アトピー性皮膚炎の原因「ストレスもお肌の大敵」

1月6日ブログ画像

3万件以上の相談から薬剤師がお肌のことを徹底的に考え開発したオールインワンゲルクリーム

皆さん、こんにちは。イヌイ薬局の乾 康彦です。

新年は心新たに、新しい事を始めるうってつけの時期という事もあってか、
お店でもこの時期、禁煙グッズや新規のダイエット相談などのお問い合わせも増えます。
アトピー性皮膚炎の方も、「今年こそは改善を!」と思っている方もいらっしゃるでしょう。

アトピー性皮膚炎の大半は、漢方のおくすりやハーブ・食事などの養生・保湿などのスキンケア
の三本柱で改善できるってことを普段からお伝えしています。

それと共に、気を付けたいのがストレスなど心の問題もまたアトピーの改善に重要ということです。

アトピーでなくともストレスでお肌が荒れたり、ニキビが悪化したりといった経験のある方も
多いのではないでしょうか?
ストレスが多い状態は、アトピー性皮膚炎の悪化の原因にもなってしまいます。

健康は穏やかな心から

ストレスは内臓に影響を及ぼし、内臓に負担がかかって、機能が低下したりすれば
新陳代謝などを損なう事にもなりアトピーだけでなく、ニキビや脂漏性湿疹などの
お肌のトラブルの悪化の原因となってしまいます。

もちろん内臓の調子が崩れたら、お肌に限らず様々な不調の原因となりますから、
やはりストレスのためすぎには、基本的に注意したいものですが。
ストレスが多いと特に「肝」への影響が大きく、「肝」が弱ってしまうと
イライラしやすくなり、からだに余分な「熱」がたまってしまいます。
これがアトピー悪化の原因につながります。

もちろんストレスがためたくないのは、誰でも一緒だと思いますし、
ストレスをためないようにしましょうって言うのは簡単ですが、
それができれば苦労しないと思われるでしょうが、
食事面や生活習慣の面からもストレスをコントロールできる部分はあるので、
そういった意味でもやはり養生は欠かせないものです。

例えば脂分や糖分の摂り過ぎから「からだのゴミ」が増えると、
からだに余分な「水分」と「熱」がたまり、イライラしやすくなってしまいます。
またアルコールの飲み過ぎなども「肝」に負担がたまりますから、気を付けたいところです。
睡眠もやっぱり大切ですからしっかり摂りましょう。

もちろん、趣味を楽しむなど一日のうちに少しでもリラックスできる時間をとって
少しでもストレスが軽減できればそれに越したことはありません。

イヌイ薬局ではアトピーの相談を承っております

私たちは約3万件の皮ふ相談をいただき、その多くの方のお悩みを改善してきました。

来店していただき直接ご相談をいただけるのが一番嬉しいのですが、

鳥取は遠いという方はホームページよりご相談いただくことでもできます。

詳しくはイヌイ薬局のアトピー漢方改善.com▼コチラをご覧くださいませ。

atopy-druginui.jp/

イヌイオススメの食品や日用品・サプリメントは▼ コチラから

www.druginui.net/

まとめ

いずれにしても、自分でコントロールできる部分に関しては、
積極的に食事や生活習慣から養生していけると、
アトピーの症状もコントロールしやすくなり、改善にも向かいやすくなるでしょう。

The following two tabs change content below.
乾 康彦

乾 康彦

国際中医専門員イヌイ薬局
1957年1月6日大阪生まれ 慶応義塾大学理学部数学家卒業。
鳥取で大型ドラッグストア兼調剤薬局、相談薬局を5店舗経営。1990年より薬局の店頭で根本治療にふさわしい漢方による相談を始める。
2006年に中国で漢方の専門家として認められる国際中医師(現:国際中医専門員)認定証を取得。
生理不順、不妊、皮膚病、糖尿病、生活習慣病、ダイエット、便秘などの店頭相談は、5万件を超える。
「治療よりも予防 予防よりも養生」の思いを大切に、最近では忙しい現代人が安心安全に使える食材やスキンケア製品・「養麗(ヨウレイ)」シリーズの開発提供も行っている。http://atopy-druginui.jp

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket