒から大寒そして節分までにに産卵された卵はおいしく、身体に良いものが凝縮されています。

そしてかつては、大寒のころに野生の鶏は卵を産まなかったので、「大寒の卵」は珍しく縁起が良いとされました。とりわけ運気のなかでも、金運がアップするとされています。

いずれにしても、栄養価が高く希少性もあるので

子供が食べると無病息災、

大人が食べると金運が上がる

とされています。

そして、暦の春の立春の前5日間は

鶏始乳(ニワトリはじめて庭につく。)

といわれ、鶏がまた盛んに卵を生み温めはじめる時期です。長い冬もそろそろ終わりを告げて、新しい春が始まります。

本日

1月19日(日)まで六本木グランドフーズホール様

大寒の

1月20日(月)21日(火)は海老名 マルイ食遊館グロッサリーコーナー食こまち様にて

養麗卵の寒卵の試食を行っています。

栄養が凝縮され一年で一番濃厚と言われる、養麗卵の「寒卵」をイヌイ薬局、中医薬膳研究所卵コンシェルジェの笑顔とともにお楽しみください。

The following two tabs change content below.
乾 康彦

乾 康彦

国際中医専門員イヌイ薬局
1957年1月6日大阪生まれ 慶応義塾大学理学部数学家卒業。
鳥取で大型ドラッグストア兼調剤薬局、相談薬局を5店舗経営。1990年より薬局の店頭で根本治療にふさわしい漢方による相談を始める。
2006年に中国で漢方の専門家として認められる国際中医師(現:国際中医専門員)認定証を取得。
生理不順、不妊、皮膚病、糖尿病、生活習慣病、ダイエット、便秘などの店頭相談は、5万件を超える。
「治療よりも予防 予防よりも養生」の思いを大切に、最近では忙しい現代人が安心安全に使える食材やスキンケア製品・「養麗(ヨウレイ)」シリーズの開発提供も行っている。http://atopy-druginui.jp

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket