*

アトピーの改善と「お正月に向けての食養生ポイント」

12月15日ブログ画像2

3万件以上の相談から薬剤師がお肌のことを徹底的に考え開発したオールインワンゲルクリーム

皆さん、こんにちは。
イヌイ薬局の乾 康彦です。

今年も残すところ、あと2週間と少しです。
年末年始もお忙しい方、ゆっくり過ごせる方それぞれだと思いますが、
どっちにしても元気に楽しく新しい年を迎えたいですね。

さて年末年始(忘年会・クリスマス・お正月)の食べ過ぎ・飲み過ぎにはご注意ですが、
気を付けたい食事のポイントについてまとめてみたいと思います。

アトピーの悪化防止・改善にも、繋がります。ご参考にしてみて下さい。

アトピーの方のお餅好きはご注意

お正月といえば、まずはお餅でしょうか。きっとお好きな方も多いはずです。
ですがアトピーの方のお持ち好きは注意が必要です。

もち米とお米で比べるとお餅のカロリーはマッチ箱サイズ、ご飯で一膳とほぼ同等と言われます。

それだけカロリーが凝縮されていて腹持ちが良いということですが、
普段ご飯を1杯食の方でも、お餅なら2個は召し上がるという方も多いと思います。

そしてお餅の満腹感は食べた直後より、時間が経ってから感じることが多いです。
だから勢いよくいっぱい食べずに、極力ゆっくり噛んで召し上がって欲しいです。
特に胃腸が丈夫でない方はゆっくり食べること、そして食べ過ぎに注意することが大切です。

お餅を食べる時には、大根おろしなど「酵素」の多い食材や「浸し昆布」などの
食物繊維が多く腸内細菌を活発にする食材をうまく組み合わせることもポイントです。
お餅はお米に比べて蛋白(たんぱく)が多く、食感的によく噛まないことが多いです。
「消化酵素」として大根などを同時に食べておく事で消化を助けてあげると良いでしょう。

玄米などの全粒粉のお餅があると良いのですが・・・。

ここぞとばかりにお餅ばかり食べていると、アトピーのかゆみが増した経験のある方、
それはカロリー、たんぱく質ともどもオーバーするからなんです。

お雑煮であれば大根以外にも小松菜、里芋、味噌、しょうゆなどが消化酵素の役目を果たします。
また、お餅を切っていて包丁の切れ味が悪くなった時にリンゴや大根などで包丁をこすると
元の切れ味に戻りますがこれは包丁にコビリついたお餅が溶ける為、包丁の切れ味が戻ってくるからです。
基本的に、からだの中も一緒なのです。

特に胃腸の働きが弱くてアトピー体質の方、便秘がちでアトピー体質の方々が
餅を食べる時には「酵素」と「食物繊維」を意識して一緒に食べて悪化を防止しましょう!
もちろん、糖尿やコレステロールの高い方も同じです。

あと大福餅など大根が味覚的にあわないお餅は、
リンゴなどの酵素の多い果物や「浸し昆布」水で出したお茶で
「からだのゴミ」をためないような工夫をするというのも良いでしょう。

食事の養生は消化と排泄を意識して

お餅やお雑煮は糖質も高いので、「からだのゴミ」が溜まりやすいだけでなく、
体重も太りやすくなってしまいます。この季節、運動量も減りますし・・・。

クリスマスのケーキも、忘年会などでの脂分の多い食事・アルコールも一緒です。

特に糖質の多い、ごはん・パン・うどん・パスタ・砂糖類(ケーキなど)は
いつもより控えめにしておくに越したことはありません。

上記の通り、「酵素」と「食物繊維」をしっかり補う事がいずれの場合も大切です。
食べても吸収がなるべく少なく、しっかりと食べたものを排泄する。
これができていれば、からだへの負担を減らすことができます。

それから食事の順番も普段からのアトピーの食養生も基本は同じです
野菜スープや味噌汁などの汁物からゆっくり噛んで食事を摂ることです。

まず消化吸収しやすいスープでお腹を満たしてのが食べ過ぎの予防の秘訣です。

詳しくは以前のブログもご参考にして下さい。

 http://atopy-druginui.jp/blog/archives/110

イヌイ薬局ではアトピーの相談を承っております

私たちは約3万件の皮ふ相談をいただき、その多くの方のお悩みを改善してきました。

もちろん食養生についてもお話させて頂いております。

来店していただき直接ご相談をいただけるのが一番嬉しいのですが、

鳥取までは遠いという方はホームページよりご相談いただくことでもできます。

詳しくは▼コチラをご覧くださいませ。

イヌイ薬局のアトピー漢方改善.com

イヌイオススメの食品は▼コチラから

イヌイ薬局ネットショップ

まとめ

「未病先防」。病気になる前に養生から病気を防ぐことは、とても大切です。

どうしても食べたり飲んだりが増えるこの時期でも、出来る範囲で養生をしておくことが、
からだの負担の軽減して、アトピーの症状の悪化を防ぐことにもつながります。

 

 

 

The following two tabs change content below.
乾 康彦

乾 康彦

国際中医専門員イヌイ薬局
1957年1月6日大阪生まれ 慶応義塾大学理学部数学家卒業。
鳥取で大型ドラッグストア兼調剤薬局、相談薬局を5店舗経営。1990年より薬局の店頭で根本治療にふさわしい漢方による相談を始める。
2006年に中国で漢方の専門家として認められる国際中医師(現:国際中医専門員)認定証を取得。
生理不順、不妊、皮膚病、糖尿病、生活習慣病、ダイエット、便秘などの店頭相談は、5万件を超える。
「治療よりも予防 予防よりも養生」の思いを大切に、最近では忙しい現代人が安心安全に使える食材やスキンケア製品・「養麗(ヨウレイ)」シリーズの開発提供も行っている。http://atopy-druginui.jp

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
梅雨の時期のジュクジュクアトピーにご注意!

6月も半ば、梅雨入りして雨の日も増えている鳥取から。 こんにちは、

イヌイ薬局のこだわりの卵かけごはん

こんにちは。鳥取のイヌイ薬局で食品担当している樋野です。 皆さんのお

不妊症の中国研修日記・・・良い卵子をつくるには

6月のはじめに、湿度がずいぶん上昇して、今年のはやい梅雨が予想されるな

梅雨の時期の髪のパサつきは、どうしたら良い?

こんにちは。 鳥取のイヌイ薬局勝原です。   6月に入

あせもの予防ってどうしたらいいの?

こんにちは、イヌイ薬局の前田です。 毎日蒸し暑いですね。爽やかに