*

アトピー性皮膚炎って、うつるの?遺伝するの?

o0800053212716489923

3万件以上の相談から薬剤師がお肌のことを徹底的に考え開発したオールインワンゲルクリーム

鳥取県のイヌイ薬局アトピー性皮膚炎アドバイザー・社長の

乾 康彦(いぬい やすひこ)です。

アトピー性皮膚炎などの皮膚トラブルを原因から考えて

食事や漢方のお薬で完治を目指すことをおススメしています。

アトピー性皮膚炎って、うつるの?遺伝するの?

目次

・アトピーは遺伝しますか?

・アトピーはうつらない(感染しない)ので優しくそしてさりげなく接して。

日頃の相談の中で、こういったご質問をよく頂きますのでお答えしたいと思います。

アトピーは遺伝しますか?

この子のアトピーは遺伝ですか?とよく尋ねられます。
そしてアトピー性皮膚炎のお子さんを抱えるお母さんの中には、遺伝と考えて「アトピーは完治しない。」
と思い込んでいる方も多くいらっしゃいます。

確かに日本皮膚科学会でのアトピー性皮膚炎の定義「アトピー性皮膚炎の定義・診断基準」によれば

「憎悪(ぞうお)(症状が悪化すること)と緩解(かんかい)(症状が「一時的によくなること)を繰り返す、
掻痒(そうよう)(かゆみのこと)のある湿疹を主病変とする病患であり、患者の多くはアトピー素因を持つ。」

とあります。アトピー素因とはそもそも「遺伝を前提にしたアトピー素因をもっている、
または本人が全身的なアレルギー傾向を持っている」痒い(かゆい)湿疹と決められています。
そのため、アトピーというと遺伝というイメージをお持ちの方も多いようです。

でも、実際には兄弟でアトピーのお子さんとツルツル卵肌のお子さんというご家庭もたくさんありますし、
店頭でも、生まれつきのアトピーのお子さんでもほとんどのお子さんはきれいなお肌に改善できています。

ですから、アトピー性皮膚炎でも遺伝によるものと食事などの後天的な原因による場合とがあって、
店頭の相談を見る限りでは圧倒的に食事や環境などの後天的な要素に起因する場合が多いように感じます。

特に、アトピーの症状があっても症状の出ていない部分がきれいな正常な肌であれば、
遺伝によるものではなく食事や生活環境などの後天的な原因と思って間違いないでしょう。
だって、元々はきれいな肌を作る能力があるのですから。

遺伝でアトピーであるなら、全身がアトピー特有の硬くて乾燥したガシガシした肌になってしまうはずです。
また、生まれたときからアトピーなので遺伝が原因とあきらめている方もいらっしゃいます。
この場合でも、妊娠中のお母さんの食事などに影響されることが多く
妊娠中の食事で菓子パン・アイスクリーム・チョコレート・チーズ・唐辛子・ファーズトフード
などの濃厚な食事や刺激的な食事が多いと生まれてくるお子さんに最初から湿疹が発症していることがあります。

中医学(中国の医学)では、妊娠中の食べ過ぎや濃厚食など食生活の乱れなどに
よって母体の中に「身体に不要なゴミ」が生まれ、胎児に移行すると
出産時点でアトピーなどが発生すると考えます。

ですから妊娠中、授乳中のお母さんは特に食生活のバランスに注意して下さい!

野菜・果物や全粒(ぜんりゅう)の穀類(こくるい)を中心とした食生活が大切です。

遺伝が原因のアトピーでなければ

1、漢方やハーブのお手当て

2、食事など生活習慣の見直し

3、スキンケアによる皮膚の保護

によってジュクジュクや真っ赤な肌や痒みなどのアトピーの症状も体質

に合わせた適切なお手当てで改善することができます。

アトピーはうつらない(感染しない)ので優しくそしてさりげなく接して。

他によく聞かれるのが「アトピーってうつるの?」って質問です。

答えは「基本的にアトピー性皮膚炎はうつりません。」

ただでさえ、アトピー性皮膚炎による肌のかゆみ、赤み、乾燥感やジュクジュク

などつらい皮膚症状で慢性的にストレスをうけているような状態。

そのうえ、外見がきれいではない肌の状態で判断されたりして、

周囲の方々がアトピーの感染をおそれて近づかなかったり遠ざけたりされると、

輪をかけて精神的なダメージを与えてしまいます。

アトピー肌は、空気感染はもちろん接触しても絶対感染することはありません。

できるだけ自然に接することが大切なのです。

また、精神的なストレスは皮膚の状態を十分に悪化させる原因となります。

アトピーの方自身も、完全にきれいな本来の肌を取り戻すことをイメージしながら

やり過ごす強さも大切です。

アトピーの方々の多くは肌が弱いことが多く、皮膚の炎症からかゆみが出て、

掻き傷などを作ることで、表面の免疫が低下しているので様々な菌に感染しやすくなっています。

基本的にはアトピーは感染しないのですが、アトピーの皮膚炎の方の80%の皮膚表面には

細菌やカビの親戚の真菌(シンキン=水虫やカンジダなどの原因となります)

が通常の皮膚よりも多く存在しているといわれています。

アトピー性皮膚炎の患者さんにはさまざまな菌が皮膚表面には存在するのは確かですが、

家族はもちろんその他の他人に簡単に感染することはありません。

これらの菌による感染のお手当ての意味で、アトピーの根本治療にはスキンケアがかかせません。

お肌に優しい生薬の茶葉、オウレン、オウゴン、オウバク、ティーツリー

などで細菌感染やカビの一種の真菌やマラセチアグロボーザなどの菌の繁殖を防ぐことができます。

こういった生薬を配合したスキンケア製品でこまめに洗浄したり保護・保湿しておけば

1、見た目の皮膚表面も整いやすく周囲の視線も和らげますし

2、細菌や真菌の感染も予防しやすくなります。

これがアトピーの根本的な改善に漢方のお薬ばかりでなくスキンケアが欠かせない理由です。

アトピー性皮膚炎は基本的に感染しないという事をご理解頂けましたでしょうか?

イヌイ薬局ではアトピーの相談を承っております

私たちは約3万件の皮ふ相談をいただき、その多くの方のお悩みを改善してきました。

鳥取で薬局を4店舗運営していますので、来店していただき直接ご相談をいただけるのが一番嬉しいのですが、

鳥取までは遠いという方はホームページよりご相談いただくことでもできますので、

一人で悩まずにまずはお気軽にご相談くださいませ。

詳しくは▼コチラをご覧くださいませ。

イヌイ薬局のアトピー漢方改善.com

イヌイオススメの食品は▼コチラから

イヌイ薬局ネットショップ

まとめ

アトピーには後天的な要素も多いこと、そして基本的に感染しない事を理解頂いたうえで、

1、症状や体質にあったお薬

2、食事などの生活養生

3、適切なスキンケア

を中心にして、しっかり予防と養生を重ねることが大切であり、

そして何よりも一番に、

4、周囲の理解・協力・励ましが大切なのです。

The following two tabs change content below.
乾 康彦

乾 康彦

国際中医専門員イヌイ薬局
1957年1月6日大阪生まれ 慶応義塾大学理学部数学家卒業。
鳥取で大型ドラッグストア兼調剤薬局、相談薬局を5店舗経営。1990年より薬局の店頭で根本治療にふさわしい漢方による相談を始める。
2006年に中国で漢方の専門家として認められる国際中医師(現:国際中医専門員)認定証を取得。
生理不順、不妊、皮膚病、糖尿病、生活習慣病、ダイエット、便秘などの店頭相談は、5万件を超える。
「治療よりも予防 予防よりも養生」の思いを大切に、最近では忙しい現代人が安心安全に使える食材やスキンケア製品・「養麗(ヨウレイ)」シリーズの開発提供も行っている。http://atopy-druginui.jp

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • twitter
  • facebook
  • google
  • feedly
  • livedoor
  • rss
猛暑の夏バテ、熱中症予防のおすすめ食材と生活習慣

こんにちは、イヌイ薬局社長の乾です。 今日は夏バテ、熱中症予防の養生

暑い季節にも気をつけたい抜け毛・薄毛対策!

皆さん、こんにちは。イヌイ薬局の大谷です。 ますます、暑さが増し

小麦アレルギーの方にも美味しく召し上がっていだだけるショコラあります

おはようございます。イヌイ薬局郡家中央店店長の樋野です。 梅雨明けが

これから増えてくる水虫!その改善3つのポイント

こんにちは。イヌイ薬局の大谷です。 梅雨も間もなく明けますね。日

飲み過ぎたときの対処方法

おはようございます。イヌイ薬局郡家中央店店長の樋野です。 この時期ビ