*

アトピーの改善は食事から2 「カラダのゴミだし」のススメ

o0706100012920213630

3万件以上の相談から薬剤師がお肌のことを徹底的に考え開発したオールインワンゲルクリーム

アトピー性皮膚炎などの皮膚トラブルを原因から考えて食事や漢方のお薬で完治を目指します。

鳥取県にあるイヌイ薬局 アトピー性皮膚炎アドバイザー・社長の乾(いぬい)です。

私の薬局には毎年1000人以上のアトピーに悩む方が相談に来られます。

そして全国からも電話やメールでご相談をいただくのですが、

すべてに細かくお答えできなので、このブログで回答させていただきます。

アトピーの改善は食事から2 「カラダのゴミだし」のススメ

目次

●アトピー性皮膚炎は「からだのゴミ」を出す食事と漢方のおくすりで

●「からだのゴミ出し」に便秘は大敵

●「からだのゴミ出し」は飽食グルメの現代に大切

今回は「カラダのゴミ出し」とアトピーの関係についてお話したいと思います。

●アトピー性皮膚炎は「からだのゴミ」を出す食事と漢方のおくすりで

人間にとって「糖質」も「脂肪」も「たんぱく質」も生きていくうえで必要なものですが、

食べ過ぎると余分なものが血液中にあふれ出し、

「からだのゴミ」となって身体に害を及ぼします。

これらの「からだのゴミ」のことを漢方では「痰湿(タンシツ)」といって

生理不順、ニキビ、アトピー、生活習慣病などの症状を伴った

肥満の原因と考えます。

例えばこの「からだのゴミ」が全身2百万個といわれる毛穴から噴き出すと、

皮膚に炎症がおきはじめアトピーなどと呼ばれます。

帰省先でご馳走を召し上がったり、夏祭りで楽しく飲んだり食べた後

急に肌の状態が痒くなったり、ジュクジュクになったりしませんか?

店頭でも、梅雨時についで皮膚の相談が多いのが夏祭りのころとお盆休み。

アトピー性皮膚炎に対する官報でも、単にかゆみをとめるだけでなく、

原因となった「からだのゴミ」を出すおくすりや食事の注意を行います。

こんな時には特に、コップいっぱいの水に10cm弱の昆布を

一晩10時間くらい浸した「浸し昆布」水を朝コップいっぱい飲む。

もしくはアトピー性皮膚炎で悩む人はなるべく

控えたほうがよいのですがインスタントのラーメンやカレーの

出汁(だしじる)として使えば昆布の潤い豊かな食物繊維のおかげで

「からだのゴミ」が増えにくくなります。

そのまま飲んでも、昆布茶の味わいですが、

他の汁物、洋風スープの出汁としても自然の味わいです。

●「からだのごみ出し」に便秘は大敵

先ほど「痰湿(タンシツ)」は生理不順、ニキビ、アトピー、生活習慣病をふく

む肥満の原因と書きましたがこれらの違う症状の漢方での

治療方針は「からだのゴミ」を捨てる

という同じ働きをする薬で治すことになります。

このように、違う病気を同じ治療で治すことを漢方では

「異病同治(イビョウドウチ)」といいます。

健康のために、これらの「からだのゴミ」は、

できてしまったらなるべく早く捨てた方が良いです。

「からだのゴミ」を捨てる方法は

1、排便(排便) 

2、排尿(排尿)

3、汗

の3つです。

とりわけ、排便は最大のゴミ捨て場です。

その日のゴミはその日のうちに捨てるのと同じように

1日1回排泄は「からだのゴミ」を溜めない大切な習慣です。

●「からだのゴミ出し」は飽食グルメの現代に大切

中医学の古いことわざに「欲得長生、腸中常清」

(長生きしたかったらいつでも腸をきれいにしておくこと)とあります。

「からだのゴミ」=からだにとって不要なものが溜まる生活習慣を改善すると

アトピーでも婦人病でも生活習慣病でも治癒は早くなり再発の防止になります。

現代の飽食の時代は、補うことより捨てることのほうが大切な場合が多く

それが今のデトックス・断食ブームに背景を反映されていると思われます。

イヌイ薬局ではアトピーの相談を承っております

私たちは約3万件の皮ふ相談をいただき、その多くの方のお悩みを改善してきました。

鳥取で薬局を4店舗運営していますので、来店していただき直接ご相談をいただけるのが一番嬉しいのですが、

鳥取までは遠いという方はホームページよりご相談いただくことでもできますので、

一人で悩まずにまずはお気軽にご相談くださいませ。

詳しくは▼コチラをご覧くださいませ。

イヌイ薬局のアトピー漢方改善.com

イヌイオススメの食品は▼コチラから

イヌイ薬局ネットショップ

まとめ

「カラダのゴミだし」はアトピーだけでなくさまざまな不調・症状の予防につながります。

病気になる前に食事や生活習慣を気を付けることで元気でいられれば

それに越したことはありません。

イヌイ薬局はお薬よりも生活習慣で美と健康をお届けできるお店をめざします。

The following two tabs change content below.
乾 康彦

乾 康彦

国際中医専門員イヌイ薬局
1957年1月6日大阪生まれ 慶応義塾大学理学部数学家卒業。
鳥取で大型ドラッグストア兼調剤薬局、相談薬局を5店舗経営。1990年より薬局の店頭で根本治療にふさわしい漢方による相談を始める。
2006年に中国で漢方の専門家として認められる国際中医師(現:国際中医専門員)認定証を取得。
生理不順、不妊、皮膚病、糖尿病、生活習慣病、ダイエット、便秘などの店頭相談は、5万件を超える。
「治療よりも予防 予防よりも養生」の思いを大切に、最近では忙しい現代人が安心安全に使える食材やスキンケア製品・「養麗(ヨウレイ)」シリーズの開発提供も行っている。http://atopy-druginui.jp

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
現代人に不足しがちなオメガ3について ダイエットだけではなく、お肌の潤いを守ります!

こんにちは、イヌイ薬局の藤田です! 今日は油のお話を少し…♬ &n

グルテンフリー ふわふわシフォンケーキ (養麗卵レシピ) 

こんにちは、イヌイ薬局の藤田です! これから少しずつ、養麗卵を使った

長年の冷えのお悩みを解消するためには・・・

寒い日が増えてきましたね。これから寒い冬が本格的にやってきますが

秋に出やすい咳・便秘は空気の乾燥から!?

皆さん、こんにちは。イヌイ薬局の大谷です。 秋分の日も過ぎて、本

秋にオススメ百合根粥・・続あなたのために辰巳芳子先生のレシピから

 こんばんは 今年は「秋分」を迎え朝夕すっかり秋めいてきました。