アトピーと漢方「痛みも【からだのゴミ】のサイン!?」

11月8日ブログ画像

3万件以上の相談から薬剤師がお肌のことを徹底的に考え開発したオールインワンゲルクリーム

皆さん、こんにちは。
イヌイ薬局・アトピー性皮膚炎アドバイザー・社長の 乾康彦です。

アトピー性皮膚炎の悪化や便秘など様々な不調の原因となる「からだのゴミ」は、
痛みやしびれの原因にもなり、この寒い季節には痛みを悪化させることもあります。

店頭では寒くなった影響から下半身の痛みを訴える方が多くなりました。
とりわけ、痛みが深刻なのがリウマチの方々です。

漢方の基礎となる中医学では、「気」や「血」の通り道のことを経絡(けいらく)といいます。

今日はこの経絡(けいらく)と痛みと「からだのゴミ」の関係についてお伝えします。

痛みやしびれの原因にもなる「からだのゴミ」

この血液や血液などで運ばれる栄養や「からだのゴミ」などの代謝物の通り道・経絡(ケイラク)
が食べすぎや血行不良や冷え、
疲労などによって塞がれてしまうと、痛みやしびれが発生します。

「からだのゴミ」は、皮膚の下にたまれば皮膚病になりますし
血液中にあふれ出せば「生活習慣病」になりますし、経絡(けいらく)にたまれば、
痛みやしびれの原因となってリウマチや通風、神経痛などの原因になります。

リウマチの方々は、どなたもイライラしやすい様に見受けられますが、
痛みのために「イライラ」されているのか、イライラして心身の代謝が悪くなって
リウマチや神経痛などの痛みが引き起こされるのかいつも不思議なくらい皆さんの苛立ちが気になります。

痛みに悩まれる皆様も、なるべくこころ穏やかに過ごされることは大切です。
これからは、気温の上昇と紫外線には注意しておきましょう。

「からだのゴミ」が経絡(ケイラク)にたまるって気や血がうまく巡らないと
「リウマチ」「痛風」「神経痛」などの痛みの原因になります。

めまいやふらつきにも気を付けましょう!

また「からだのゴミ」が経絡(ケイラク)にたまって陽気が
上昇するのを妨げると「めまい」や「ふらつき」、「ふさいだような耳鳴り」などが起こります。

こんな時は、胃腸の機能を回復して気持ちを落ち着ける「温胆湯(うんたんとう)」などの
お薬が有効でよくおすすめしています。

若い方など回復力の旺盛な場合は、
ほんの数回の服用でこれらの症状が「霧が晴れるように」なくなると喜ばれています。

メニエルと診断されたかたがたもとりあえず一回分を携帯していただいて、
「めまい」を感じたらすぐ頓服いただくだけでも喜ばれています。

こんなふうに「からだのゴミ」が原因で起こる症状は、
胃腸機能をしっかり支えることが症状の改善に大切です。

食事や食材も大切ですが、完全消化しやすい食べ方も大切です。

経絡と皮膚の関係

中医学では、人体の基礎となる気血(キケツ)は経絡(ケイラク)の中を通って流れると考えています。
とりわけ血液は、気のちからによって流れると考えられていますから、
どの臓腑にいつごろ気血が行くかの順番決まっていています。

また、病気や邪気も侵入した場合には経絡に沿って流れます。

朝の5時ー7時くらいは、大腸に気血が流れる時間なので、
この時間帯に排泄する習慣をつけておくことは実はとても重要です。

気は上がったり下がったりの、波動を描いて流れてゆくので、
朝排便がしっかりあると次の胃の気が入りやすくなるので、
一日を元気にすごすことができるでしょう。

アトピーの相談の8割ー9割は便秘や下痢の症状があるので経絡の流れからいっても、
やっぱり朝の排泄ってとても大切なのです。

イヌイ薬局ではアトピーの相談を承っております

私たちは約3万件の皮ふ相談をいただき、その多くの方のお悩みを改善してきました。

来店していただき直接ご相談をいただけるのが一番嬉しいのですが、

鳥取までは遠いという方はホームページよりご相談いただくことでもできます。

詳しくはイヌイ薬局のアトピー漢方改善.com▼コチラをご覧くださいませ。

atopy-druginui.jp/

イヌイオススメの食品や日用品・サプリメントは▼ コチラから

www.druginui.net/

まとめ

アトピーの予防も、リウマチなど様々な痛み・しびれも
やはり「からだのゴミ」をためない事。

そのために普段から元気できれいな胃腸にしておきましょう。

 

The following two tabs change content below.
乾 康彦

乾 康彦

国際中医専門員イヌイ薬局
1957年1月6日大阪生まれ 慶応義塾大学理学部数学家卒業。
鳥取で大型ドラッグストア兼調剤薬局、相談薬局を5店舗経営。1990年より薬局の店頭で根本治療にふさわしい漢方による相談を始める。
2006年に中国で漢方の専門家として認められる国際中医師(現:国際中医専門員)認定証を取得。
生理不順、不妊、皮膚病、糖尿病、生活習慣病、ダイエット、便秘などの店頭相談は、5万件を超える。
「治療よりも予防 予防よりも養生」の思いを大切に、最近では忙しい現代人が安心安全に使える食材やスキンケア製品・「養麗(ヨウレイ)」シリーズの開発提供も行っている。http://atopy-druginui.jp

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket